碧い山・青い海

趣味の山登りとか、技術とネット情報を照合し個人メモに・・

1711- 制度疲労と進化するAI技術

2017-11-29 | テクニクス
 世界が目を見張る高度成長を成し遂げた日本、それも弾けて経済後退した現代を 次世代が担っているのだが 成功の自信と慢心した 世代がAI技術推進の障害となっているのかも知れない。
米ランスタック社の先進34か国のデジタル化準備を調べたそうだ。日本は最下位で、トップは米国二位は中国だった。確かに検索で「AI技術 日本」と入れると「周回遅れ・15年の遅れ」とか 皆で遅れの大合唱をしている。
 これからの人類の発展の鍵となるAI技術が、製造技術で最先端を走った歴史を持つ国が 全く精彩を欠いているのは何故だろうか。先端を走る米国テクノロジーでも、日本の姿は殆ど見えないとも言われてもいる。

 AI言語と技術は、多くは英語ベースでこれも日本人には大きな障害だろう。日本語には英語に勝る奥深さがあり、簡単には変えられない。日本人が編み出した独特の終身雇用・年功序列などが 発展の基礎を築いたが ハードからソフトにシフトした情報社会に 何十年経っても移行出来ない事もある。
 これに関連した顕著な現象が日産自動車・富士重工などの自動車産業の「完成品検査資格」を持たない作業員が 数十年前から最終決定をしていた・・と言うニュース。今の車技術は、外から見たり動かしてみた所で品質など判らないと思うが それを 多少の車両知識の教育で資格取得が可能だと言うのに 高度な現場では儀式の様な形骸化したものにされていた結果ではないだろうか。そうだとしたら監督官庁も、あまりにも間が抜けているのだが。
 車の生産工程は、詳しい訳ではないが溶接とか接合など主要カ所は内部の透視センサーで工程検査され 電子コントロールされソフトプログラムが主導権を握るハイテク車が ボディの傷なら良いが本来の品質など判定できないのではないか。
最終検査で不具合を検出し、それを前工程に戻すなど現代の進んだ生産技術・生産効率からは 考えられず 生産コストからも許される筈がない。つまり、企業としては法を守ることは知っているが 余りに時代遅れなので適当にされていたのだろう。「制度疲労」・・・制度が運用されていく内に社会状況が変化して制度の目的と実情がずれてしまい うまく機能しなくなった状況、監督不十分と言う事らしいが 真の原因はこれではないのだろうか。

 考えるに、農民が部落で水を引き 皆で水田を耕していた時代は個人よりも協力体制が優先せざるを得ず それに逆らうと村八分にされ生きてはいけなかった時代。高度成長期も、企業の一致団結が優先で 個人家庭を犠牲にしながら働いていた。ところがバブル期で裕福になると、急激な個の時代となり人が我儘と言うか 人との差別化を主張する様になった。そうなると企業が目標を示し、社員を一方向に向かせると力をしても従わない者も出てくる。
 働く個人は情報端末の普及で自分の生活を他人と比べ、その格差に不満で行動を自分で決め 決められた標準は知っていても無視されルールも守らないことになる。何もない時代は、全体レベルを引き上げる役割の基準だが それを全体が越えて基準の見直しが放置されると無視されて行くのだろう。社会秩序とも言われる基準が整備されなかったアジアの国は、追い付くための英語必須と情報技術の対応は早かったが 日本では余りにも成功事例が多かった事と 特殊な言語文化が逆にブレーキになってしまったと思うのだ。国外に出て、世界を積極的に吸収し克服することがカギだが 今の若い次世代の多くは逆に ますます国内に固まり 現在を守りたいと言う人が多くなっているらしい。

 資源を持たないこの国が、生き残るのは技術しかないのだが 近い将来「職人技術を百万回繰り返させても全て狂わない」「教えた知識で全ての可能性を探索し一つの最良を導く」既に、チェス名人もAIに負けているからその時代は近いのだ。AIテクノロジーで遅れの大合唱をしている場合ではないのだが、この国の未来は生き残れるのか・・残り少ない年寄りの心配だが、技術者たちの玩具ロボットとかゲームは暫く止めないと 不味い事になるのではないだろうか。
それとも、世界中で魚も枯渇し食料が人口増加で 確実に不足する未来に日本の得意分野「魚養殖・栽培改革・海水利用・太陽光」なとAI世界とは逆方向の選択肢もあるのかも知れない。

ジャンル:
その他
この記事についてブログを書く
« 1711- 消えた電気部品店とパ... | トップ | 1712- 練習帆船「海王丸」神... »