すちゃらかな日常 松岡美樹

すちゃらかな視点で世の中を見ます。

リーダーのユーモアは国民の脳をマッサージする

2005-09-18 15:32:30 | 社会分析
 政治家にかぎらず、人を惹きつける強力なツールになるのがユーモアだ。人間の脳は、長ったらしく平坦なスピーチや文章には反応しない。ジョークは会話に起伏を作り、相手の脳に刺激をあたえる。人間のコミュニケーションをなめらかにするのが「ユーモアのセンス」なのだ。

 子供のころ、私は「ナポレオン・ソロ」というスパイ・アクションドラマに夢中だった。ロバート・ボーンとデビッド・マッカラム主演のTVシリーズである。60年代後半のことだ。

 この「ナポレオン・ソロ」、なにがいいかっていうと、とにかく全編にユーモアのセンスがあふれてる。といっても別にお笑い番組じゃない。秘密諜報員である主役の2人が、悪の組織「スラッシュ」と戦うお話だ。

 たとえばロバート・ボーンとデビッド・マッカラムが、すごい人数の敵に囲まれて孤立した。もう逃げ道はない。絶体絶命のピンチだ。はたして彼らはどう切り抜けるのか? ところがここで「彼らがまず何をするか」っていうと、ジョークを言うのだ。

「奴さんたち、こんなに人数をくり出してくるんじゃ、残業手当てが大変だな」

 このセリフは、周囲の人間にどんな心理的効果をあたえるか? 

 まず第一に、「オレはこんなピンチなんか、屁とも思ってないぜ」という強いメッセージを伝えることができる。このセリフを聞いた周りの人間は、「こいつは窮地に陥ってるのに、ぜんぜん動揺してないぞ」と感じるはずだ。

「この男についていけば助かるかもしれない」

 彼に対する信頼感希望が呼び覚まされる。

 絶体絶命のピンチに陥ったとき、「そこでジョークを言えるかどうか?」人間の器がわかるのだ。

 さて「ナポレオン・ソロ」の主役のふたりを、別の人物に置き換えてみよう。政治家(特に民主党の代表)、企業の社長、プロジェクトのリーダー、サッカーチームのキャプテン、学生サークルの代表──。なんにでも応用がきく。

 もちろんジョークはピンチのときだけでなく、ふだんの会話をスムーズに進めるための潤滑油にもなる。

 たとえば話し相手と険悪な雰囲気になったとき、さりげなく放ったおもしろいジョークが相手の心の鎖を解く。場はとたんになごやかになり、コミュニケーションがなめらかになる。

 また相手の注意をひきつけることも、ユーモアの最大の効能のひとつだ。

 長ったらしく起伏のないスピーチは、聞く人間を退屈させる。スピーチは冒頭の5分で、「いかに聴衆の心をつかむか?」がポイントだ。

 そこでまず最初に、スピーチのテーマとからめたジョークを一発かます。すると聴衆は敏感に反応し、「おや? この人はおもしろそうだな」、「話を聞いてみようか」という心理になる。スタートダッシュで人の心をキャッチできれば、あとはもう「どうにでもしてくれ」状態である。

 アメリカの大統領がスピーチするときには、「ジョーク・ライター」があらかじめ原稿を書いておくことがある。それだけユーモアの重要性が認識されてるわけだ。

 ところが残念なことに、日本ではユーモアの地位はかなり低い。「真剣な場なのに冗談を言うなんて不謹慎だ」。こんなふうに受け取られるお国柄だ。

 だけどアメリカやイギリスなどの欧米諸国では、「ユーモアのセンスがあるかどうか?」が、リーダーにとって重要な要素だと考えられている。

 イギリス人のジョークは大陸性のアメリカとちがってシニカルなのだが、そこがまたとってもおもしろい。

 象徴的なのはイギリスの元首相・チャーチルだ。彼は有名なジョークをたくさん残しているが、第二次大戦中にイギリスが危機に見舞われた最中にも、ジョークを連発し続けた。国民はそれを聞いて勇気づけられ、「このオッサンについていこう」と感じたわけだ。

 国家が緊急事態に突入したとき、国民は国のリーダーを注視する。彼はパニックに陥ってないか? ちゃんと精神のバランスを保っているか? 

