まつや清の日記

静岡市議会議員まつや清の日常を毎日更新!

県知事選挙、あと4日間のデッドヒート、明日は市議会厚生委員会です!

2009年06月30日 | ニュース・関心事
各マスコミの世論調査が次々と報道される中、坂本、川勝デッドヒート、追いかける海野、平野はほぼ共通した分析となっています。静岡県民の選択があと4日間の間で決定されていきます。

そんな状況を横目に明日は、市議会厚生委員会、1日拘束されます。細菌性髄膜炎ワクチンに関する陳情、病院局、保健福祉こども局の経済対策など各種予算、そして、障害者、介護保険、自殺対策報告です。

今日は質問作りで、アップアップです。明日が終わったら選挙モードに突入ですね。

この記事をはてなブックマークに追加

横浜中田市長との「分権」連携にノーコメント、小嶋市長

2009年06月30日 | ニュース・関心事
12分の長さの質問は意外にむずかしい、ことがわかりました。宮沢議員とまつやで13分、12分と25分の会派枠をわけました。これからは25分ということで交代で質問するか、検討したいと思います。

市長答弁は、26日の鈴木議員とほぼ同じ中身で、市長会枠を飛び出さない、ものでした。政令市横浜市中田市長氏らとの連携についてはノーコメント。小嶋市長らしい対応でした。本当に残念です。

湯水のように国からおりてくる交付金、古い「ハコモノ」景気対策でなく、成熟社会における「NPO,NGOなど公益的な市民参画型事業」をこれからの経済社会のリーディング産業に育てるために投資をすべき、では?

経済局長や生活文化局長答弁では、受け入れられる要素があることを確認できました。市民事業にお金を回させるために静岡市のコミュニティビジネスの仲間が、みんな集まるイベントやりたいですね。

※※ この原稿は今日の質問原稿で、この通りには進んでいません。ご注意ください。

<市長の政治姿勢について>
 通告に従いまして、第1に景気対策・財政危機・分権、及び県知事選挙と県市長会に対する市長の政治姿勢について、第2に清水市民文化会館事業について質問いたします。
 昨年のリーマンブラザースの破たん、「100年に一度の経済危機」の中、「世界が一つの政府」であるかのように「破格の財政出動」を繰り広げられています。14兆円という戦後最大の補正予算は10兆円が借金です。国・地方の借金残高は、計算手法ありますが、1000兆円と先進国最大債務国となっています。新自由主義・小泉構造改革路線=「官から民へ」「小さな政府」路線は事実上「不況対策という緊急性」によって、誤りを総括しないまま「なし崩し的」に「大きな政府」路線に転換し始めました。日本郵政の社長人事抗争、「骨太2009」で社会保障費2200億円削減中止、地方制度調査会の「平成の合併終焉宣言」はその象徴的事例です。
「規律なき財政出動」は、「官から民へ」から「民から官へ」と中央集権への逆戻り、「ハコモノ」景気対策に逆戻り、「衆議院選挙意識した」ちぐはぐな社会保障費の増額、ある意味、ミニバブル、一時的「景気の底入れ」宣言に至るわけです。その先に消費税の大増税が待っているとなると果たして、このような施策でいいのか、大きな疑問符がつきます。そこで、 
一回目
1、 借金、消費税の大増税を前提にして編成された国の補正予算につて
市長はどのように受け止めているのか。
2、 国の補正予算に盛り込まれた「経済危機対策臨時交付金」及び「公共
投資臨時交付金」の活用に当たって、市長はどのような指示をされたのか。

<県知事選挙と県市長会>
<一回目>
1、 県市長会として、県知事候補者に対して、負担金廃止、医療費助成、医師確保など3点にわたる意見書を提出されました。
先週、政令市、中田横浜市長、橋下大阪府知事らが国政選挙で「地方分権」を政治争点に各政党に対応を迫り、「永田町と霞が関」タッグのいまだ中央集権構造のこの「国の形」を変えようと、地方六団体のレベルをこえる政治運動を呼びかけました。県知事選挙への県市長会の提起はこうした先駆け、はじまりか、と期待感を抱かせてくれました。しかし、26日の鈴木議員への答弁を聞く範囲では、残念ながら市長会止まり、と少しがっかりしました。浜松・静岡2政令市登場で県の位置は相対的低下しています。その意味で政令市長である小嶋市長が、どのような政治的意図をもって行ったものなのか、あらためてお聞きしたい。

