団塊世代MACCHAN(まっちゃん)の、<人生これから>だよ!

リタイア後10年経過。少ない年金生活でも、人生を面白がる楽しみ一杯の毎日を過ごせる。健康と家族と友人を大切にして生きる。

屋根&外壁塗り替え終了

2017-07-15 | 日常

梅雨末期特有の集中豪雨が、九州北部をはじめ局地的に襲い大きな被害をもたらしている。昨日は隣の愛知県犬山市でも洪水があった。

Macchanが住んでいる静岡県西部遠州地方は、この数週間天気情報を見ていると気温がやや低めで梅雨前線の雨雲が近づいてくると消えてしまう特異な現象が起こっている。大被害地域の方々には申し訳ないが、例年の梅雨に比べると暮らすものにはありがたい。しかし暑い季節には暑く、降るべき季節には降らないと困る人々も多かろう。

先月初めの梅雨入りから、Macchanちでは25年ぶりの「屋根&外壁塗り替え」工事が始まった。地域友人から建設会社の下請け工事がメインの塗装屋さんの紹介を受け、「本来の仕事の合間をぬってボチボチやる」ことを条件に格安にしてもらった。

しかしいいことばかりでもない。雨で仕事ができないことも含めて工期が長くなり、足場シートや養生シートでぐるぐる巻きにされた家は蒸し暑さと鬱陶しさで少々参った。足場があったので「2階の戸締りもしっかりしてくださいよ」の忠告に従って、外出時や夜間もまじめに実行したことも拍車をかけた。

工期1ヵ月半、今朝から梅雨明けを思わせる快晴の真夏日の空の下、足場の撤去作業が始まった。親方と2人の息子さんを含み全従業員5人の家業だが、親父さん譲りの真面目で腕のよさそうな職人集団だ。無駄口はたたかず礼儀正しく、実質2週間いい仕事をしてもらってありがたい。お薦めのエコクールという遮熱屋根塗装のお陰で、太陽燦燦の今日でも2階の温度差は3度程度で、従来の5~6度差より少し小さく階段を上がっていくとムッとするということはなくなった。

それにしても真夏でも天気のよい日にしかやれない作業は、植木屋職人と並んで体力的に厳しいのではないかな。いやぁ、みなさんご苦労さんでした。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「静岡県男声合唱の集い」最... | トップ | 梅雨明けの日の「遊び小屋」デー »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (はげたか)
2017-07-17 10:30:22
屋根と外壁の塗装って、そんなに大変なんですね。
うちも20数年になるけど、なんにもやってないな・・・。
子供達があとをどうするかわからんし、おれ達だけのことならあと10数年だから、どうでも良いやと放っりっぱなしです。

それにしても工期1カ月半は長いね。
娘のプレハブは、なんと・3日間で、躯体立ち上と・壁張りと・二階の屋根までの設置をやっちゃいましたよ。早い!早い!
娘宅の完成とMacchanちの塗装仕上がりとが、良い勝負かもです(笑)。
工事現場監督 (Macchan)
2017-07-17 11:54:27
監督じゃなかった、監視人だったね。たかちゃん暑いのに頑張ってるねえ。
一昨日足場が撤去されて、快適に暮らしてますよ。
屋根の遮熱効果がある塗装が効いてるような気がする。
そうさねえ、雨が漏るわけじゃないないからそのまま10年か20年か突っ走る手もあったんだけどね。
これからいろいろ迷うね。
でもさ旅行とか飲み会とか消えてなくなる「事」に金使うのは互いに惜しくないよね。安上がりにはするけど。8月中に東京神奈川県境でやるかい?
Unknown (はげたか)
2017-07-18 06:31:15
工事は終わったんですね。
それは、おめでとうございました!

“工期・1カ月半”は、これからじゃなかったのね。『それだけ掛かったけど、終わったよ』だったのね・・・。
最近・若干読解力が落ちたみたいだ。気を付けねばいかんなあ~!

うちの工事は、何たって毎日目先でやってるんだから、2階のベランダから全てが丸見えで、“監視人”そのものですよ。
整地⇒基礎工事⇒躯体立ち上げまでは、その全てをカメラに収めました。
完成の暁には、ポイントの写真をまとめてシリーズ化したCDを娘にプレゼントしてあげようと思い、都度編集しつつ撮り溜めてます(笑)。

こちらサイドでの“暑気払い”ができるなら最高ですが、真ん中あたりでの開催でも良いですね。何かアイデアがないか、文ちゃんにも聞いてみる事にします。

コメントを投稿

日常」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL