メタリックアルビ

アルビとメタルと時々山

九州で乗った列車とか

2017-01-30 22:39:13 | 鉄道
書くネタもないので鹿児島で開聞岳に登った、1月7-9日の九州の旅で乗った列車でも残しておきますかね。

目的地は鹿児島だったんだけどね、青春18きっぷ消費のためにわざと熊本空港を利用したのですよ。
そこで熊本駅から鹿児島中央駅までの移動中、肥薩線の人吉駅から乗ったのがこの列車。

いさぶろう号です。

名前の付いた列車ですが普通列車なので乗車券だけで乗れます。
乗れますが、座席の90%(以上?)は指定席なので、指定席券がないと座るのは困難でしょう。
自分はそのことを知っていたんで、熊本駅で指定席券を購入していました。

肥薩線の人吉-吉松間を走る定期列車は1日5本。そのうちの2本がこの「いさぶろう」なので、
本当に普通の普通列車(何? は1日3本だけです。


いさぶろう号は途中駅でいちいち8分間程度停車するので、短い運行区間でも所要時間は長いです。
ま、そのおかげで古い駅舎や車両、大畑駅のループ線、日本3大車窓のひとつでもある矢岳越えなんかを堪能できるわけですが。

ちなみに、人吉発吉松行が「いさぶろう」。吉松発人吉行が「しんぺい」号となります。

この後鹿児島中央駅まで行って、駅直結のJR九州ホテルで2泊しました。
鹿児島中央駅はショッピングモールも併設しており、そこのレストラン街はなかなか魅力的なお店が多くありまして、
鹿児島で2泊したのに駅からほとんど出歩かなかったのですよ。。。(日中は鹿児島市内に居なかったからね)

で、次の写真は一気に場所が変わって指宿・枕崎線の終点枕崎駅。
九州の旅2日目の開聞岳登頂後にノープランで訪れました。

枕崎市の中心市街地にありますが、なかなかの寂れっぷりですな(失礼)。


しかしさすがに南国。1月なのに夏っぽい写真ではないか。

3日目は最後の青春18きっぷを使用して宮崎まで移動。
日豊本線は最初鹿児島湾と桜島を右手に見ながら進む、とても車窓が美しい路線(写真はないけど…)。
宮崎市に到着後は、昼ごはん食べて、たまたま開催していた生頼範義の絵画展を見て(生前は宮崎に住んでいたのね…)、
宮崎駅から宮崎空港駅間は乗車券だけで乗れる特急にちりんで宮崎空港駅へ移動し、宮崎空港から羽田へ帰ってきましたよ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新チーム始動 | トップ | 陣馬山(藤野駅~武蔵五日市駅) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。