二回目

市長にお聞きしていますが、財政局長からの答弁です。残念ですね。どうして、市長に答弁してもらえないのか。ならば、総務省出身の局長にお伺いします。

先ほどの補正予算へ答弁では、国の言い分そのもの受け入れ、「集権への逆もどり」「規律なき財政出動」「消費税導入」への危機感は、あまりないように聞こえました。私は、この大不況を乗り切るためには、徹底した分権型社会への移行、徹底した無駄遣い排除、「小さな政府か大きな政府か」でなく「官、民の二極構造からNPO,NGO、市民を軸にした公―共―私三極楮のあらたな政府像の構築が必要であると考えています。

1、 分権的観点①から2点
この補正予算は、この「不況対策という緊急性」が「民から官」=集権性への逆戻りになってはいないか、危惧するわけであります。第2次補正の定額給付金は、「景気対策か福祉対策か」明確にならないまま、「全額が国の補助金であるのに自治体の固有事務、実態は自治体を国の下請け機関化する集権復活、矛盾だらけの施策でした。
今回は5月29日国会通過ですが、計画提出締め切りは6月30日、たった1カ月で経済危機交付金17億円の事業計画を策定せよ、です。時間なき事業案づくり、全額、国で持つからという無責任な予算編成にもつながり危険もあります。こうした予算編成の繰り返しは、自治体を国の下請け化していく、分権の流れに逆行するのではないか、お伺いします。

2、 分権的観点②
一方で財務省の諮問機関である財政制度等審議会は、6月3日、「税源移譲論は地域格差を増す」論など、地方6団体としては看過できないような「平成22年度予算編成の基本的な考え方」を答申しています。
兵庫県知事があまりであるとして、分権の立場から反論をホームページに掲載しています。政令市財政局長として、この審議会の考え方をどう受け止めるか、批判をホームページ等で公表する考えはないか。

3、 投資すべき事業①として3点
今回、緊急経済対策追加補正64億円を提案しています。グリーンニューディールも一部含まれますが、従来型の「道路事業などハコモノ」景気対策に29億円です。問題は、時間がないな、確かにない、しかし、こんなに莫大な税金が湯水のように、市長と各部局担当者だけで決められていいのか、これだけの税を従来型景気対策に投資するなら、市民の力を生かす、市民社会を豊かにする、公益性をテーマにした市民参画型事業への公的支援、投資を行うべきと考えるが、いかがでしょうか。成熟社会における市民参画型事業を新たな経済活動分野のリーディング産業に育てていく必要があります。

例えば、静岡市は200億円、100億円借金の西ヶ谷清掃工場を建設しています。環境系市民グループでは、家庭から出る生ごみの堆肥化事業を市民事業としてやりたいという提案をしています。これらを生かせば、大きな清掃工場でなく、過大な税支出を抑制し、脱焼却=脱埋立の循環型社会が生まれてきます。

4、 投資すべき事業②
生涯学習事業として「地域シゴトの学校」という、公益性のある市民活動を収益性のある市民事業に変える「ソーシャルアントレプレナー」を育てる事業がもう5年目に入っています。私も3期生として参加しました。5年間に20ほどの事業が提案されています。「地域シゴトの学校」事業の評価はどうされているのか。

5、 投資すべき事業③
先日も見る機会がありましたが、元葵小学校活用しての市民のクリエイティブ活動を応援するクリエイティブ支援センターの現状についてどのように評価しているのか、今後どのような展開をしていくのか、お伺いします。

県知事候補への要請>
二回目

1、  市長の政治姿勢、期待していいのか、どうか、迷うところです。そこで、負担金問題、09年度国直轄43億円、県8億7000万ありますが、「廃止は当然」との答弁ですが、国、県に対しても具体的に廃止に向けた行動はどう展開されるのか。また、横浜市長などとの連携も視野に入っているのか、期待を込めてもう一度お聞きします。
2、 知事候補者に要請、逆に複数の候補者が政策に掲げる「県幹部の天下りの禁止」を掲げています。どなたが知事になるかわかりませんが、市長は「市幹部の天下り禁止」への考えは持っておられるのか、どうか。市幹部の文化振興財団のあっせん、そして肥大化する指定管理者制度への委託事業、検証が必要であると思います。

三回目
 市長に要望3点。
1、 市長は、総合計画懇話会で、私は2回傍聴しておりましたが、市民が計画を作っていく重要性を何回も強調されました。大いに歓迎です。環境重視の循環型地域経済につなげていく市民参画事業について、経済局長も生活文化局長も取り組みに前向きな答弁でした。
市民活動協働市場や協働パイロット事業も既にありますが、あまりに予算が少なすぎます。NPO,NGOグループは、各担当職員に負けないくらいにアイディアは十分に兼ね備えています。もっと情報をなげかけ、市民事業を新しい経済活動分野へ育てていく方向を持っていただきたい。

