碧い山・青い海

趣味の山登りとか、技術とネット情報を照合し個人メモに・・

1712- 練習帆船「海王丸」神戸入港

2017-12-01 | 日記
 先日、朝起きて神戸空港の沖に4本マストの船が停泊しているのを見つけた。タンカーとか釣り船、定期航路の通過客船は 見慣れているのだが これは日本丸か海王丸の帆船だろうと思えた。
数か月間隔で発行される、客船入港予定にも無く ネット検索してみるとやはり帆船で海王丸の神戸港来航の記事があった。
 「神戸港振興協会」のページで 12月1日に神戸港第一埠頭に「海王丸が10時に入港する」と言うみので 前日に湾外待機していたのを偶々見つけたらしい。翌日、朝早く埠頭にカメラを持って行って見た。

 海王丸と日本丸は何回か神戸に来ている。帆船寄港は、知れば必ず見に行っているが 実習生のキビキビとした動作が緊張感があって 帆船特有の若さからくる未来とか将来とか希望と言うイメージが浮かぶのが気に入っている。
この帆船は1989年に住重浦賀で竣工し今年で28年、神戸寄港は通算60回目になると歓迎式典で説明があった。今回は5日間も停泊するの 最後の日に予定される「登檣礼・・船員がマスト・ヤードに登る」も見れるかもしれない。
 4本柱・2556トン・全長110メートル、今回は乗員50名と清水海上技術短大実習生109名。10月に東京出港し、福山・大阪・清水・名古屋・下関・神戸・東京12月に戻る2か月間の期間だそうだ。
今日は、少し風があり 寄港が10分位遅れてしまったらしい。空は快晴で、気持ち良かったが いつもは人気の日本を代表する帆船だが 急に予定が決まったらしいので いつもより見学者は少な目だったが・・・。



  西のハーバーランドに見える、大きなモミの木は ニュースにあった クリスマスツリーだろう


ジャンル:
その他
この記事についてブログを書く
« 1711- 制度疲労と進化するAI技術 | トップ | 1712- 米世界一周船が寄港 »