 欧米の指導者はジョークを言うことで、そんな国民の不安に答える。ピンチをユーモアで笑い飛ばし、それを乗り越えるためのエネルギーをあたえる。

 ウソだと思うならこの本を読んでみてほしい。海外のリーダーが実際に残したジョークがたくさん収められている。超おすすめだ。
(※アフィリエイトではありません)

「リーダーたちのユーモア」
村松増美・著(PHPビジネスライブラリー)

 著者の村松さんは英語同時通訳の第一人者だ。国際舞台で政治家等の通訳を長く務められた。海外の要人とも数多く接している。

 私は取材で何度か村松さんにお会いしたことがあるが、お話を聞いて海外と日本の指導者像のちがいを実感させられたものだ。

 ユーモアは知性の証明である。知的でなければおもしろい冗談なんていえない。

 また当たり前の話だが、ジョークは即興で発するものだ。瞬間的に場の空気を読み、飛び切りのジョークが言えるなら、その人物は状況判断や意思決定が速く、分析力にもすぐれていることになる。

 あるいは相手が杓子定規なカタブツなのか、それとも柔軟性のある人間なのかも、ユーモアを解するかどうかで推し量れる。

 日本人がリーダーの条件に「ユーモアのセンスがあること」を取り入れるのは、いったいいつになることやら。まだまだ日本は国際化がたりないなあ。

●この記事がおもしろかった人はクリックしてちょ♪

人気blogランキングに投票!
コメント (8)   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 政権交代が起きない日本というシ... | トップ | マスコミ殺すにゃ刃物はいらぬ、... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そうですね (ヤース)
2005-09-18 17:03:22
ユーモアの問題は、歴史なんでしょうね。

いわゆる「あ、うん」の仲が長く続いてるので、冗談を言うと伝わらなくなるのではないでしょうか。

「目でモノを言う」世界で生きてきてるオジサン達を相手にする時に、冗談を言ってたら、知らぬ間に切り捨てられていた。ってことになりそうですからね。

でも危機に際した時に、ユーモアが言えるかどうかは、大きな差になると思います。

民主党も「郵政民営化」って自民党が言ってますが、私たちも言ってるんです「I say 民営化」な~んて言えれば良かったのですがね。(笑)

Unknown (Unknown)
2005-09-18 18:18:45
まさにわが意を得たり!の思いです。

そうです、リーダーに必要なのは「頭の良さ」だけじゃなくて「強い意志」と「ユーモアのセンス」ですよ!

やっぱり民主党代表には「総理をねらう男 気さくな56才」河村たかし氏が選ばれるべきでした。画面に登場しただけで笑いを取れる政治家は他にいません(←ちょっと意味が違う気がする)。
Unknown (JEFF)
2005-09-18 19:38:44
あぶない刑事映画絡みかと思った(笑)。
Unknown (うんこ)
2005-09-18 23:58:33
 河村たかしのセンスは全体的にかなりドブ臭いのでジョークを言ってもスベる公算のほうが高いかと。



 ジョークはスベるとそれまで積み上げてきた実績(イメージ方面)が一挙に崩れ去るんで、あんまドブ臭いおっさんには言わせないほうが宜しいんじゃないかと。



 民主なら、小沢あたりがなんか言うといいイメージありそうな気がするけどね。どう見ても言うキャラじゃないから期待するだけ野暮でね。



 そもそも民主のおっさんは全体的にドブ臭いんで、ジョークがどうたら以前に体臭から改善していただきたい。知性以前の問題でそ。
まとめレスで失礼します (松岡美樹@管理人)
2005-09-19 11:11:36
■ヤースさん



日本も江戸時代には、川柳や狂歌みたいなユーモアの文化が花開いてたんですけどね……。ただそれはあくまで庶民のものだった。それが権力者にまで浸透・定着しなかった、ってことなのかなと思います。いまや日本は、「冗談も休み休み言え!」の国ですから(笑)



■Unknownさん



ええ、「頭のよさ」とか「政策立案能力」だけなら、もう霞ヶ関の官僚で用は足りてるんですよね。それだけじゃなく、「政治家」としての仕事ができる政治家が必要だと思います。



■JEFFさん



JEFFさん……それ意味わかりましぇん(笑)



■うんこさん



前のエントリーのコメント欄にも書きましたが、河村さんは存在自体がユーモアなんです。で、「河村さんは存在自体がユーモアだ」と言うときの「ユーモア」とは何を指し示すのか? についてはエントリー中に書いてありますのでご参照ください。



「しゃれたジョークが言える」というのは、「ユーモアのセンスがあること」の結果のひとつにすぎません。問題は、「ユーモアのセンスがあるかどうか?」自体なんです。ですからしゃれたジョークが言えなくてもユーモアのセンスがある人、というのはありえます。「ユーモア」という概念が包含し、体現するものって、ものすごく範囲が広いんです。
Unknown (yaoya)
2005-09-19 12:12:06
はじめまして、yaoyaと申します。

