すちゃらかな日常 松岡美樹

すちゃらかな視点で世の中を見ます。

コクミンは「小泉純一郎」にYESと言った──擬似・大統領選だった第44回衆院選

2005-09-12 12:15:27 | 政治
 衆院選で、自民党が単独絶対安定多数を超える296議席を取った。歴史的な勝利だ。小泉さんは「郵政民営化に賛成か反対か」を問う選挙だ、てなシングルイシュー戦略を取った。だけど自民党に入れた人たちは、ホントに「郵政民営化そのもの」に票を投じたのか? そうじゃないだろう。「何か改革をやってくれそうな小泉純一郎という人間」にYESと言ったのだ。いわば今回の選挙は擬似・大統領選だったのである。

 もうこの先、10年くらい小泉さんに首相をやってもらえばいいんじゃないの? それくらい圧倒的な選挙結果が出た。これは歴史の大きな転換点だ。

 じゃあ何がどう転換したのか?

 まず今回の選挙でいちばん特徴的だったのは、都市部の無党派層が自民党に雪崩を打ったことだ。

 これは土井たか子さんを党首にかついだ旧社会党が、1989年の第15回参院選で改選議席の倍以上を取り、マドンナ旋風を巻き起こしたときと同じ構造である。あのとき土井さんは「山は動いた」と言った。

 自分の理想に近い人物がトップにいる党に投票する。今回の選挙結果は、この投票行動がハッキリ出た。たぶんもう日本人は、直接選挙(大統領選挙)をやりたいのだろう。

 もうひとついえるのは、無党派層が投票すれば山は動くことが、またもや証明されたってことだ。こんなのはもうわかりきってる話である。だけど今までの旧弊な政治業界は「じゃあどうすればそれが実現できるのか?」に対し、実効性のある答えをまるでもってなかった。だから投票率は長期低落傾向の一途をたどってた。

 今回の結果をマトモに分析できるマトモな政党なら、今後は政治や選挙に無関心な層にアピールするための戦略を、いままで以上に真剣に考えるだろう。そのいちばん有効な手段は、インターネットをフル活用することだ。

 ネットを使ってるユーザのうち、いちばん大きな比率を占めるのが若い層だ。一方、無党派層や政治にあんまり関心がないのも、若い人たちが圧倒的に多い。つまり無党派層とネットユーザは、ニアリー・イコールの関係にある。彼らにプレゼンして山を動かすには、インターネットは最強のツールになるはずだ。

 今回の選挙結果をふまえれば、政治家はもう、「インターネットなんてよくわからん。そんなものを使うようになったら、今までの選挙戦略は通用しない可能性がある。するとオレは当選できないかもしれない。だから反対だ」なんて言ってる場合じゃないだろう。

 公示日以降は、政治家が自分のHPやブログの更新をピタリと止める──。まるっきり本末転倒した公職選挙法のこんな拡大解釈は、即刻、やめるべきだ。

 家にいながらにして候補者のブログにアクセスしさえすれば、その候補者の日々の行動や政策の変化が手に取るようにわかる。それが毎日毎日、時々刻々と更新される。これがメリットでなければ、いったい何だというのだろうか?

【関連エントリ】

『「小泉劇場」はいかにして作られたか? ──シングルイシュー戦略とその深層心理』

『政権交代が起きない日本というシステム──自民と民主の「新・55年体制」が始まる』
ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   トラックバック (35)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人は映画の中に「観たいもの... | トップ | 「小泉劇場」はいかにして作... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
変革は・・・・ (新鮮美感)
2005-09-12 17:05:34
時代の変化とは止められないものであります。

WEB社会であれば、WEBがツールになってゆく道です。

今まだ公職選挙法のしばりがありますが、時代の流れは、WEBツールでしょう。

ブロガーを召集したのも自民党が最初だったわけですから変革は以外に早いのかもしれません。

期待しましょう。

Unknown (KM)
2005-09-12 22:35:56
どうもです。KMです~。



>10年くらい小泉さんに首相をやってもらえばいいんじゃないの?

