Matthewの映画日記?

Matthewの独断と偏見に満ちたお気楽日記

『アバター』(吹替)

2009-12-23 18:13:48 | '09 映画 (洋画)
公開、楽しみにしていたジェームズ・キャメロン監督最新作『アバター』を、観てきました。
主人公・ジェイクを演じるのは、ジェームズ・キャメロンの秘蔵っ子(?)サム・ワーシントンです。
ターミネーター4もキャメロン監督の推薦で出演が決定したとありましたが、確かに、主人公より主人公らしい、すばらしい演技でした。
そのターミネーター4でのサム・ワーシントンの吹替を、プリズン・ブレイクのマイケルこと東地宏樹さんが声優を務めていたのですが、今回も東地さんが、声優を務めていました。
サム・ワーシントンの声優は、東地宏樹さんに決まったようですね。
なのでってわけではないですが、吹替で観ることにしました。





あらすじは、

元海兵隊員のジェイクは、遥か彼方の衛星パンドラで実行される“アバター・プログラム”への参加を要請された。パンドラの住人と人間の遺伝子から造られた肉体に意識を送り込むことで、息をのむほどに美しいその星に入り込むことができるのだ。そこで様ざまな発見と思いがけない愛を経験した彼は、やがて一つの文明を救うための戦いに身を投じていく…。~goo映画より~





CGと実写の区別のつかないほどの完成度。
本当に、息を呑むほどの美しい衛星パンドラと、そこに住む見たこともない動植物たち。
そして、ナヴィと呼ばれる原住民の文化や生き方まで、キャメロン監督の構想14年、製作期間4年は、只者ではなかったです。
ひとつの生き物に対し、深ーく深くまで、設定がきちんと考えられていて、説得力がハンパないです。



実際のストーリー、映画のテーマとしては、自然破壊や、資本主義(金のためならなんでもアリ的だったり)、弱者への圧倒的武力(パワー)の行使だったり、今の世界に問う、ありがちなテーマではありますが、その世界観というか、映像の凄さというかが、あまりに壮大すぎて、圧倒されてしまいます。

衛星パンドラに住む生き物が、原住民ナヴィと触手のような髪の毛(神経?)とつながり、惑星パンドラと、その星に住む、生きとし生けるもの全てが、つながっているというのも、面白かったですし、これも一つのテーマですね。

この作品は、本当に映像がきれいで、映画館の大型スクリーンで見ていただきたい作品です。

期待は、ぜったい裏切らない作品だと思います。
ジェームズ・キャメロン監督って、ほんとスゴイと毎作思わされますね。




今回、2D(吹替)での鑑賞でしたが、3Dでも観てみたいです。
今度は字幕で観たいけど、3D字幕でって、キツイかな・・・?

アバター - goo 映画

公式ホームページ  http://movies.foxjapan.com/avatar/ 

『アバター』のDVDレーベルお探しの方は、こちら
http://blog.goo.ne.jp/d-y0000/e/3630d1eb15bfe7f08409daac72361e10


アバター ブルーレイ&DVDセット [初回生産限定] [Blu-ray]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン


このアイテムの詳細を見る



アバター [初回生産限定] [DVD]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン


このアイテムの詳細を見る



The ART of AVATAR ジェームズ・キャメロン『アバター』の世界 (ShoPro Books)
ピーター・ジャクソン(序文),ジョン・ランドー(前書),ジェームズ・キャメロン(エピローグ),リサ・フィッツパトリック
小学館集英社プロダクション


このアイテムの詳細を見る






blogram投票ボタン ←よろしかったら、ポチッと!!

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (30)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« きちんと表示されない | トップ | X’masプレゼント »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
驚異の衛星パンドラ体験 (ichi-ka)
2009-12-27 23:20:05
アバターの感想を書いたのでコメントとトラックバックに来ました。
この映画の映像の凄さには本当に息を呑みましたね。
個人的には衛星パンドラの生物発光の美しさにやられました。幻想的できれいだった。
字幕3D版、慣れないとけっこうキツイです。字幕も飛び出しているので不思議な感じがしますよ。
こんばんは (Matthew)
2009-12-27 23:53:00
えっ!?字幕も飛び出す?
3Dで見ると、字幕も飛び出して見えるんですか?
それは、確かに大変そうですね。
3D用の眼鏡も、かなり重いって話ですし、字幕はキツイかもしれませんね。
本当に、映像はとってもキレイで、生物発光も、とても幻想的でしたし、パンドラの動植物たちの色鮮やかさと、なんとも言えず深い緑の木々たちに、癒されました。
キャメロン監督は、期待を裏切りません
こんにちは (かめ)
2010-01-03 00:26:28
TBありがとうございました。
いい作品でした。
また、キャメロン監督の代表作がひとつ増えましたね。
こんにちは (Matthew)
2010-01-03 12:29:41
かめさん、こんにちは。
本当に、もの凄い完成度で、待った甲斐がありました。
キャメロン監督には、毎回毎回、映像の力を見せ付けられます。
また、ご来訪いただけると、幸いです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

30 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「アバター」:荒川一丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}あら、こんなところに、取り残されたように一軒の家が・・・。三方から攻められたら逃げ場がないわね。 {/kaeru_en4/}おいおい、そんな物騒なこと、言うなよ。 {/hiyo_en2/}でも、平和に暮らしてたって、いつ襲われるかわからないっていうのは、宇宙的な真実...
アバター (勝手に映画評)
構想に14年、製作に4年を費やして「タイタニック」のジェームズ・キャメロンが完成させた大作。2Dでも上映されるが、基本、3D作品。実写での本格的3D作品になっている。 典型的な「ミイラ取りが、ミイラになる」と言うストーリーの作品であるが、構想と制作に長時間掛け...
アバター AVATAR (映画君の毎日)
<<ストーリー>>下半身不随になり、車いす生活を送るジェイク(サム・ワーシントン)は、衛星パンドラにやって来る。彼は人間とナヴィ族のハイブリッドであるアバターに変化を遂げ、不自由な体で単身惑星の奥深くに分け入って行く。慣れない土地で野犬に似たクリーチャ...
[映画『アバター 3D・字幕版』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆今年最後の大作を、<MOVIX昭島>の公開前夜祭で観てきました。  面白かったです!  恋人たちがクリスマスデートで観ても楽しいひと時を過ごせますよ^^(←余計なお世話^^;)    ◇  J・キャメロン監督らしく、しつこいほどのサービス精神を、尻尾...
【映画】アバター Avatar (3D) (HASの庭)
タイタニックのジェームズ・キャメロン監督、映像技術を駆使した壮大な3D映像美、これだけでも見たいゾ!と思わせる映画なんですが、ショウビズの予告編を見ましたが、青緑インディアン(ナヴィ族)の地(星)で超高価な石(だったかな)を探す白人(人間)族。障害のある...
アバター/AVATAR (LOVE Cinemas 調布)
『ターミネーター』、『タイタニック』と日本で最も有名な監督の一人ジェームズ・キャメロンが送るSFアクション超大作。主演は『ターミネーター4』で一躍脚光を浴びたサム・ワーシントン。共演に『スター・トレック』のゾーイ・サルダナ、キャメロン監督とは『エイリ...
AVATAR 3D (ペガサスの翼)
話題作「アバター(3D)」を鑑賞。 22世紀、下半身不随の元海兵隊員ジェイクは、亡くなった双子の兄に代わって、5光年離れたアルファ・ケンタウリ系惑星、ポリフェマスの衛星パンドラに、「アバター・プロジェクト」の一員と...
アバター (3Dタイ語字幕版) / AVATAR  (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 地球に似た青い星、パンドラ。この世界観が圧倒的に凄い{/ee_3/} ジェームズ・キャメロン監督、構想14年 製作4年を費やした最新SF超大作{/ee_3/} ...
「アバター」 キャメロンは映画業界の牽引車 (はらやんの映画徒然草)
3D映画元年と言っていい2009年のオオトリを飾る3D映画はジェームズ・キャメロ
アバター (Memoirs_of_dai)
宮崎世界を3Dで 【Story】 下半身不随になり、車椅子生活を送るジェイク(サム・ワーシントン)は、衛星パンドラにやって来る。彼は人間と...
アバター(映画) (ブログ de ビュー)
今回の記事は『アバター』(2009年、監督:ジェームズ・キャメロン)です。 主演は『ターミネーター4』のサム・ワーシントン。 巨匠ジェームズ・キャメロン監督が14年越しで生み出したSFアクション超大作! 3D技術をはじめ最先端の映像テクノロジーを駆使して撮ら...
アバター / Avatar (うだるありぞな)
今回は、2009年を締めくくる超大作「Avatar アバター」 ランキングに参加してます。 クリックお願いします。    実は、僕はあの名作「タイタニック」を観ていない。 基本的にDVDは借りないので、劇場でのロードショーを見逃したから、よほどの事がない限...
アバター 3D 融然として相容れ、怡然として共生す (労組書記長社労士のブログ)
【1】 ガンバ大阪{/m_0025/}天皇杯2連覇やったーっヽ(*⌒∇^)ノヤッホーイ♪ で、昨日、お正月の夜は今年1本目の映画、再び「1ヶ月フリーパスポート」ゲットを目指すので、鑑賞マイルを貯めるのは今年からリスタートしたかったために、封切りしてからも年が変わるの...
アバター/AVATAR(3D映画) (映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評)
[アバター] ブログ村キーワードアバター(原題:AVATAR)キャッチコピー:観るのではない。そこにいるのだ。もうひとつの体。もうひとつの運命。製作:2009年(アメリカ)製作:20世紀フ....
アバター IMAX 3D【字幕版】 (小部屋日記)
AVATAR(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督・脚本・プロデューサー・編集:ジェームズ・キャメロン 出演:サム・ワーシントン/ゾーイ・サルダナ/ラズ・アロンソ/シガーニー・ウィーヴァー/ミシェル・ロドリゲス/ジョヴァンニ・リビシ もうひとつの体、もうひとつ...
アバター (Recommend Movies)
観るのではない。そこにいるのだ。 もうひとつの体。もうひとつの運命。 【感想】 ジェームズ・キャメロン監督の最新作、『アバター』...
映画『アバター/AVATAR』 (オタマ・レベルアップ)
映画『アバター/AVATAR』を見たよぉ~ メディア 映画 上映時間 162分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(FOX) 初公開年月 2009/12/23 ジャンル SF/アドベンチャー/アクション 解説・・・ 「ターミネーター」「タイタニック」の...
『AVATAR ( アバター )』 (R.LiFE)
どうせ見るなら IMAX で 3D でしょ、ってことで『 AVATAR 』を観てきました。3D映像って、USJ とかで見るターミネーターやセサミなんかをイメージしたりすると、うにゅーんと映像が飛び出してくるっていう感じがウザイんですけど、このアバターはそういう3Dの使い方は少な...
AVATAR アバター (せるふぉん☆こだわりの日記 )
元日鑑賞を狙ったんですが、無理でした(爆) なので翌日の1月2日のレイトで見たん
アバター (サム・ワーシントンさん) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆サム・ワーシントンさん(のつもり) サム・ワーシントンさんは、ジェームズ・キャメロン監督の最新作、映画『アバター』(AVATAR)にジェイク・サリー 役で出演しています。 先日、3D版で鑑賞しました。 ●導入部のあらすじと感想
『アバター』・・・“もうひとつの体”が運命を決める (SOARのパストラーレ♪)
やっぱりジェームズ・キャメロンはこういう映画を撮らせたら天下一品だ。
アバター (映画的・絵画的・音楽的)
 『アバター』をTOHOシネマズ日劇で見てきました。  予告編からそのストーリー展開は十分推測できるように思えるところから、わざわざ見に行かないつもりでしたが、アニメ監督の押井守氏が、「あれには10年かけても追いつけない」と言っていたりして、そんなにすごいの...
アバター AVATAR(字幕3D版) (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[アバター] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:吉 2010年4本目です。 【あらすじ】 22世紀。 戦争で下半身不随となり、車いす生活を送っている元海兵隊員のジェイク(サム・ワーシントン)はある日、事故死した双子の兄の代わ...
アバター 3D <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
3D上映を観てきてんけど 映像がキレーのなんのって 素晴らしいぃぃ今まで観た3Dって 目の前に飛び出てきたり 自分が飛び回ってる感じで目が疲れたり 目が回りまくったりしたけど これは違って スクリーンにめっちゃ奥行きがあるねんっ 自分がその場面に入って...
『アバター』 (グドすぴBlog)
映画『アバター』観てきました。 先に結論。 一見の価値あるよ! ちょっとでも興味惹かれてるなら見に行くべき。 映画館で、3Dでね!! ...
アバター (Lemon Tea のマイブーム)
噂の『アバター』をやっと観ました。 ジェームズ・キャメロンが「タイタニック」以来 12年ぶりに放つ、デジタル3DによるSF超大作。 まさに超大作でした。 観る前はアバターの感じがキモチワルイ? って思っていたのだが これがキモチワルさも感じさ...
「アバター」飛び出す!豪華絢爛・大戦闘スペクタクル絵巻!! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[アバター] ブログ村キーワード  「タイタニック」から12年。ジェームズ・キャメロン、遂に動く。全世界待望の新作!「アバター」(20世紀フォックス映画)。はい、吾輩も待望でございました(^^;。しかし、12年も経ったんですか。待たされた分だけ当然期待は高まりま...
アバター (HEAVEN INSITE's Blog)
 昨日映画『アバター』を見てきました。いや~想像以上に悪趣味なおバカ映画で、アメリカの大作娯楽映画お決まりのパターンでした。    「映画の新時代」とかコピーうった割には
アバター (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:アバター 制作:2009年・アメリカ 監督:ジェームズ・キャメロン 出演:サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガーニー・ウィーヴァー、スティーヴン・ラングほか あらすじ:下半身不随になり、車いす生活を送るジェイク(サム・ワーシントン...
『アバター』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 アバター 』 (2009)監  督 :ジェームズ・キャメロンキャスト :サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガーニー・ウィーバー、 スティーブン・ラング、ミシェル・ロドリゲス 『タイタニック』の...