団塊世代MACCHAN(まっちゃん)の、<人生これから>だよ!

リタイア後10年経過。少ない年金生活でも、人生を面白がる楽しみ一杯の毎日を過ごせる。健康と家族と友人を大切にして生きる。

「浜松市民合唱祭2016」へ参加

2016-10-31 | 男声合唱(合唱)
毎年秋恒例の「浜松市民合唱祭」が、昨日ハロウィーンで賑わう浜松駅前のアクトシティー浜松中ホールにて開催された。正式名称は第14回浜松市民フェスティバル「浜松市民合唱祭2016」で、「音楽の町」を標榜する浜松市が主催する。合唱祭自体は回を重ねて21回目になり昨年より5団体多い63団体が参加した。

舞台への出入りを含めて演奏時間は一団体8分間と制限されているが、朝10時から始まり63団体全てが歌い終えて全体講評があり夜8時の閉会までは10時間の長丁場。運営スタッフは各団体から集ったボランティアの実行委員と運営委員で、すべての裏方を支える。Macchanは今年も実行委員として、所属する団の演奏時を除いて舞台進行を担当した。

この合唱祭には毎年音楽界および合唱界から4人の講師が招かれ、出演各団体それぞれに各人A4用紙に1枚ずつ演奏評価を書いて終了後録音CDと共に渡されるのが特徴だ。合唱の啓蒙活動の一環として行われていると理解しているが、出演63団体全ての演奏を聴いて講評を書いてくださる活動にはいつも頭が下がる。日ごろの指導者とはまた一味違った本質をつく指南に加えてお褒めの言葉も必ず一言入っていて、出演団体としてはとても有難く励みにもなる。

プログラム全体が4ブロックに分かれていて、Macchan所属の「浜松男声合唱団」は最後のDブロックの54番目に出演した。指揮者Wさんと団員17名で、練習研鑽中の男声合唱組曲「雪明りの路」(伊藤整作詞、多田武彦作曲)からⅠ春を待つ・Ⅲ月夜を歩くの2曲をアカペラで披露した。この組曲は来年1月末に開催される豊橋の男声合唱団ふんけんくらぶの演奏会での1ステージで、「三遠南信の男声合唱団」3団体が中心になって「100人の大男声合唱」を楽しむ予定だ。

多くの団体が参加するこの合唱祭には十分に練習できる部屋がないので、身体をほぐして声出しをするのはいつも夕暮れのホール前広場屋根下だ。

出演直前の15分が各団に割り振られた最後の練習時間。リハーサル室前で部屋が空くのを待つ。

舞台袖に入るまでの10分位は、舞台横ロビーで過ごす。

出演8分前に舞台袖に入って、心地よい緊張感?を味わう。

合唱祭終了後は、いつもの「打ち上げ」と称する有志11名参加の「飲み会」を駅前の飲み屋で開催。講師評を回し読みしながら、2時間のワイガヤを楽しんだ。

(講師評)原文のまま

魚路恭子(作曲家)
よくまとまった、やわらかい音色が印象的でした。
詩がはっきり聞こえてきて良いのですが、音を伸ばしている時に響きがやせてきてしまうので、発声に力を入れると良いと思います。
「こう演奏したい」という意思の伝わってくる、コトバの内容にあった音色のハーモニー、とても素晴らしかったです。歌心あふれる心温まる合唱をありがとうございました。

鈴木正紀(合唱指揮者、元静岡県合唱連盟副理事長・中部支部長)
まず皆さんの良い声作りに感心。基本的に不要ヴィブラート極力廃して大変好感が持てます。
ですので多田の叙情的な曲のメロディーラインとセカンドテナー以下3声のハモリがきちっとしていて、「ことば」がしっかり伝わってきました。
また男声合唱にも精緻なデリケートな音楽が可能だと知らされます。こういう男声合唱が浜松にあることが素晴らしいと思います。ありがとうございました。

芹澤卓弥(合唱指揮者、静岡県合唱連盟理事)
響きをもった柔らかい男声合唱はすてきですね。一つ一つ詩をていねいに歌い、私たちをすてきな響きで包み込んでいます。
たまにピッチが気になりますが、それもみなさんの気づかいからくるものと思います。
しかし本当に男声合唱はいいものですね。すてきな男声合唱をありがとうございました。益々がんばってより良い男声合唱を届けてください。







  
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タマスダレが川底に? | トップ | 紅葉前線、大町エコノミスト... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

男声合唱(合唱)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL