まったり宅シネマ!

レンタル映画をまったりレビュー!

公開中の新作映画もネタバレありで紹介していきますヽ(´▽`)/

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今年の総括!私的「2016年映画ベスト10」を発表!!

2016-12-31 23:54:03 | 新作映画
こんにちは、ぱずー(@deltakou)です!

本日のまったり宅シネマは…


私的!「2016年映画ベスト10」大発表〜〜!!!




【短く解説!】
ついに2016年もあと少し!今年の映画を振り返ろうっ!



【あらすじ】
2017年まであと少し!
しかしこの記事を書かなければ年は越せない!
今年の良作映画を10位からカウントダウンすることにより、読者の皆様の来年を良い年にするのである!!


今、「トシコシ作戦」が開始される!





【第10位 ハドソン川の奇跡】


時系列を単純に追う表現ではないのに、観やすく仕上がっている監督の手腕、

さらに「登場人物たちそれぞれの立場から見た事件」を重ね合わせて一つの出来事を表現する手法は秀逸の一言に尽きる。




【第9位 ブリッジ・オブ・スパイ】


スパイと聞くと昨今人気の高い「アクション性の強いスパイ映画」が思い浮かぶが、
この映画では「スパイがしている普段の生活」「スパイが捕まった後にされる仕打ち」を淡々と描いている。

独特の味わい深い魅力を押し出した勝負作。




【第8位 ドントブリーズ】


まさかの滑り込み!
まさかまさか12月にダークホースが来るとは思わなかった。

映画館で観る事で
・一時停止できない
・生活音がない
から最大限に楽しめる。

ホラー映画を「映画館で観る事の意義」を改めて感じさせてくれた作品。

※当ブログ内でも詳細に解説しています!ぜひご覧ください!




【第7位 ザ・ウォーク】


現代ビル群を緻密に描く圧倒的な映像美、説得力がありつつも独特で魅力的な人物像、反発しながら協力し偉業を成し遂げるアガるストーリー。

その一つ一つの要素が違和感なく過不足なく2時間にしっかりと纏まっている傑作。




【第6位 ロスト・バケーション】


「人喰い鮫!vs人間!」というパニック鮫映画の基本に立ち返ったストーリーでありながら、
主人公が用いるツールはスマートフォンであるなど現代感もしっかりも盛り込んである

そのバランスたるや「ジョーズ」の再来のよう。

鮫映画、万歳!来年も公開されてくれ!




【第5位 シビル・ウォー キャプテン・アメリカ】


キャップが現体制から離反してまで自らの信念を貫き通す、そのキャラクター性を示したことが素晴らしい。
FAからの「組織・個人の捉え方が大人になったキャップ」と、「その変わらないアイデンティティー」を両方見せてくれた。




【第4位 ミュータント ニンジャ タートルズ 影(シャドウズ)】


これこそサマームービーの決定版!
爆発!メカ!!大爆発!!!
(さらにお色気!)

破壊大帝ベイトロン様のやりすぎ寸前ド派手戦闘シーンはそのままに、あのマイケルベイとは思えない戦闘シーンの分かりやすさ!

カワバンガッッ!!




【第3位 ズートピア】


ディズニー禁忌の底力!

「このキャラクターはこういう性格」という分かりやすいキャラクター性をストーリー作りで持ちいるディズニーだからこそ出来た作品。

恐れずに表現したことで多くの観客の心に打撃を与えつつ、それを感動へと持って行く秀逸さ。




【第2位 ローグワン STARWARS STORY】


30年前の映画に新しい感動をプラスするという偉業をやってのけた快作。

SWのアイコンであるジェダイなどを作品から極力排除しつつも「SWらしさ」を存分に発揮するストーリーには感嘆の一言。
作品を通してギャレス監督のSW愛が伝わって来る。

※こちらも当ブログ内でも詳細に解説しています!ぜひご覧ください!



【第1位 シン・ゴジラ】


小気味良いテンポと会話劇・形容しがたい不気味さから繰り出される庵野イズムが見事にゴジラとマッチングし、根幹には「日本人とは・日本とは」という明確なメッセージ性も存在する。

その全てがエンターテインメント。世界よ、これがゴジラだ。




そして特別賞!
【この世界の片隅に】


初めて「感想が言えない映画」に出逢ってしまった
この衝撃が大きすぎランクインならず。

もちろん感想が言えないのは私の感受性や表現力を完全にキャパオーバーした素晴らしい作品だったため。

もっと、成熟してからもう一度「観たい」。


今年も数多くの素晴らしい映画と出逢えました!映画館で観た映画は43本。
来年はどんな映画と出逢えるのか…楽しみにしながら年越しを待ちます!

それでは皆様、良いお年を!
そして来年も「まったり宅シネマ」をよろしくお願いいたします!!



年越しに間に合った〜〜〜〜〜〜!!!


【2016年】

①シンゴジラ
②ローグワン
③ズートピア
④ミュータントタートルズ 影
⑤シビルウォー
⑥ロストバケーション
⑦ザ・ウォーク
⑧ドントブリーズ
⑨ブリッジオブスパイ
⑩ハドソン川の奇跡

特別優秀賞 この世界の片隅に



劇場鑑賞43作品から。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「この世界の片隅に」をネタ... | トップ | 「2017年!新作映画の公開日&... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

新作映画」カテゴリの最新記事