Matthewの映画日記?

Matthewの独断と偏見に満ちたお気楽日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『天使と悪魔』

2009-05-16 23:06:38 | '09 映画 (洋画)
『ダヴィンチ・コード』に続く、ラングドンシリーズ2作目『天使と悪魔』を観て来ました。
(原作は、こっちの方が先なんだけどね)



あらすじは、

スイスにある科学機関 “セルン” から、“反物質”が盗まれた。“反物質”とは、“物質”と接触することにより、対消滅を繰り返し、莫大なエネルギーを生む物質のことで、宇宙誕生のキッカケにもなったとされる物質のことである。
そして、ラングドンの元へ、ヴァチカンから使者が訪れ、1枚のプリントを渡される。
そこには、中世、科学者たち(ヴァチカン=カトリック教会に弾圧された者たち)が結成したという秘密結社 “イルミナティ” を示す、左右対称の紋章が、プリントされていた。
続いて説明されたのは「4人の枢機卿が、 “イルミナティ” を名乗る犯人に誘拐され、指定した時間とともに1人ずつ殺害し、時間が満ちた時、ヴァチカンへの復讐を遂げる」という犯人からのメッセージで、ラングドンにヴァチカンへ、至急来てほしいという。
ヴァチカンに着いたラングドンに依頼されたこととは、犯人から届けられたというメッセージビデオを見せられ、メッセージに隠された謎を解き、枢機卿たちを救ってほしいというものだった。
ヴァチカンへの復讐として“反物質”が使われると知り、“反物質”を盗まれた“セルン”からも、研究者が来ていた。
そして、ラングドンはその研究者とともに、 “イルミナティ” が残したとされる啓示の道を探すのだが・・・



「う~ん、面白かったけど、物足りなかった・・・」

『天使と悪魔』の世界を、映像で見られたのは、とっても嬉しく楽しかったですが、原作のかなり重要な部分まで端折ってあって、がっかりでした(そこ。端折っちゃダメだろう)
科学機関 “セルン” 内部の映像は、ほとんどなかったですし、啓示の道に示される教会などの映像も、本当に短くて、残念でした。
原作を読まれている方は、自分と同じ感想なのじゃないかな。

まだ既刊もされていないダン・ブラウンのラングトンシリーズ次回作『ザ・ロスト・シンボル』も、すでに映画化される方向のようです。まだまだ先だけど、楽しみです。



公式サイト http://angel-demon.jp/

天使と悪魔 - goo 映画

天使と悪魔 コレクターズ・エディション [DVD]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント


このアイテムの詳細を見る



天使と悪魔 スペシャル・エディション [Blu-ray]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント


このアイテムの詳細を見る






天使と悪魔/ダ・ヴィンチ・コード DVD ダブルパック

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント


このアイテムの詳細を見る



天使と悪魔/ダ・ヴィンチ・コード ブルーレイ ダブルパック [Blu-ray]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント


このアイテムの詳細を見る



天使と悪魔 (上) (角川文庫)
ダン・ブラウン
角川書店


このアイテムの詳細を見る


天使と悪魔 (中) (角川文庫)
ダン・ブラウン
角川書店


このアイテムの詳細を見る


天使と悪魔 (下) (角川文庫)
ダン・ブラウン
角川書店


このアイテムの詳細を見る




blogram投票ボタン ←よろしかったら、ポチッと!!

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック! 素晴らしい すごい とても良い 良い
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ターミネーター展に行ってき... | トップ | スター・トレックのスポック »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは♪ (SOAR)
2009-06-03 20:09:06
私も原作を読んでいたので物足りなさは否めませんでした。
ただロン・ハワードの仕事がダメということではないとも思います。映画としてうまくまとめたんじゃないでしょうか。ようはそれほど原作が「濃い」ってことなんですよね。
謎解きの流れなど、じっくり見たかったので残念は残念ですが・・・。
こんばんは (Matthew)
2009-06-04 03:20:20
SOARさん、こんばんは。
確かに、ロン・ハワード監督の映像、「ダヴインチ・コード」などはとても美しく楽しめましたし、今作も映画自体としては、決して悪くはなかったのですが・・・
>謎解きの流れなど、じっくり見たかったので残念は残念ですが・・・。
これは、映画化にあたって、一番期待していた部分でした。
ダン・ブラウン作品は、確かに内容が濃いですから、仕方ないと言えば仕方ないですが、ユアン・マクレガーのカメルレンゴとしての演技も、もっと観たかったです。コンクラーベに乗り込んで行って、演説を打ったところしか、見所らしいところがなかったので、ここも残念でした。

