まつや清の日記

静岡市議会議員まつや清の日常を毎日更新!

息子が家の近くで有機農業の菜園を借りて張り切っています

2015年05月29日 | ニュース・関心事

毎朝の水かけ。結構の広さ。周辺は田植えが始まり心落ち着く田園風景。


この記事をはてなブックマークに追加

頂上作戦か。県警だけでなく警察庁も関与か。市長選挙違反で斉藤まさし氏ら逮捕

2015年05月29日 | ニュース・関心事

一つのシナリオとして予測されていた高田陣営の選挙違反事件としての「本丸」逮捕。2日間、立憲ネット総会と安保法制国会審議、原発被害者救済国会請願で国会周辺でアクション活動。

静岡に戻ってみれば県警による「頂上作戦」。全ての新聞報道を読み直し、何が問題か。ネット上では、山本太郎参議院議員にも絡む逮捕劇、市民派選挙プランナーへの弾圧と様々な評価。

それぞれに言い分があるが、この選挙が金権選挙であったことは静岡市民の大多数が認めるところ。その反省が前提にないと評価を誤る。6月1日緊急の市議会代表者会議。議題は今回事件。

宮沢議員が警察・検察庁の拘束の中では6月議会参加は極めて困難。報酬は支払われる。どう考えるか。写真は今回の逮捕の要因となる直前に配布されたチラシ。本日の読売新聞でも紹介。


この記事をはてなブックマークに追加

大竹しのぶがいう。「無知な人間の妄想ほど、おそろしいものはないわ」

2015年05月28日 | ニュース・関心事


この記事をはてなブックマークに追加

2回目の自治体議員立憲ネットワークの総会  5月26日

2015年05月28日 | ニュース・関心事

2回目の自治体議員立憲ネットワークの総会.柳沢協二さんの集団的自衛権自衛権の解釈改憲批判は極めて分かりやすい、安倍首相の説明は分かりにくい

 


この記事をはてなブックマークに追加

原発事故被害者の救済全国運動 12万3455筆を衆参両院に提出 5月27日

2015年05月28日 | ニュース・関心事


この記事をはてなブックマークに追加

古賀茂明さん講演会の呼びかけ人大募集。

2015年05月25日 | ニュース・関心事

明日からはじまる「平和安全法制整備法」「国際平和支援法」国会審議。渡辺謙さんの「挑み続ける勇気」「断崖絶壁であがく」精神に匹敵するパワーは持ちたいもの。7月4日古賀さん講演会の呼びかけ人大募集!

明日、夕方で締め切って6月1日にチラシとチケット完成。呼びかけ人は7月4日まで続けますが、5月26日段階の呼びかけ人としてチラシに載せます。呼びかけ人を出来る人は、このまつやメッセージにお返事を。

明日は自治体議員立憲ネットワークの総会、暴走する安倍政権に対抗する私たちの力量を確認してきます。


この記事をはてなブックマークに追加

NHKスペシャル 戦争法シンポ 柳沢協二(元防衛官僚)vs中谷元防衛大臣

2015年05月24日 | ニュース・関心事

5月26日(火)自治体議員立憲ネットワーク第2回総会(衆議院第2議員会館第7会議室)。13時~14時45分まで総会、15時~17時まで柳沢協二さんをお招きして学習会。学習会はどなたでも参加できます。

講師 元内閣官房副長官補 柳沢協二さん。わが国で「最も戦争を知る人物」として、国際紛争の現実に即した説得力ある議論を武器に、安倍政権の安全障政策を徹底批判。

著書に『亡国の集団的自衛権』集英社新書)イラク戦争時、小泉、安倍(第一次)、福田、麻生の四代の総理大臣に仕えた元防衛官僚。☆入口で入館証をお受け取りください。


この記事をはてなブックマークに追加

まつや清を応援する会総会 今年1年間の元気を貰う すばらしい仲間に感謝

2015年05月24日 | ニュース・関心事

田辺市長当選後の静岡市政へのスタンスと暴走する安倍政権に対抗する市民パワーの一員としてのあり方に叱咤激励をいただきました。走り続けます。


この記事をはてなブックマークに追加

登山家、山岳写真家が初めてリニア新幹線を考える集会、60人の会場に110人参加 5月20日

2015年05月22日 | ニュース・関心事

リニア市民ネットの天野捷一さんからの報告。静岡県からも日本山岳会静岡市部長の大島さんも参加しました。山の仲間が動き始めました。6月6日13:30 産経会館にて、山岳会4団体、南アルプスりに市民ネット静岡の共催で、この集会でのパネリスト辻村さん講師に集会開催します。

