まつや清の日記

静岡市議会議員まつや清の日常を毎日更新!

大晦日に『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーのマネイジメントを読んだら』を読む

2010年12月31日 | ニュース・関心事
「紅白歌合戦」審査員に『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネイジメント」を読んだら』の著者の岩崎夏海さんがいることにびっくり。さすが、NHK、200万部大ベストセラー作品を見逃すわけはありません。

そういう私も、今日の朝に読み終えたばかりで、12月22日のある懇談会で勧められてのもの。経営のトップにおられた方ですが、今年、息子さんに社長職を譲り、自分は業界関係での役員でボランティア活動に専念しているとのこと。

この本を読んで自分自身がやってきた経営哲学、その一つである「企業の社会貢献」についてこの本で再確認したと。息子さん世代は「理屈で会社経営を語るが我々の世代は理屈がなくても実践で同じことをやってきた」。

「我々は無から有を生み出した、息子の世代は有から有を生みださなければならない」その違いがある、彼等に任せるのしかないが我々はその中でどのような位置にいるのか、ただ、そこにいるだけでいいのだと。

非常に面白い本です。涙が出た三つのシーン。ピンチにたったピッチャーの気持ちをめぐる場面、野球が嫌いだが何故マネイジャーを引き受けたかをめぐる場面、主人公が最後に自分でも説明のしようのない試合に戻った時の場面。

この最後のシーンは、非常に納得できるものがあります。私自身が社会運動に挫折しもう運動はやめようと思ったときの胸中をぴったりと言い当ててています。このドラマがドラッカーのマネイジメント論を媒介に展開するのです。一読を。

この記事をはてなブックマークに追加

波乱含みの静岡市長選挙、安竹信男市議会議長が自民党支部に出馬公認申請

2010年12月30日 | ニュース・関心事
師走も師走、2010年の12月29日の夜、静岡市長選挙に安竹信男市議会議長が出馬に向けて自民党静岡・清水支部に公認申請を行ったとの報道です。28日の仕事納めの各会派あいさつ回りで、安竹議長、やや興奮気味の感がありました。

出馬を心に決めていたことがその雰囲気をかもし出していたのかもしれません。さっそく、安竹議長のブログを拝見しましたが、出馬の決意は現段階では述べられていません。静岡新聞のスクープ記事ということでしょうか。

ブログでは、この間の田辺信宏氏や海野徹氏への厳しい批判を展開し、自民党として、小嶋善吉市長の市政運営を引き継ぐことの意志は表明されています。
マスコミ報道では、自民党は候補者選定期限を1月末とされています。

自民党内での候補者擁立の動きとは一線を画している動きのように見えます。一方で、民主党・連合系が候補者として絞る2人がどんな形となって現れてくるのか。波乱含みの静岡市長選挙、選択肢が広がるという意味で歓迎です。



この記事をはてなブックマークに追加

「補助金等に関する不適正経理及びこれに伴うイベント事業関連不正流用等」報告書

2010年12月29日 | ニュース・関心事
27日に公表された上記の報告書。標題の中に「不適正」と「不正」の言葉が並びます。21日「虹と緑しずおかフォーラム」主催の「不正経理を糺す会」飯野良一を講師にしての勉強会は、とても新鮮な議論が展開されました。

「不適正と不正はどう違うのか」「性悪説に立つか性善説に立つかで見方がかわる」「この問題から何を学ぶべきなのか」という議論。「公務員バッシングの中で、彼等は萎縮に本来大胆に冒険して欲しい施策展開がない」。

「法律を守らない、犯罪を犯しているのに、何故そのことが問われないのか」「告発そして刑事罰が求められているのではないか」。「今後も市政にかかわるテーマで市民が学習し議論することの大切さ」と終わりました。

次回は1月25日(火)19:00 市民文化会館(まだ会場は押さえられていないようです)、テーマは「税とは何か」です。国の税制めぐる議論、静岡市の税金、還付など生活の中の知恵などいろんな角度から議論をします。

講師は、静岡商工会の山崎秀和さん。因みに上記報告書は、事実関係、今後の対策の二つに分けられています。静岡県の「裏金」問題の時、市にはそんなことはありえない、としてきた静岡市の姿勢があらためて問われます。