コメント&TBいただき、ありがとうございました。

天使と悪魔 (ichi-ka)
2009-06-14 02:16:40
ブログに感想を書いたのでコメントとTBに来ました。
僕は原作を読んでいないので、この映画はストーリーについていくだけで大変でした。内容が濃い小説を映画化するのはやっぱり難しいんですね。
こんにちは (Matthew)
2009-06-14 10:12:57
ichi-kaさん、こんにちは。
確かに、ストーリー展開が早くて、原作を読んでいても、ついて行くのに大変でしたよね。
上映時間を長くしてでも、もう少しストーリーや、映像を堪能できると良かったのですが...
それでも、映像化してくれただけでも、感謝しないとかもです。
コメント&TBいただき、ありがとうございました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

10 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
天使と悪魔 (You got a movie)
監督   ロン・ハワード キャスト トム・ハンクス      アィエレット・ゾラー      ユアン・マクレガー      ステラン・スカルスガルド    ダ・ヴィンチ・コードに続いてベストセラーとなったダン・ブラウン原作の同名小説の映画化。天使と悪魔と...
天使と悪魔 (勝手に映画評)
『ダ・ヴィンチ・コード』から3年。ロバート・ラングトンシリーズ映画の第二段。ただし、原作では『天使と悪魔』の方が先であり、映画と原作では時系列関係が逆になっています。 『ダ・ヴィンチ・コード』も充分ジェットコースタームービーでしたが、こちらの『天使と悪...
天使と悪魔 (Akira's VOICE)
もっと考えさせてください。
天使と悪魔 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
 ダン・ブラウンの原作『天使と悪魔』は大好きですぅ~             前作の映画はイマイチだったんだけど(汗)、、、今回はどうかな? 【story】宗教象徴学の権威、ロバート・ラングドン(トム・ハンクス)は、秘密結社・イルミナティの復活を探るべくロ...
天使と悪魔 を観ました。 (My Favorite Things)
ダン・ブラウン好きの私なので…チョイ辛口です。
『天使と悪魔』・・・そして「彼」に“最後の審判”が下る (SOARのパストラーレ♪)
面白さと物足りなさが半々といった印象だった。面白さもそれなりに堪能できた反面、物足りなさも大きかったという感じだ。
映画「天使と悪魔」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  いろんなところで「原作とは違う」という声があったのでそのつもりで観たこともあり、トム・ハンクスのラングドンも「これは、これ」とあきらめがついたこともあり、前作よりは、とても楽しめました。ユアン・マクレガーが久々に、ハマリ...
天使と悪魔(映画) (ブログ de ビュー)
今回の記事は『天使と悪魔』(2009年、監督:ロン・ハワード)です。 ダン・ブラウン原作のベストセラー小説の映画化第2弾。主演はトム・ハンクス。 教養高きサスペンス・ミステリーてな印象の映画でした。
『天使と悪魔』(Theater) (私の研究日記(映画編))
監督:ロン・ハワード 原作:ダン・ブラウン 出演:トム・ハンクス、ユアン・マクレガー、アイェレット・ゾラー、ステラン・スカルスガルド他 撮影:サルバトーレ・トチノ 美術:アラン・キャメロン 音楽:ハンス・ジマー 製作:2009年(アメリカ) 時間:2時間18分  シ...
天使と悪魔 宗教も科学も心しだい (RISING STEEL)
天使と悪魔 ANGELS&DEMONS 前回の事件で教会から目を付けられちゃったロバート・ラングトン教授だけど 直々の協力要請を受け、ヴァチカンを襲う未曾有の危機に挑む! 2009年 アメリカ映画 コロ...