マツワデ10キロ

釣り日記はコチラから↓↓
http://www001.upp.so-net.ne.jp/matsuwa10kg/

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Fiji 旅行記(7)

2009年01月06日 | 旅行や温泉
そして島を去る日は何故か朝5時からモーニングコール。
寝ぼけてる上に英語だから何言ってるのかさっぱり。

「○×△※フィッシング○×△※オッケー?」

今日は「ここでしかできないんだから」との優しいカミサンの言葉に甘え、
スポーツフィッシングなるアクティビティに申し込んでいたのだった。

「オッケー、オッケー」

と言って切ると、しばらくしてまたコール。どうやら今すぐに来いと言っているようだ。

確か昨夜確認した時
「6時出発だから5時45分に集まって」
と言っていたはずだが、仕方無しにバタバタと集合場所に。



受付でサインすると小船(池のボートみたいなの)に乗れと言う。
カミサンはこの船?と不安顔



しかし遠浅なので少し沖に停泊している船に渡る為のものだった。
といっても停泊しているのもかなり小さいw



途中の島でもう1人ピックアップしていくとの事。
ピックアップして6時開始だから時間が変わってたんだね。

途中、海岸線から朝陽が昇り、ずんぐりキャプテンが写真撮ったら?というので。



オージーの釣りバカ、デュランを別の島でピックアップして3人で



デュランは2週間バカンスでここに来ているらしい。
なんか日本人ってこういう休暇の取り方できないよね。



しばらく沖合いに走り船を微速前進させデュランに舵を任せます。

キャプテンが4本の竿をセットしルアーを付けると、
絡まないよう放り投げていきます。





フィジーの親方猛獣船長





ひたすら引っ張る。



釣果については国際条例に付き公表できかねます。
「モウイッカイヤルゥ?」

10時半に島を出るので慌てて戻ってきました。
多分こんなルートだったのでは?





ありがとう。さよなら、船長
この黄緑の船が今回お世話になった船です。



ちなみにこの島には「スポーツフィッシング」と「ラインフィッシング」というのがあり、
2mオーバーの大物狙いは前者、30センチ位の小物狙いは後者

どちらも毎日4名以上集まれば出るようです。



もちろん釣りですのでボーズありますw


>TO BE CONTINUED
 
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« Fiji 旅行記(6) | トップ | Fiji 旅行記(8) »

旅行や温泉」カテゴリの最新記事