まつや清の日記

静岡市議会議員まつや清の日常を毎日更新!

川勝知事の高田陣営へのちょっと驚く「肩入れ」本日の静岡新聞広告

2015年03月05日 | 静岡市・静岡県

形は高田都子(ともこ)氏の兄である隆右氏の出版本『転換にアクセルを踏む』の以下の帯文。「日本一の霊峰をめざし、風と雲を巻き上げて、天に昇る龍のごとき、薬局業界のベンチャー風雲児(と、その妹)の熱血の半世紀。妹が素晴らしい。寅さんの妹サクラよりずっとステキだ。常若の美しさを保ち、命かがやく健康の夢をかなえてきた静岡の男女が、ここにいる」。本日の代表質問への田辺信宏市長答弁、意識した発言繰り返す。

川勝知事 推薦文  

高田隆右氏 プロフィール

書籍紹介

 


この記事をはてなブックマークに追加

石川知事、五選のハードルの高さ

2008年01月04日 | 静岡市・静岡県
 石川嘉延知事がマスコミ新春インタビューで五選問題について語ったようです。毎日新聞は「石川知事、五選へ意欲 多選批判見極め判断」、朝日新聞は「五選に慎重 「ハードルは高い」」と見出しは全く逆となっています。

 毎日新聞はインタビューの内容は後日詳しく報道するとして、自民党関係者のコメントも取っており、この知事発言を重く受け止めている節がうかがえます。おそらく同じ趣旨の発言をしたのでしょうが、取材姿勢によって内容が変わります。

 いずれにしても、石川知事が2年後の知事選挙をにらんで観測球をあげて、世論の反応を見極めようとしていることはまちがいありません。問題は、民主党です。参議院選挙で逆転した国会で、静岡県政にどう対応するのか、です。

 誰が考えても石川知事に対抗馬を出すのが野党第一党の政治的責任です。衆議院静岡1区で連合推薦を願い出た牧野修聖前衆議院議員、おそらくは推薦を得られるのでしょうが、これまでの反石川の姿勢はどうするのか。

 石川知事の民主党の足元を見すかしてのアドバルーン。次の問題は共産党が1区でどうでてくるのか、知事選でどう対応するのか。勿論は、人のことより私たちがどうするのかが、一番の問題であることは言うまでもありません。

この記事をはてなブックマークに追加