※※
リニア工事は南アルプスの魅力を損なう
5月20日午後7時から、東京・渋谷のモンベル5Fサロンで、   登山家有志が呼びかけた「南アルプスは大丈夫?登山者の立場からリニア新幹線を考える集会」が開かれ、予想を大きく超える110人が参加しました。全国から、山岳ガイド、登山愛好家、山岳写真家、渓流釣り愛好家のほか、リニア市民グループが集まり、会場は熱気に包まれました。集会は、川名真理さん(出版社編集者)の司会で進められ、冒頭に呼びかけ人の一人で山岳ガイドの山田哲哉さんがコーディネーターとして挨拶し、「予想
を超える方々に集まっていただき、リニアが小さな問題ではないことが分かった。昨年10月に着工認可が行われ、既に着工しているような雰囲気だ。リニアがどういう風に大変か良く分かっていないので、そのあたりを3人のゲストから聴きたい」と述べました。
最初の講演者は登山ガイドで写真家でもある志水哲也さんで、「登山者にとって南アルプスとは」というテーマで、南アルプスの魅力について語り、続いて日本自然保護協会の辻村千尋さんが、「リニア before
after、南アアルプスの自然」と題して南アルプスの地質や工事による地下水や環境、生態系への影響についてリニアの問題点を指摘しました。最後に長野県の「大鹿村の100年先を育む会」の前島久美さんが、「現地で今起きていること」として、日本一美しい村と言われる大鹿村の自然環境や景観、村民生活とリニア工事について報告しました。三人の講演の後、参加者との質疑応答が行われ、南アルプスを愛する登山家や釣り人もリニア新幹線について声を上げ、リニア沿線住民とともに計画の見直しのため活動しようということで一致し、このような集会を重ねてリニア工事の影響について認識を深め行動することで合意しました。  
集会は最後に、2年前に登山専門誌『岳人』に、リニアの南アルプスへの影響を問題視する記事を初めて寄稿したジャーナリストで山岳写真家の宗像さんが、「私が記事を書いてから時間が経ったが、ようやく今日のような集会にこぎつけ、こんなに多くの方々が集まってくれた。この動きを絶やすことなく広げていきたい」と、閉会の言葉を述べました。3人のゲスト・スピーカーの講演概要は下記の通りです。

人間は自然をいじりすぎている~ 志水哲也さん
私は19歳のときに大井川の25、6本ある沢を登ったが、30歳の時に
また大井川に行きました。井川という所を発進基地にしてテントを張ったが、
ダムの放流で水没して途方に暮れていたら、地元のお年寄りの女性がシイタ
ケ小屋を提供してくれました。その時に大井川の沢を全て踏破しました。
大井川の魅力はさわら島という所にある赤い岩の渓谷など沢山ありますが、
山岳ガイドになってから聖沢に行ったら、中部電力が巨大な堰堤を造っていて興ざめでした。私はこれまでヨセミテやアルプスなど世界の岩壁を登ってきたが、日本の沢には外国にない魅力があり、そうした魅力を写真で伝えていきたいと思います。これまでその思いで、屋久島や白神山地などを取材し写真集も出してきました。いまは黒部市宇奈月に住んでいますが、昔に冠松次郎という人がいました。黒部の電源開発時代の登山家です。山や渓谷の写真を残しています。彼はまた沢登りの創始者であり、山よりも沢の魅力を伝えたいという人でした。
さて、リニアの南アルプスのトンネルですが、私は23歳の冬、24日分の食糧などを詰めた重さ34キロのリュックを担いで、南アルプスの端から端まで20日間で踏破したことがあります。北アルプスが険しさのイメージですが、南アルプスの山は重厚で、「森林の南ア」と言われ、日本の山の代表格です。リニアはそこに係る問題なので重く受け止めなければなりません。
南アルプスにトンネルを掘る、そしてその結果、水の枯渇や残土問題が起きます。黒部でもダム建設で水の枯渇や山体崩壊が起きています。最近では地震や火山噴火も頻発しています。人間は自然をいじりすぎています。山岳ガイドの仕事をしていて思うことは、登山をしていると、「人間は電気が無くても生きていける」ことを体験できるということです。リニアは新幹線の何倍もの電力を使う。そういう方向に向かうのは人間がすべきことではない。電力をなるべく減らしていくことが求められていると思うのです。