ユーモアはリーダーに限らず必要な能力ですね。就職活動をしているのですが状況に合わせた柔軟性のある発言をするとすでに何人も面接をしてくたびれていた面接官の目がちょっと変わったりします。笑わせたもの勝ちと私の友人は言います。

もちろん面接官が堅物だった場合は諸刃の剣ですが・・・
Unknown (うんこ)
2005-09-19 14:58:28
否。河村たかし氏に肩入れする気は分からんでもないけど、アレをユーモアに内包するとユーモアの質が下がる。
yaoyaさん、こんにちは (松岡美樹@管理人)
2005-09-27 09:32:42
はい。ユーモアはリーダーに限らず大切です。あらゆる人間のあらゆる心を解きほぐしますね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

11 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
クリントン・グローバル・イニシアチブ (時事を考える)
松本大さんが「クリントン・グローバル・イニシアチブ」という国際会議の紹介をされて
期待してます、民主党「前原新代表」 (ヤースのへんしん)
私には「民主党のジャニーズ系」には見えないが、「民主党の」という部分を考慮して、認めましょう。 奨学金で京大に、元高校球児で、熱狂的な阪神ファン。SLの写真撮影が趣味。 わかりました、その部分ではお仲
河村たかし待望論 (玄倉川の岸辺)
岡田氏の辞意表明後、民主党の代表選びが難航しているらしい。 この人をこそ、という決定的な候補がおらず、前代表のお遍路さんとか悪役面の豪腕さんとかの名前が取りざたされている。「えーい、お前らまだわからんのか!」と一喝したくなる。そんな見飽きた顔を代表に据えた
政権交代を実現する男出現!(前原じゃないよ) (賃貸を面白くするためのメルクマール)
その名は自民党最年少議員、杉村太蔵くん。(笑) 久々の逸材。不覚にも今朝のテレビで見るまで知らなかった。
『世論調査は情報操作されているのか?』 (なんで屋-驀進劇-)
●今回の衆議院選挙の自民党圧勝の背景を流れをまとめます。⇒詳細は?,?へ  原因構造の一つとして、制度の生んだ「数字のマジック」があることも確かだが、 小泉劇場を煽り立てたマスコミにも責任がある。というものでした。  今日は、世論調査関係を扱いたい...
杉村太蔵を応援しる! (さくさくコユキまたの名を幸雄)
杉村太蔵くん! ええ。 Livedoorの堀江さんと同じくらい現在好きです。 もうネタでしかない彼の存在! ( ^∀^)ゲラゲラ 名言多発! 「120%小泉チルドレンでございます。 」 「小泉純一郎が公認した杉村大蔵ですからぁ、この小泉純一郎ってところがポイ.
ブッチャケ市民派国会議員による「マジ民主主義」 (Sasayama\'s Weblog)
2005/09/22(Thu) <!--adsense--> 比例下位にまで、当選ラインが回ってきて、図らずも比例国会議員となってしまった南関東ブロック当選の、最年少の自民、杉村太蔵氏(26)さんは、マスコミの取材に「料亭に行きたい」とか、「議員になったら、BMに乗りた?..
戦い方 (よろずもめごと論)
特異なヒラメキを持ち、誰からも無謀と思われる戦略で勝利を得ることのできる手強い相手と戦わなければならないとしよう。
ユーモアと大学と私 (大学教員の日常・非日常)
リーダーにはユーモアのセンスが必要ということですが、講義室内のリーダーである教員にも同じようなことが言えるんじゃないかと思います。 さすがに必須事項とするのは気がひけますが、教員のヨタや冗談が講義の内容よりもよく覚えられてるってのはよくある話ですし、み.
ボケ必要論~民主が自民に勝てない理由? (D.D.のたわごと)
先月の民主党総裁選に関連して 民主党代表選 あれ,河村たかしは? 前原民主党,発進! あれ,河村たかしは? という記事を書いたことを見込まれたのか 先日よろずもめごと論さんからTBをいただき,それによると 玄倉川の岸辺さん発で「河村たかしを総理にするブロガー同
ふたつの国民 (真夜中の国語辞典語彙blog)
ふたつのこくみん【ふたつの国民】〈代名詞〉改革の名の元にリバイバルされた、1845年登場の社会構図のひとつ。 ふたつのこくみん【ふたつの国民】〈代名詞〉現在が19世紀の、もしくは19世紀が現在の、いずれかのカリカチュア。 ふたつのこくみん【ふたつの国民】〈?..