2、 横浜市長らとの連携も模索すべきではないか、を要望しておきたい。静岡・浜松2政令市を抱える静岡県の行政構造は、これまでの県行政の位置を相対的に小さくしていくわけです。政令市市長としての小嶋市政後半の2年間の課題は、まさに、私は、分権、静岡県だけでなく国全体に関わる分権にあると考えております。期待したいと思います。

3、 本会議で市長は全ての議員に対して答弁すべきことを要請しておきたいと思います。二元代表制、基本的に少数意見を代弁する議員と多数意見を代弁する市長は対等。与野党に多少の差があってもいいとは思いますが、「あるべき地方政府」像を標榜するなら、全議員の質問に答えるべきです。2日間、ずっと市長を観察してきましたが、眠っているのか、眼をつぶっているだけなのか、よくわかりませんでした。

以上で質問をおわります。

この記事をはてなブックマークに追加

清水文化会館のPFI事業をだたしました

2009年06月29日 | ニュース・関心事
建築資材の高騰分9億円、下落しているのにそのまま払われることに多くの市民が怒っています。何とか問題を浮上させたかったのですが、傍聴してくださった方々の反応はどうだったのでしょうか。


<清水文化会館について> 
 臨時議会において、この契約案件に対して会派「虹と緑」として、
1、 競争原理の働いていない入札審査
2、 建築資材が下落しているのに28億円上乗せ126億円をそのままの契約
3、 「賑わいの創出」など不十分な購入サービス内容
4、 PFI手法採用の疑問
5、 情報提供の不十分さ、議会軽視
ということから、6月議会での再提案を求めて反対しました。一度提示したものだから下げられないという「お役所仕事」に多くの市民は納得していません。契約書には、議会が否決した場合は、入札のやり直しができるとあります。「議会の責任」も重いと言わざるをえません。
その後、市民グループの情報公開請求などにより、入札失敗の責任も取らせないままUFJにアドバイス料3600万が支払われたことや、開業準備費が、PFI手法で3150万、従来手法より950万も多いという無駄使いも明らかになっています。
VFM2.0を導き出した最終の計算書が手元資料です。行政支出は、右下下欄で従来手法が69億8200万、PFI手法が71億円と従来手法より1億1800万も高い。4%の割引率計算でVFM2%9300万が生まれるとしていますが、先の無駄遣い考えるとVFM効果ははなはだ疑わしい事業となっています。
一回目
「1」 PFI手法
1、 審査会委員の指摘について、本契約締結以降、事業者とどのような協議を行ってきたのか。
2、 資料の下段資料を見てください。第1回目の入札公告で単価47万円とした施設整備単価を、再入札公示においては、2回にわたって増額修正しています。なぜ2回なのか、大きな謎です。建築資材高騰で応募者がなかったというなら、1回の高騰分の増額で済んだはずです。そこで、まず1回目の単価47万円を56万に増額している理由は何か、お伺いします。
3、  更に56万円に建築資材高騰分1,12倍して63万にしています。資材高騰そのまま本体価格に連動するかは疑問ですが、それは置きます。この高騰分増額は約9億円です。この増額分と同額が、今回の補正予算で不況による法人税9億円もの還付金として予算化されています。市財政の極めて厳しい事情は皆さんご承知の通りです。
設計協議や建設が始まりますが、こままだと契約価格と事業者の工事費に9億円も差が出ます。不況で苦しむ企業が多い中、このような契約がまかり通ることに納税者は怒っております。こうした世論を考慮して、施設引き渡し時に物価下落分の価格交渉を行うことは検討しないのか、お伺いします。

二回目
「2」 PFI手法
1、 ハード部分での協議は終えたとのことですが、審査委員会に指摘された賑わいの創出等不十分なサービス内容に、今後どのような姿勢で臨むのか。
2、 47万→56万問題ですが、47万は、06年2月の可能性調査の古いデータを安易に活用した文化振興課の失策です。その後に全国事例63事例から28事例の形式的平均値56万に増額、何故か、更に建築資材高騰分1,12倍して2回もアップする、「官製談合」の疑念すら抱かせる不透明さがあることを指摘しておきたい。
次に、指定管理者制度での維持管理費については、手元資料を見てください。従来手法では維持管理・運営費年2億7060万、PFI手法で年2億4100万円です。PFI手法では、利用料金3273万が加算されますので、PFI手法が2億7373万と300万高い。こんな従来手法より高額な委託料で、購入サービス水準アップへの民間インセンティブは本当に働くのか、お伺いします。
3、 この事業の最大の問題は、果たしてPFI事業として妥当性があるのかどうか、です。合併特例債77億円が活用され、民間のファイナンスリスクは126億のうちの7億1000万と極めて低い。この7億1000万は15年に渡って、元金、利子分併せて、毎年、施設整備サービス費5600万、計8億4000万支払われます。この程度の民間リスクでPFI事業として妥当であるのか。従来手法で十分に対応できたはずです。その点、お伺いします。

この記事をはてなブックマークに追加

明日は10年ぶりの静岡市議会総括(個人)質問

2009年06月28日 | ニュース・関心事
明日は10年ぶりに、小嶋市長と本会議で質疑を行います。臨時議会では、反対討論で議場を見渡すことが出来ましたが、今回はどんな風景に見えるのか。会派制が質問にまで及んで「虹と緑」に25分、宮沢議員が13分、私が12分です。

明日、午後13:00頃と思います。私の前の質問者は宮沢議員です。

質問項目は
1、国の借金頼みの戦後最大の補正予算を受けて、小嶋市長は64億円の追加経済対策臨時交付金 公共投資臨時交付金をどのようなスタンスで編成したのか。

2、静岡県市長会の代表として、県知事候補者に負担金廃止、医療費助成、医師確保を申し入れた小嶋市長の政治的目的は何か。

3、建築資材高騰を理由に98億円から126億円に増額、下落しているのに126億円で契約というPFI手法の清水文化会館事業をどう考えるか。

この記事をはてなブックマークに追加

県知事選挙公報に見る静岡空港への政策

2009年06月27日 | ニュース・関心事
県知事選挙公報がが各家庭に届きました。市議会議員選挙スペースとはかなり違って面積大きいです。期日前投票が3万6000人、関心の高さをうかがわせます。マスコミ各社、政策ジャンル別候補者紹介でかなり情報は提供してくれています。

平野定義さんー搭乗率保証など、静岡空港へのさらなる税金の投入は中止。

海野とおるさんー見込みの薄い新幹線空港直下駅計画案を転換、在来線接続で現実的な交通利便性の確保 格安航空誘致

川勝平太さんー富士山静岡空港を積極活用して、人が集う・おもてなしのある静岡県にしよう

坂本ゆきこさんー静岡空港政策の記載無し

静岡空港に反対してきた有権者の方々がこの県知事候補者の方々の空港政策で判断するとしたら、どの候補者に向かうかは、明確です。しかし、この政策だけで判断する人ばかりではありません。

意外に、中部、西武、東部のエリア別選択判断は強いものがあるようです。そして、政党や応援している勢力の評価で違ってきます。ネット上での選挙運動は禁止されている中、情報収集をどうするか。やはり、自ら動くしかありませんね。

※写真は、ラペック静岡で開催されたプラムフィールド10周年パーティ。関係者がモデルのファッションショーが最高でした。

この記事をはてなブックマークに追加

地方制度調査会「平成の合併終焉宣言」横目に、前由比町長・望月議員の質問

2009年06月27日 | ニュース・関心事
あまりにも冷たい答弁というか、小嶋市長は答弁もしなかった前由比町長・望月議員への質問。元由比町の町舎を防災拠点として活用できないのか、このことは合併協定の約束項目であると。

望月議員が、へりくだって由比町との合併を受け入れてくれた小嶋市長、松村副市長への感謝に始まり、「いま、由比町民は静岡市民になるよう頑張っている」とまで言いのけたのに。

そこまで、何故言うの?思いながら。そして、展開したのが先の内容。しかし、防災拠点は生涯学習センターで、小学校の活用、維持費を考えると元由比町町舎は民間売却も検討対象、という財政局長の答弁。

思わず、市長答弁!を叫びました。自民党剣持会長が「気持ちはよくわかった」と不規則発言。平成の大合併の実像が今日の望月議員質疑に象徴されていました。やはり、合併でよかったのか、由比町!です。

今日の質問者は、望月議員(清水区、自民党)、山本議員(駿河区、公明党)、山本議員(葵区、共産党)、大村議員(清水区、自民党)、後藤議員(清水区、新政会)、山根議員(清水区、清庵クラブ)、内田議員(清水区、共産党)、鈴木議員(葵区、共産党)、浅場議員(駿河区、自民党)でした。

この記事をはてなブックマークに追加

東国原宮崎県知事、橋下大阪府知事、中田横浜市長、「地方分権」争点に「殴りこみ」?

