JET LAG

アメリカ生活、ゴルフ、旅行、映画、家族、友達、、、のことなどいろいろです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日本に帰る その一(ディナー編)

2006-07-24 | 日本
一年ぶりに休暇で日本に帰りました。やっぱり日本は最高です!何がって、まず第一に食事がおいしいこと。毎年帰国すると行くところは同じになりがちですが、今回も気の合う友達といろいろと食べました。日本に住んでる人は、毎晩おいしいものが食べれるから羨ましい限りです。

東京滞在中に食べたものをご紹介。まずはディナー編から。

はこだて鮨金総本店 東京銀座直営店(銀座)

日本に帰ると必ず行くお寿司屋さん。今回も到着した夜に行きました。毎日、函館近海で取れた新鮮なネタを空輸してきます。ぼたんえびと「うにいかそうめん」はお薦めです。気取らない店内、値段もリーズナブルです。予約は不可です。

Roy’s Tokyo Bar & Grill(六本木)

Hawaiian Cuisineで有名なRoy'sは六本木ヒルズの中にあります。本場より多分日本人好みにしてあるようで、量もほどほど、数品頼んでみんなでシェアできるのでいいです。前職の友人と後輩の女の子のBirthdayをお祝いしましたが、気のきいたプレゼントやケーキのサービスをしてくれました(恥ずかしいのでスタッフによるHappy Birthday song の合唱はパスしてもらいました)。スタッフのサービスは満点でとっても良かったです。

きらく亭(天現寺)

広尾から徒歩15分くらい、明治通り・光明寺交差点にある隠れ家的な焼肉店。その立地から芸能人もよく利用しているらしい。きれいな店内はとても普通のお店だが、とにかく何を注文してもはずれなし。一年ぶりに日本で食べた焼肉ということもあり、最初に口に入れた「ねぎタン塩」おいしかったなぁ、、、、。人気が高く予約は取りにくいそうです。帰国に合わせて早くから予約してくれた友達に感謝!(お店のHPはないので、住所や電話番号は「きらく亭 天現寺 焼肉」でググッてみてください)

魚金 [うおきん](新橋)

やっぱりサラリーマンなら新橋の機関車前で待ち合わせて、居酒屋に行くのが王道ですよね。数ある新橋の居酒屋の中でも「魚がおいしい」と前職の社長に連れて行ってもらったお店。本当においしかったです。いくつか店舗があるようですが、早めに行かないとすぐ満席になります。新橋のサラリーマンの出足は早いのです。

権八 [ごんぱち] (西麻布)

数年前に小泉首相がブッシュ大統領をもてなして一躍有名になった居酒屋。西麻布交差点という立地から広い店内は外人比率も高い。明け方まで営業しているので、遅い時間からの食事にも便利です。焼酎をいっぱい飲んだ後、さっぱりと蕎麦で締めることができます。

游玄亭 [ゆうげんてい] (赤坂)

東京滞在中、二度目の焼肉。あの叙々苑の高級店です。都内に何軒かありますが、行ったのは昔勤めていた会社の近くにある赤坂店。ほぼ個室状態なので落ち着いて食事できます。ここのカルビはかなりの霜降りでとろとろです。身体に悪いと思いながらもついつい食べすぎます。でも調子に乗って食べるとかなり値段も高くつくので注意が必要。思わずホテルへの帰り道に「黒烏龍茶」を買いました。
ところで、叙々苑のサラダのドレッシングって、病みつきになりません?「秘伝たれ詰め合わせ」買ってくればよかったなぁ、、、。

Au Bec Fin [オーベックファン](京都 先斗町)

東京で一週間過ごした後は実家のある京都へ移動。ほとんどは実家で食事する京都滞在中の唯一の外食の日、本当は老舗のすき焼店「三嶋亭(三条・寺町) 」に行きたかったのですが、何と不運にもその日(水曜日)が定休日!
ということで小学校からの友人と妻の3人で観光客気分で先斗町(ぽんとちょう)をぶらぶらして見つけたのがこのお店、10席ほどのカウンターとテーブル2つだけの小さなフレンチレストラン。7,000円くらいのコースでしたが、ワインもおいしく飲めてとても満足でした。写真はちょっとカレー風味のついた穴子とフォアグラ!この組み合わせ、意外と食感がいいんです。

一年に一度くらいしか帰国できないのに、いろいろと「飲み」に付き合ってくれた友人たちにこの場を借りて感謝です!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« The Lake House(レイクハウス) | トップ | 日本に帰る その二(ランチ編) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む