問題は、小泉首相が来年までで終える、

と発言されていることなんですよねぇ。



>都市部の無党派層が自民党に雪崩を打ったことだ。

一部のうわさでは、「マンガ嫌韓流」が若干動かした、という話が……。

「ほんとかよ……」と思いますけどね(--;



>その候補者の日々の行動や政策の変化

確かにインターネットでアクセスしていろいろな情報を見つけた、という報告はちらほらと見かけました。

とある候補のポスターで、日本ではなく中国や韓国をバックにしているポスターがあった、とか。

すごく情報の流れが大きいですよねぇ。インターネット。

改めてネットのすごさがわかりました。



ほかにも、選挙後であっても、

http://elmundo.cocolog-nifty.com/elmundo/2005/09/post_6f36.html

こういう考えの人がいる、というのもじっくり見て回ることが可能ですし。



それでは、また~。
質問 (死票有権者)
2005-09-13 04:26:55
以下の二点につきコメントというか質問をさせていただきます。

「ホントに<郵政民営化そのもの>に票を投じたのか? そうじゃないだろう。<何か改革をやってくれそうな小泉純一郎という人間>にYESと言ったのだ。いわば今回の選挙は擬似・大統領選だったのである」

人気投票的色合いという意味ではそうだったかもしれません。大統領制をしく仏、米などではシングルイシュー、あるいは「何かやってくれそうな人間」がどちらかにつき競っているのでしょうか。引き合いに出された土井さんもシングルイシューの選挙でしたが、少なくとも政党としてのスタンスは他の政策分野についても明確すぎるほど明確であった上での選挙であったと記憶しています。

「公示日以降は、政治家が自分のHPやブログの更新をピタリと止める──。まるっきり本末転倒した公職選挙法のこんな拡大解釈は、即刻、やめるべきだ」

同感です。しかし、今回のブロガー動員までこれまでの公選法を死守してきたのは自民だそうです。そして、こうした方面で自民の責任者をつとめてきた世耕議員が、民主党の公示日以降の更新に総務省から警告をださせつつ、ご自分のブログは民主に言われるまで続けておられたとことも一部報じられていたように記憶していますが、間違っていたらお教え下さい。

ちなみに勝手な感想を述べれば、結局小泉さんが旧態依然たる党員・党友のもとを去り、自らを心底支持し、余計な枝葉をとりのぞいた郵政のみのマニフェストでウェブ選挙をやる党を作っていれば一番わかりやすかったんだと思います。しかしそれでは法案を書いてくれる頼みの官僚機構がいない、与党でなければ勝馬に乗る有権者(勿論そうでない方も多くおられたと思いますが)も候補者も集まらない、選挙資金もないという現実感覚をしっかり発揮されたのでしょう。こうしたやりかたに違和感を覚えるのは少数派であるとの感を今回は強くしました。

一部回答 (MM)
2005-09-13 09:37:27
世耕議員はブログ続けていたみたいですね。



http://blog.goo.ne.jp/newseko/



公職選挙法 (yaoya)
2005-09-13 14:26:44
はじめまして、yaoyaと申します。

公職選挙法は改正すべきですね。小選挙区制の死票による民意の国政への非反映を補充する意味でも改正し、ブログやインターネットを使った選挙活動をすべきと感じます。

街頭演説よりも詳しく候補者とその政策について理解できると思います。
こんにちは (松岡美樹@管理人)
2005-09-14 06:24:32
■新鮮美感さん



こんにちは。公示日以降、候補者がウェブを使って情報発信できない(ことになっている)のは、公職選挙法の拡大解釈(のしすぎ)だと私は考えます。この拡大解釈は同法の趣旨に照らせば正当性に欠け、無理があると。もちろん選挙関連にネットを使うことにはデメリットもあるでしょうが、メリットとデメリットを量りにかければどちらが重いのか? という問題だと思うんです。



■KMさん



こんにちは。



>>10年くらい小泉さんに首相をやってもらえばいいんじゃないの?

>問題は、小泉首相が来年までで終える、

>と発言されていることなんですよねぇ。



上記の部分だけを引用されると、「私・松岡」が「10年やってほしい」と考えている、と誤読される可能性があります。引用は注意して行ってください。



■死票有権者さん



こんにちは。以下、ご質問にお答えします。



私が「擬似・大統領選」と表現した意味は、いくつかあります。そのひとつが、小泉さんは首相というより強い権限を発動する大統領的なリーダーだな、ということです。土井さんの件に関しては、「この馬に乗れば世の中が変わるな」と感じた人が投票した、という意味でまったく同じだと思います。私はそういう意味で「同じ構造だ」と書いています。それ以外の意味はないです。何か誤解があるかなと感じましたので、補足説明も兼ねて新しいエントリーを立てました。もしよろしければご参照ください。



■MMさん



あー、ほんとだ。総務省の助言を受けた上で書いている、とありますね。



■yaoyaさん



>街頭演説よりも詳しく候補者とその政策について理解できると思います



ですね。なおかつ大きいのは、自分の都合のいい時間に小分けして見られることです。今や新聞とってない人も多いだろうし、たとえば選挙の前日になって急に投票に行く気になる人だっていますよね? そういう人がネットにアクセスしさえすればすぐ情報が得られる、ってすごいメリットだと思います。
Unknown (KM)
2005-09-14 06:47:47
どうもです。引用が確かに誤読される可能性がありますので、修正いたします。



>いわば今回の選挙は擬似・大統領選だったのである。

>もうこの先、10年くらい小泉さんに首相をやってもらえばいいんじゃないの? それくらい圧倒的な選挙結果が出た。これは歴史の大きな転換点だ。

つまり私達は、歴史的な選挙に投票した、と……不思議ですねぇ。



それでは、個人的にお伺いしたい(無視していただいてかまいません)のですが、個人的にはどう考えられているのでしょうか?

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

35 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
時代劇は黄門さんが勝つにきまっている (大西 宏のマーケティング・エッセンス)
国民の利益とは無関係に利権誘導で動く政治や公務員の相次ぐ不祥事への怒り、時代の閉塞感やつもりに積もった財政の赤字、少子高齢化社会への急速な変化などによる将来不安などが渦巻き、鬱屈した国民の気持ちにむけた時代劇でした。小泉さんの『改革』という水戸黄門の印籠.
The lesser of the evils? (あんなこと、こんなこと。どんなこと?)
The lesser of the evilsというのが選挙の基本だと思っていたんだけどなあ。ナチスも民主体制の下投票で選ばれたのだと再び釘をさしておこう。 これで近隣との関係がいっそう悪化するだろう。日本は資源小国だからみんなと仲良くするしかないのに。いよいよ人口爆発が目前に
衆院選挙でわかったこと 民主党の敗因、自民党の勝因 (為替王)
今回の衆院総選挙で明らかになったのは、またしても、マスコミや政治評論家たちのレベルの低さ、民意に対する鈍感さだと思います。名前は敢えて出しませんが、的外れも甚だしい選挙結果予想をしていた政治評論家などは、わたしたちサイレントマジョリティの政治や世の中に対.
私の選挙を振り返る (GripBlog ~私がみた事実~)
自民党が歴史的な圧勝で幕を閉じた「第44回衆議院総選挙」 「ふぅ」 終ってみればあっけないもんだと、大きく息を吐き出しているところです。 慌ただしかった日々から、また日常へ戻ってきたけど、さっきの大き...
自民圧勝! (桜日和)
   ざまぁカンカン、カッパのへー                  ミミ彡彡゛゛゛゛゛\"\"\"\"\"\"\"\"ヾ彡彡彡              / `i .ノミミ彡゛   ミミ彡彡            人_.ノ/ミミ彡゛        ミミミ彡          /
自民圧勝 (MAC\'S GADGET)
予想以上の自民圧勝という結果になりそうですね。 過半数は行くだろうけど、絶対安定多数までは届かないだろうな。 と事前に予想はしていましたが、これ程までに大差がつくとは思いませんでした。 先日書いた様に、今まで民社の流れで民主に入れていましたが、今回は自民.
首相、総裁任期延長「考えていない」 党本部で会見 (秋はやっぱり 活躍の秋\(゜∀゜o)/小学校生活最後の実録☆日常生活日記)
首相、総裁任期延長「考えていない」 党本部で会見 小泉首相(自民党総裁)は12日、総選挙での自民党圧勝を受けて党本部で記者会見した。党総裁任期の延長について「選挙前から、来年9月まで精いっぱい務める、その後は考えていないと申し上げている。その考えに変わり
何で小泉さんが大勝したのか (時事を考える)
何で小泉さんが大勝したのか、ボクは郵政法案に反対した人全員を切り捨て、対立候補を
小泉・自民党圧勝というけれど (5号館のつぶやき)