風景を失くすことは歴史を失くすことである~辻村千尋氏
リニア計画は2011年から具体的に動き出しました。その年の5月に事業認可が下り、環境影響調査が始まりました。その後の環境アセスメントが進められ、昨年10月、国交大臣はリニアの工事計画を承認しました。私たちにはもはや、法律的にリニアを止める手立てはありません。リニア新幹線は東京・大阪間を67分で結ぶ計画ですが、まずは2027年までに東京(品川)・名古屋間を5兆5千億円でつくり、その後また借入金が可能になったら、3兆6千億円かけて大阪までを建設することになっています。昭和48年に中央新幹線計画が出来たが、その時は国のお金でつく
る計画でしたが、整備新幹線としての順番は下位でした。業を煮やしたJR東海は2007年になって、建設費を全額自社負担してリニアをつくることを表明しました。ですから、整備新幹線とは言え、リニアは一民間企業の事業であり、そのため余計に中止させにくい。
リニアの予定ルートにはたくさんの活断層があります。原発の再稼動でも言われていますが、活断層の上には公共の施設は作らないということが常識になっています。なのに、リニアは多くの活断層を横切ります。JR東海はなるべく短い距離で横切ると説明していますが、それは通用しません。南アルプスは年間4ミリづつ隆起していることが分かっています。それは何百万年の隆起を平均化した数字なので、年間にメーター単位で隆起する可能性もあるわけです。
山梨のリニア実験線の延伸工事では沢や井戸の水枯れが起きています。静岡では標高2千㍍のところに残土置き場を造る。これは殺人行為です。風景を失くすことは歴史を失くすこと
です。リニアを止めなければなりません。

何もないところが大鹿村の魅力~前島久美さん
リニア計画と大鹿村についてお話します。大鹿村は四季の移ろいが美しい村で、
何もないことが魅力です。その何もないところにリニアが出来ます。私たちは子ども
たちに残したい大鹿村を子どもたちに残したいと言う理由で「大鹿村の100年先を育む会」をつくりました。子どもからお年寄りまで40名の方が参加しています。活動としては、トイレのボランティア清掃、古老の話を聴く、自然観察、それにリニアを考える話し合いなどがあります。
活動の一環として私は平成24年度から大鹿村周辺の植生調査を続けています。きっかけは、2011年にリニア計画が明確になって、大鹿村に変電所とトンネル坑口4か所それに小渋川の橋梁がつくられ、村全体がリニアの工事現場になってしまうことが分かったことでした。赤石岳の登山口である釜沢集落には
17世帯20名が生活していますが、そこにトンネル工事現場ができます。いま、24時間の水平ボーリング調査が行われています。村で1軒しかない養魚場には変電所ができます。大鹿村の旅館はすべてそこの魚を宿泊客に出しています。小渋川の深い谷にはリニアの橋梁がつくられ、送電線とともに村の景観を台無しにします。
大鹿村にあるリニア対策委員会は業者寄りです。そのため、私たちは「もう一つのリニア対策委員会」を起ち上げて、リニア計画の見直しを求めています。なぜ私たちは大鹿村に住み続けたいのか、それは、いつまでも変わらない、何もない大鹿村で生活したいからです。皆さんも是非一度大鹿村にいらして下さい。  
(このあと、前島さんは自らが撮影した美しい大鹿村の原風景や四季折々に見せる植物の美しい写真を紹介してくれました)。
                                           
以 上

(写真・文 天野捷一)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

リニア新幹線を考える登山者の会

03(3752)4717(橋本さん)
tozannsyarinia@gmail.com

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


この記事をはてなブックマークに追加

政策情報センター新人議員研修 議会とは、議員とは、なかなか面白い

2015年05月22日 | ニュース・関心事

いずれも元市長経験、議員経験のある上原公子さん(元国立市長、議員)、福嶋浩彦さん(元我孫子市長、議員)、富野き一郎さん(元逗子市長)の議会とはなにかをめぐる議論、改めて議員って何なんだろう?!?!


この記事をはてなブックマークに追加