すちゃらかな日常 松岡美樹

すちゃらかな視点で世の中を見ます。

【ロシアW杯最終予選】ハリルジャパンの究極形は「ドン引きサッカー」

2016-10-13 13:11:54 | サッカー
「ここぞ」の試合はベタ引きで臨むハリル

 アジア最終予選のグループBで首位を守る強敵オーストラリアを相手に、ハリルジャパンは相手をリスペクトして「引いて守ってカウンター」で臨んだ。(元浦和の豪州代表DFマシュー・スピラノビッチが「10人で守って幸せそうだった」と冷笑している)

 そういえば2015年8月に開かれた東アジアカップでも、最強と目された韓国相手に、ハリルは「ドン引き司令」を出していた。つまり強い相手、ここぞの試合では、ハリルはベタ引きで行くつもりなのだろう。

 ワールドカップ本大会となれば、アジア予選などとちがい「世界」が相手だ。ゆえに当然、オーストラリア戦どころではなくハリルのドン引き度は高まるだろう。

 本大会でもあのサッカーをするなら、もう練習なんていらないんじゃないか?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【豪州戦・分析】同点にされ... | トップ | 【ロシアW杯最終予選】ハリル... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。