2009年06月25日 | ニュース・関心事
東国原宮崎県知事、橋下大阪府知事、中田横浜市長軸に20人の自治体首長が「地方分権」を争点に国政選挙に「物申す」政策集団(新党という説もあります)として、立ち上がるとのニュース。

こうした首長の動きは、都道府県知事会が小泉内閣当時、学校の教育関係の補助金をめぐり意思決定で採決した時以来の新たな動きです。「自民党ー民主党」二大政党制の強まりの中で注目すべき事件です。

政令市小嶋市長をこれをどう見ているのでしょうか。市議会本会議8人の議員が質問、小嶋市長、眠っているのか、目をつぶっているだけか、よくわかりませんでしたが、田形議員が用宗駅の整備を第2次総合計画に載せるか、否か、の質問のときに眼はバッチリ。

県議会では、知事のリーダーシップは明確であったので、議員の質問には必ず知事が答えています。勿論、答える項目が多いとか、長いとか、これは与野党で区別はありました。その点で、市長答弁無しは不思議。
質問した議員が答弁に対して意見を言わないのも不思議。

市長に質問しないのも不思議。二元代表制ですから、市長は議員に対してきちんと敬意を表し、自ら答弁すべきです。

質問した議員は、水野議員(清水区、新生会)、繁田議員(葵区、自民党)、佐野議員(葵区、市民自治福祉クラブ)、小野議員(清水区、公明党)、井上議員(駿河区、公明党)、池邨議員(駿河区、新生会)、寺尾議員(駿河区、共産党)、田形議員(駿河区、自民党)。


この記事をはてなブックマークに追加

小嶋市長、もっとリーダシップ発揮してほしい!私だけの思いか?

2009年06月24日 | ニュース・関心事
第2回目の総合計画懇話会が市長公室で開催されました。明日から市議会本会議で総括質問、25人という約半分の議員の質問という盛況ぶりですが、質問準備の合間を縫っての傍聴でした。記者2人、市民3人。

市長公室での協議会はいいですね。会議室の雰囲気もいいし、椅子もゆったりしています。専門家委員の方々が時代の趨勢をあらわす項目と戦略プロジェクト13項目の関係をめぐっての議論が大半でした。

戦略プロジェクト13項目には、第1次総から継続のもの、各分野で重点的なもの、各分野の横断的なものの3種類がちりばめられていてわかりにくい、という意見が多くの方から出されました。

発言を求められた水谷委員は「専門家会議の中でも同じ議論がなされているが、戦略プロジェクトは、(市政運営上)高次な決定であり、専門家会議が決定できるものではない」と。まさに市長のリーダシップ!

佐藤会長が「市長としては何をやりたいか」に「自分としては出来るだけ出さないことにしている、出してしまうと(議論が)そこで終わってしまう」という極めて消極的な発言。これでは官僚は楽しますよ。

小嶋市長、市民のリーダーです。市民はリーダーシップに期待してます。議論したいのです。市長は「選挙で選ばれている立場での発言の意味」も語ったわけです。政令市長、残りの2年間、頑張ってほしいぞ!

この記事をはてなブックマークに追加

足利事件・菅家さんの再審決定

2009年06月24日 | ニュース・関心事
本日の東京高裁の再審決定されるも菅家さんに喜びの表情なくの報道見出し。東京高裁が「何故冤罪が生まれたか」「DNA鑑定の誤りは何故生まれたか」に関しての弁護団からの審議要求を受け入れなかったため、のようです。

菅家さんのしずかな怒りが伝わってきます。

この記事をはてなブックマークに追加

静岡市の「官製」ワーキングプア

2009年06月23日 | ニュース・関心事
静岡市人事課より、いわゆる「官製」ワーキングプアに関する資料をいただきました。すごいですね。こんなに、非常勤、臨時、パートさんが市役所に6000人の職員の中で働いていたとは。

非常勤嘱託、臨時職員、パートタイマー06年で2342人、07年で2480人、08年で2586人。毎年、増加してきています。行政改革で職員減らしたといっていますが、結局、人員数は変わらない?

こうした人たちの支えなくして市役所仕事は成り立たないということなのか、とも思います。しかも、賃金は一般職員に比べて低めであることは言うまでもありません。同一労働=同一賃金の原則はどうなるか。


職員を減らすというより、増えている「非常勤ー臨時ーパートタイマー」の現実をきちんと把握し、「大きい政府」か「小さな政府」を超える政府構想をきちんと確立することなんだと思います。

この記事をはてなブックマークに追加