資料はあります。必要な方はご連絡下さい。

この記事をはてなブックマークに追加

名古屋市、阿久根市の「市長と議会」の対立

2010年12月28日 | ニュース・関心事
名古屋市の市議会リコールを求める住民投票署名は定足数にたりないとされましたが、異議申し立てにより署名数をクリアし、市議会解散住民投票、河村たかし市長辞職による市長選挙、そして、県知事選挙でトリプル。

果たして名古屋市民がどんな審判を下すのか、結果は全国の自治体へに大きな影響力をもちます。河村市長戦略が支持されれば政令市と愛知県政が「減税と議会の報酬と定数削減」へ大きくかじを切ることになります。

一方、鹿児島県阿久根市では、市長リコール住民投票が7543対7145でリコールが成立し市長選挙が1月16日告示23日投票の予定です。一方で市長支持派による議会解散住民投票も定足数に達し2月住民投票になりそうです。

名古屋市と阿久根市の「市長と市議会」の対立の構図はいったい何を意味しているのでしょうか。二元代表制の仕組みが機能していない現状と景気低迷の中での公務員同様の議員バッシングの要素があります。

ただ、議員の報酬はどの程度の額が適正でるのか、定数はどれくらいが妥当であるのか、ここは議論が分かれます。私は、少なくも53人の議員が1100万の報酬でどんな仕事をしているのか、確かめていただきたいと思います。

来年3月の市長選挙、このことも政治争点の一つです。ちなみに私は定数削減には反対です。仕事をしない議員には、市民の皆さんからの徹底したチェック、そして誰でもが議員に立候補しやすい環境作りが必要です。

この記事をはてなブックマークに追加

子宮頸がんワクチン接種後に失神など副作用ありの報道

2010年12月28日 | ニュース・関心事
読売新聞のインターネット報道で、子宮頸がんワクチン接種後に副作用で失神するケースがあることが明らかになりました。朝、街頭演説後に直ちに保健予防課長に連絡。「こうした事態は予想してしていたのか」。

「予想はしていなかった」とのことでしたが、「予算は可決されているが中止するか、否かの判断が問題となる。仮に、執行する場合は、広報用チラシに何と書き込むか。まずは、副作用の事実関係を把握してもらいたい」。

市民グループに行政への慎重さを求める要望の提出や発行したパンフレットを材料に勉強会の開催など、2月実施前の活動について協議していきたいと思います。事実をまず市民の方々に伝えることが第一です。

※※ 読売新聞 インターネット報道

子宮頸(けい)がんワクチンの副作用として、気を失う例の多いことが、厚生労働省の調査でわかった。

 接種者の大半が思春期の女子で、このワクチン特有の強い痛みにショックを受け、自律神経のバランスが崩れるのが原因とみられる。転倒して負傷した例もあるという。同省は「痛みを知ったうえで接種を受け、30分程度は医療機関にとどまって様子を見るなど、注意してほしい」と呼びかけている。

 子宮頸がんワクチンは、肩近くの筋肉に注射するため、皮下注射をする他の感染症の予防接種より痛みが強い。昨年12月以降、推計40万人が接種を受けたが、10月末現在の副作用の報告は81人。最も多いのが失神・意識消失の21件で、失神寸前の状態になった例も2件あった。その他は発熱(11件)、注射した部分の痛み(9件)、頭痛(7件)などだった。

この記事をはてなブックマークに追加

グリーンバード2010年最後のゴミ拾い、ヒップホップGAKU-MCさん参加

2010年12月26日 | ニュース・関心事


グリーンバードのゴミ拾いに、ゴミゼロフェスタの打ち上げ時にメンバーの方に約束していましたが、年度末ぎりぎりで果たせました。充実した時間を味あわせてもらったことに感謝です。継続することは実に大変なことです。

先週の日曜にはサウスキッズの海岸ゴミ拾い、昨日はpopoloのクリスマス企画と若い人たち探検隊気分でした。リーダーの北村さんはじめ創始者メンバーは「地域シゴトの学校」での渋谷区議の長谷部さんたちに刺激されてのもの。

そう考えると「地域シゴトの学校」、そのプロデューサーであった甲賀さんの功績の大きさに今更ながらに感心しました。そういう私もその影響で大道芸の「天使の羽」ゴミ拾いボランティアに参加し続けているわけです。

今日は、何とミスチルの櫻井さんたちとAPバンクなどボランティア活動を続けているヒップホップのGAKU-MCさんも一緒にゴミ拾いに参加してくれました。若い人たちに大変な人気。そのこともあってか20名以上のメンバー。

私の娘、息子がつま恋でのミスチルコンサートの皿洗いボランティアに参加していることをGAKUさんに話しましたらとても喜んでくれました。2月26日には2R推進ゴミ問題シンポにはグリーンバードメンバー

この記事をはてなブックマークに追加

寒いクリスマスにNPO・POPOLOによる炊き出し企画

2010年12月26日 | ニュース・関心事
寒さが身にしみるクリスマス、青葉公園イベント広場にてNPO・POPOLOによるホームレスの方々や貧困を抱える若者、職を失った人々たち相手に、善意あるスーパーマーケットからの食品の無料提供サービスが行われました。

10名近くのメンバーが、葵区のマスコット・アオイ君や大道芸人などの協力の中、ハンドマイクで脱貧困キャンペーンを18:00~20:00呼びかけました。NHKの取材もあり少しずつこうした若者の活動が広がり始めています。

サポートプレイス「羽衣の杜」という「地域のNPOや関係官庁と連携して、低所得者・生活保護者・派遣切りや会社倒産等で生活が困窮している方々への住居サービス」を提供する団体もこの企画に賛同して参加していました。

私もPOPOLOの有識者会議のメンバーですので1時間ほどこのイベントに参加しました。このNPO活動のリーダーの一人は昨年の市議会議員選挙に挑戦するも敗れた鈴木和樹さんですが、今後どのような展開となるのか大きな期待です。

尚、2月12日開催される静岡県ボランティア協会による研修会が開催されますが、その中に「反貧困ネットワーク事務局長」の湯浅 誠さんがメインゲストとなる「脱貧困」分科会があり、POPOLOが事務局とのことです。




この記事をはてなブックマークに追加

第3回国保運営協議会、静岡市値上げ案を示すも次回へ継続審議

2010年12月24日 | ニュース・関心事
今日は今年度最後の松風会主催「ランチトーク事業仕分け 第6弾 国民健康保険制度」に14人も参加があり、結論は「改善」ということになりました。現在、闘病中の方や元気いっぱいの方や介護保険に助けられている方など多様。

ちょうど本日、第3回国保運営協議会が開催されていて来年度予算に向けた値上げ案が示されました。ランチトーク終了後に傍聴。「静岡市医療と福祉をよくする会」「清水・国保料を値下げさせる会」から「値下げ」の申し入れ。

値上げ案の中身は、医療分の均等割額23.300円から25.100円、介護分の均等割り11.200円から11.800円、合計で2400円、1カ月200円の値上げ。根拠は、2011年度の国保特別会計(約700億円)における不足分12億8000万を捻出する為。

医療費伸び分4%、後期高齢者伸び分10%、介護保険び分10%で12億8000万不足するが、基金から2億取り崩し、繰り入れ10億円を13億円、収納率アップで2億2000万、歳出・歳入見直しで1億8000万、残りの3億8000万を値上げ分で、と。

審議の多くは、一般会計繰入金が少なすぎるとの指摘。19政令市中の09年度の一人当たりの繰入平均額は12.402円、全部で25億円を投入すれば、値上げどころか1926円値下げになります。静岡市は、5711円で政令市中14番目になります。

剣持会長から、市民団体からの申し入れや財政当局との再調整など、今協議会では決定せず、次回1月6日13:30からの会議に新提案を検討するようにと継続審議。後期高齢者医療制度の国保制度に戻す厚生労働省案ある中、注目です。


この記事をはてなブックマークに追加

浜岡5号機再開に向けた中電、保安院の牧之原市議会への説明会ー大石和央市議からの報告

2010年12月23日 | ニュース・関心事
※ 大石和央牧之原市議から届いた説明会状況を紹介します。

昨日22日、10時から11時30分(説明・質疑)まで牧之原市でありました。
大石からは時間の範囲内で以下聞きました。

中電に対して
1、仮想的東海地震の震源モデルで、地震動が1454ガル(水平動)だが、これに対して上下動(186ガルと中電答える)が小さすぎるのではないか。
  A:(理解できない説明をしたが、結局計算すれば186ガルになるという)

2、市民への地元説明会は前回と同様各地区(起動前には説明するとの約束)で行なうのか。
  A:市民への説明は4市対協で保安院とともにおこなう。これからも説明をしていくし、要望があればいつでも説明する。

(要は起動前の前回のような中電主催の説明会は行なわないということーーー前回の約束違反)

3、運転差し止訴訟が係争中で、結審を前にして、中電は地下調査が終わっていないと、上申書を提出して裁判を延期させている。耐震安全性が確保されたとは言えないし、5号機の運転は矛盾するのではないか。
  A:(裁判のことは答えず、安全確保を強調)
  Q:プルサーマル受け入れ時は判決が一つの理由にされた。(高裁)判決はまだ。地下調査の段階で安全とは言えない。
  A:-----答弁なし

保安院 原子力発電安全審査課 課長補佐渡辺氏、安全審査官名倉氏に対して

1、地下調査が終了していないのになぜ耐震安全性が確保されていると言えるのか。
 A.揺れが大きかった原因は低速度帯(層)にある。念のための調査で、敷地内と海域での追加調査をしている。

2、今回安全委員会での審査が行われていないが、どのようなルールになっているのか。ダブルチェックはしないのか。
 A.施設設置の安全審査ではダブルチェックが定められている。最近はバックチェックに関しても適用されることになった。それ以外は任意で、ダブルチェックの必要性は安全委員会が判断。

3.仮想的東海地震の震源モデルで、1454ガルの地震動に対して、8施設の強度確認となっているが、他の施設の評価がなされていないが大丈夫か。
 A.一番揺れの大きなものを評価しているので、事は足りる。むしろ想定東海地震においては余裕が出ている。

4.この地震動で地震動が15秒ほどだが、実際は1~2分といわれているが、大丈夫か。また施設の強度について100%安全といえるのか。
 A.中電の資料ですね。その図からは分かりにくいでしょうが、もっと長い(渡辺)。原発にとって影響ある地震波は短周波。この図はこの波型を取り出しているもの。これでの評価で可能。(名倉)

(ーーーーこのような意味の説明だったと思います)

5.(あなたたちは知らないだろうが)静岡空港の需要予測のようなもので、数値は都合良くいかようにもなるのではないか(会場から笑い)。 (これまでの)説明で100%安全なのか。
 A:原子炉設置の審査及び最近の知見に基づいて判断したもの。

6. (時間が迫り)疑問はまだある。文書による質問を出しても良いか。
 A:(渡邉)どうぞ。

 以上

この記事をはてなブックマークに追加

浜岡原発5号機は東海地震に耐えられるのか

2010年12月22日 | ニュース・関心事
昨年8月の駿河湾地震で想定外の地震動となった浜岡原発5号機ですが、経済産業省原子力安全・保安院のバックチェックの結論も出ないうちに「東海大地震でも大丈夫」宣言。御前崎市議会も運転再開を了承しました。

市民団体からは「4号炉が新耐震審査指針による安全性確認(バックチェック)がなされていないとして2年間の延期方針が出ているのに、駿河湾地震で4号機よりも地盤が不安定な5号機が何故再開されるのか」と批判。

世界のすう勢は「脱原発→自然エネルギーの時代」。実際、中部電力は静岡市清水区に8000kW発電所を2012年着工、14年完成を目指しています。固定買取制度をもっと活用すれば原発なしの電力供給は可能です。

そもそも、核燃料サイクルは破綻しています。青森県六ケ所村の原発の使用済み核燃料の再処理工場、2010年10月完成は運転試験のトラブル続きで2年の延期。一方、プルトニウムによる高速増殖炉もんじゅも問題続き。

95年のナトリウム漏れ事故から15年経て2010年5月無理やりの運転再開もまたもや事故で2013年に延期。原子力大綱の見直しは必至の状態です。ところが、新政権は国内原発推進とアジア輸出にかじを切りました。

静岡県を原発震災から守るためには、「脱原発」の流れをと、1月29日上関原発反対運動のドキュメンタリー映画『ミツバチの羽音と地球の回転』を監督の鎌仲ひとみさん招いてサールナートホールで上映会を開催します。


この記事をはてなブックマークに追加