 ようやく終わってくれました。内容に満足しているわけではまったくありませんが、正直言ってほっとした気分です。くだらない選挙に国中が振り回され、国費が750億円以上もつぎこまれ、その上どのくらいになるか想像もできない金が各候補者によってつぎこまれ、テレビ番
自民党296(改選前212) vs 民主党113(改選前177) (時評親爺)
12日付毎日新聞報道 12日付産経新聞報道 12日付朝日新聞報道 「夏草や選挙が終わってあ~しんど?」・・・かったのはおそらく民主党であったろう。民主党が64議席を減らす「大惨敗」の一方で自民党が84議席を増やす大躍進・・・ここまで民主党が負けて自民党
民主党バルチック艦隊の壊滅 (玄倉川の岸辺)
小泉自民党の歴史的大勝利。 100年前の日本海海戦を思い出させるほどの絶対的な勝ちっぷりで、小泉ファンの私も喜ぶより唖然呆然としている。 民主党バルチック艦隊、壊滅す。 自分の過去のエントリをちょっと検証してみる。 解散直後のエントリで小泉総理について「気迫
1行目か。外れにも程がある----自民大勝 (BigBang)
およそすべての予想は、外れるために成されるとも言えるのである。それにしても限度と
小泉自民アバランチ!総選挙2005(2)かってに予想結果 (D.D.のたわごと)
これはすごい結果になりましたね。 マスコミ各紙がだいたい255くらいを予想していた自民の議席, 一番極端な予想でようやく当たるくらいの歴史的大勝利に。 いや,ここまで自民公認の錦の御旗が威力を発揮するとは。 ●○○一早い?かってに総選挙予想(願望込み広6京4
郵政ぶっ潰れ解散!面白くなってきた! (D.D.のたわごと)
いや,唯一心配していた株が下がらなかったんで, 大歓迎ですw,解散総選挙! 小泉純ちゃんが改革の柱としていた 郵政民営化6法案が参院で否決され,衆院が解散・総選挙へと 突入することになりました! もう1ヶ月近く前に『たかじんのそこまで言って委員会』で 三宅じい
第44回衆移?ー?碓犠|影箸農簑仟真瑤? (ざわとーく新館)
 まさかここまで自民が圧勝するとは思わなかったなぁ…  自民単独で296議席。安定多数の252議席どころか絶対安定多数の269議席をも大きく上回る圧勝…  すごいなぁ…
選挙に行ってきました。 (猫手企画@新聞屋)
衆議院議員選挙に行ってきました。もう8時を回っているからいいでしょう、入れたのは比例も小選挙区も民主党です。小泉劇場ともマーケティング選挙とも言われたこの選挙に非常に反感を持って眺めていました。刺客、落下傘...自民党か自民党に入れざるを得ないようなメディア
<衆院選>自民圧勝、与党327議席確保  (東亜マンセー協会)
第44回衆院選は11日、投票が行われ、即日開票の結果、 自民党が首都圏など都市部の小選挙区で地滑り的勝利を収め、 単独で絶対安定多数(269議席)を上回る296議席を獲得
「分かりやすく」説明できない奴が馬鹿 (ヤースのへんしん)
「分かりやすい」のは国民を馬鹿にしている訳じゃない。「分かりやすく」説明できない奴が馬鹿なんだ。そんな選挙でしたね。 どうしても、「単純な国民」とか「国民は何も考えていない・・・」とか言われる傾向があ
衆議院選挙、結果は与党の大勝 (Y\'s WebSite : Blog ~日々是好日~)
9月11日、第44回衆議院選挙の投票が行われました。 即日開票の結果、自民党が単独で296議席を獲得。公明党の31議席を加えると与党は327議席となり、衆議院の3分の2を超える議席数を確保し圧勝。自民党と公明党は巨大与党として生まれ変わるという結果に終わりました。小泉首
民は主になりたがらない (404 Blog Not Found)
ということに尽きるのではないか、今回の選挙結果は。 RHEOS REPORT:自民党の大勝 - livedoor Blog(ブログ) 私は自民党でも民主党でもどちらを支持しているわけでもなく、健全な二大政党化になることを期待していたが、今回の結果でその実現が遠くなった。それをとても
次はインテリゲンチアの再編で! (Parsleyの「添え物は添え物らしく」)
 9/12夕方。キヨスクに踊る夕刊紙のコピーは過激だった。いわく、「小泉独裁内閣誕生」「民主主義は死んだ」...etc  おいおい。高投票率で与党が300議席越えした、ということは購買層も自民党か公明党に一票投じたということなんじゃ。馬鹿に馬鹿と言われて愉快な人間...
マドンナ旋風 (乾物屋 塩釜仲卸市場 東商店)
今回の選挙で目立ったのが、女性刺客いわゆる「マドンナ旋風」である。今の時代、実力
