団塊世代MACCHAN(まっちゃん)の、<人生これから>だよ!

60歳でリタイア後9年経過。年金だけに頼る生活でも、楽しみ一杯の毎日を過ごせている。健康と家族と友人を大切にして生きる。

豆まきは梅雨入りと共に

2017-06-09 | 農作DIY

豆撒きは節分にやるもの、大豆や黒豆の豆蒔きは植え替えが必要なMacchan畑では、毎年梅雨入り前後に行っている。直播(じかまき)では発芽時にハトやカラスにほとんど引き抜かれてしまうので、この地域ではネットで覆って苗を育ててから梅雨明け前に2本仕立てで植え替える人が多い。

キャベツやブロッコリを育てる時にモンシロチョウから守るために購入した防虫ネットを、この何年かは豆の発芽時の鳥害から守るために流用している。カマボコ型の支柱も同じく流用し、今年は大豆と黒豆合わせて1000粒位5cm間隔位で蒔いた。

梅雨入りは予報通りで土のよいお湿りになったので、順調なら数日中に発芽して来月中旬ころの梅雨明け迄には育った苗を先日来スギナを退治しているスペースに移植する予定だ。

今年はいつもと異なる小型のサボテン紅白2鉢が、なんと同じ梅雨入りの日に開花した。開花後2~3日の短い花の命だが、雨を期待したわけではなかろう乾燥を好む植物が今の時期咲いたことに驚きだ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 梅雨入り、菖蒲と紫陽花の季... | トップ | 電子音に囲まれて »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

農作DIY」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL