メタリックアルビ

アルビとメタルと時々山

本社ヶ丸~三ツ峠山

2017-04-23 21:31:26 | 山行
4月23日は3月の丹沢以来、約1ヶ月振りの山へ行ってきました。
この間連休が全くなかったので、週末はサッカーを優先すると山に行けなかったのですよ。。。

スタートはJR中央線の笹子駅、まずは本社ヶ丸へ向かいます。

スタート直後の分岐は左のみ標識が出ていますが右折します。
未舗装の道を10分くらい歩くと登山道が出てきますよ。

その登山道、しょっぱなからかなりの急登です。ってか、三ツ峠までずっと急登の連続だったような。。。


あれが本社ヶ丸。ではなく、その前衛の山でした。本社ヶ丸はあの山に隠れて直前まで見えないようです。


1回林道を渡ります。林道の後も稜線に出るまでほぼ急登ですぜ。。。


急登を上り詰めた先で縦走路にぶつかると、そこは角研山という場所でした。
ここから本社ヶ丸まではようやく傾斜が緩みます。


標高の高いところでは昨夜の雨は雪になったようです。あの山は小金沢連嶺の山塊ですかね。


本社ヶ丸(標高1630m)到着、笹子駅から2時間30分くらいでした。

 
これから向かう三ツ峠や富士山はもちろん、少し雲が多いけど南アルプスも見えます。甲斐駒ケ岳から間ノ岳あたりでしょうか。
さて、近くに見えているけど、実際はだいぶ回り込むので微妙に遠い三ツ峠へ向かいますか。


本社ヶ丸から少し進んだ地点。ここが最高の三ツ峠ビューポイントでした。

ちなみに三ツ峠へはいったん下って登り返し、ここもまた急登の連続でしたよ。。。


登山道にカモシカが立ちはだかっています、こいつなかなか逃げないのですな(近づくと距離は取るけど逃げはしなかった)。
どうでもいいけどカモシカは鹿ではなく牛の仲間らしい。あと、特別天然記念物だったと思うけど、割とどこにでもいるような?


前夜の雪も出てきて、、、


三ツ峠山の一角、御巣鷹山へ到着。山頂の標柱が東電施設金網の中とは…東電ェ。。。


気を取り直して開運山へ向かいますか、向こうも電波塔だらけですがね。


三ツ峠山の最高峰、開運山(標高1785m)へ到着、ここを訪れるのは2度目です。
人が多くていいアングルで写真が撮れないっていうね。。。

ここからは以前に登った時と同じく、河口湖駅を目指して下山します。


三ツ峠山最後のピーク、木無山から開運山を振り返る。


今さらだが、天気はまあまあ。予報だと快晴の行楽日和ってことだったけど、その割には雲が多いんですけどね。


もうだいぶ下りてきました、河口湖も近いです。


そしてゴールの富士急行・河口湖駅。
外国人観光客が多くてしんどいぜ。
帰りはJRに直通のホリデー快速で帰宅、かつての特急車両を使用した電車ですが大混雑でしたね。

1ヶ月のブランクはやはりあったかなぁ、と。
でも前に三ツ峠駅から三ツ峠山に登った時よりも、今回の方が距離も登る高さもずっと多いけど、前の方が疲れていた記憶があるな。
まー、最近の方が山にはたくさん登っているからね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 弱いチームの負け方、、、かな | トップ | どうすんべぇ… »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

山行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。