日本で二大政党化が進んでいるなんて幻想でしたね (佐藤秀の徒然\{?。?`}/ワカリマシェ~ン)
簡単な等式を使えば簡単に分かります。 a.自由民主党=(自由+民主)党 b.民主党=(民主+自由)党 c.社民党=社会+民主
自民圧勝の総選挙を振り返って (ガ島通信)
「自民党をぶっ壊す」という刺激的な言葉で始まった今回の衆議院議員選挙。結果的に、衆院自民の「抵抗勢力」だけでなく、民主を派手にぶち壊し、労組の存在感を消し、参院自民の動きも封じ、公明を微妙に壊して終わりました。ちなみに、ぶっ壊し解散の蚊帳の外だった社民(.
「小泉圧勝」?のまやかしを検証! (なんで屋-驀進劇-)
■特定非営利活動法人が主催する、未成年模擬投票のサイトで開催されている。この結果も踏まえながら、自民圧勝は、本当なのか!をアップしたい。 実は、小泉推進派は、 一時期の収束先でないことが如実にわかります。 ●「小泉圧勝」?国民の半分は「反小泉」とい...
なぜ自民党は敗北したのか? (◆木偶の妄言◆)
自民党が大勝した。正確にいうと小泉首相が大勝した。 これについて、総括的な記事を書こうと思い、小選挙区の勝敗をみていて、はたと筆(というかキーボードを打つ指)が止まった。 下の図はアサヒコムの選挙特集ページのキャプチャー画面だ。 与党の自民・公明が
まだまだ続く小泉劇場(拝啓 偉大なる将軍様) (乳頭おじさんのニュース解説)
 小泉純一郎氏の主演・監督・脚本による「小泉劇場」(小泉オペラとも言う)は、郵政解散→9・11選挙で大きな山場を迎えましたが、この劇はまだまだ続きます。  理由は3つ挙げられます。1つは選挙で圧勝して政権基盤が強固になったこと。もう一つは敵対する民主党と.
△2005年衆院選について振り返る (あざらしサラダ)
●2004年の参院選の後にエントリーした記事(♪今回の参院選について振り返る:2004/7/12)が、googleで「参院選 blog」で検索するとトップに表示されることが分かった。  それに気をよくしたからという訳ではないが(笑)、今回の衆院選についても、一有権者の目から
なぜ自民党は大勝したかをもっと検証する (あれは,あれで良いのかな?)
既に選挙関係については,下記の記事で分析しましたが,ここでは自民党の選挙手法について更に検討してみたいと思います。 【過去の関連記事】 選挙結果について(速報) 選挙結果について更に考える 1 自民党でさえどぶ板選挙に切り替えたこと(選挙手法の変更) .
総選挙、北海道では民主党が勝った (ニュースの現場で考えること)
総選挙が終わって、ちょうど1週間になる。選挙期間中は札幌の本社に呼び戻され、3週間近く東京を不在にしていた。戻ってみたら、すっかり秋で、しかも今日は秋の満月だ。中空の月がひときわ綺麗で、銭湯の帰り、しばらく見とれていた。 月月に月みる月は多けれど 月見
小泉純一郎、怨霊におののく (PARDES)
それにしても、衆議院で郵政民営化法案議決に棄権した、小渕優子への処遇が甘すぎはしないか。尊父たる故小渕恵三元総理は、死後大勲位を下賜され、橋本内閣が退陣したのを受けて行われた自民党総裁選挙で、小渕恵三、小泉純一郎、梶山静六が戦い、凡人小渕が勝利した。いわ
自民党、83人の新人議員の研修会を開催 (日本の中心で、馬鹿を叫ぶ!)
小泉首相は新人議員を対象に「研修会」を開きました。新人議員をどの派閥にも属させず
全ては思う壺 (明日を拓く)
昨日の太蔵君の会見、 名目上は失言の謝罪と更正、決意表明であったが、あれには幾つかの意味がある。 一つは、浮動票の取り込みだ。 根っからの太蔵ファン、小泉ファンは兎も角、「何だこいつは」程度に思っていた多くの庶民は あれを聞いて「太蔵は自民党の古い年寄りに
小泉批判で“消された”ブログ? (いいげるブログ)
「さらば、外務省」、「さらば、小泉純一郎」の著者である天木直人さんが「改革ファシズムを止めるブロガー同盟」に寄せたメッセージ中にその際に一つだけ申し上げたい事がある。時の権力者
輸入牛肉の原産地表示は自主的取り組み (真夜中の国語辞典blog版ぞーぷす)
小泉劇場の座頭の小泉総理の三位一体改革が始まってからというもの、耐震偽装ほか行政のゆるみたるみが目立ちすぎます。ゆるゆるにゆるんだ管理体制での責任の所在は当然最高責任者に帰結します。国の最大にして最も重要な責務は、国民の生命の尊厳を守り、公共の福祉に...