すちゃらかな日常 松岡美樹

すちゃらかな視点で世の中を見ます。

【匿名論争始末記】トラックバックスパムと議論の「呼びかけ機能」のあやうい関係

2005-05-26 21:08:30 | インターネット
 匿名・実名論争では、ひとりでも多くの方に議論を呼びかけるため、私はスパムチックなトラックバックの使い方をした。批判を覚悟の狼藉だったが、幸い趣旨に賛同していただけ、たくさんのトラバと有意義なコメントを頂戴した。ブログが議論を喚起する力にはまったく脱帽だ。

 私のたくらみの趣旨と経緯については、ニュースサイトの「RBB TODAY」で私が連載しているコラムにくわしく書いた。もしご興味のある方は、そちらもあわせてお読みいただけると幸いだ。

◆第11回 『松岡美樹のブロバンよろずウォッチング』
 ─議論の呼びかけはトラックバックスパムか?─


 さて今回、考えさせられたのはトラバの使い方だ。たとえば匿名論争について、「Aさんならきっと洞察力ある論述をされるだろう」、「Bさんならご自身の立場柄、参考になる体験談が聞けるにちがいない」と思ったとしよう。

 で、Aさん、Bさんに意義のある意見表明をしていただければ、議論するためのいいタタキ台になる。みんなでそれをもとに論議を深めることができる──。こう考えたとする。

 この場合、私はいわば作家さんに原稿を依頼する編集者みたいなものだ。「依頼」とは、匿名問題について私がエントリーを立て、みなさんにトラバを送ることである。つまりトラバで議論を呼びかけるのだ。

 ところがこの場合、Aさん、Bさんが匿名・実名問題について過去に書いたことがなければ、トラバを送れないことになる。強引にやったらトラックバックスパムだ。

 さりとてテーマには公益性があり、Aさん、Bさんの意見表明はきっと社会的な利益になるはずだ……。で、前述のコラムに書いた経緯とやり方で、私は「やっちゃう」ことにした。

 さて私の行為はいわば「非合法」なわけだが、みなさんはどう思われるだろうか?

 上記のコラムの文中では、匿名問題を取り上げているいくつかのブログを紹介した。そのうちのひとつ、「むだづかいにっき♂」のえっけんさんが当のコラムをお読みになり、さっそくエントリーを立ててご意見をくださった。少し長くなるが、一部を引用しよう。

『記事全文を読むと、スパムとされないための工夫はいろいろとされており、こういうやり方であれば僕は不快感は感じないものの、僕は記事の話題と無関係なトラックバック・コメントは歓迎しないのです。「知的で洞察力があるからご意見を聞きたい」と言われたとしたら、まぁ悪い気はしないだろうけれど、その話題に関しては不得手な分野という事もあるだろうし、そうしたコメントがあることで、それまでのコメントの流れを断ち切ってしまうような気がします(もっとも松岡さんのように最新記事の感想をも書く、というのならば、最大限の配慮が感じられ、悪い気はしませんが、そこまで考えて「呼びかけ」を行う人は、一体どれくらいいるだろう?)』

 はい、わかっております、えっけんさん。だからえっけんさんには、呼びかけのトラバを送らなかったんです(笑)。

 私は「むだづかいにっき♂」をよく読んでいるので、えっけんがトラバに対してどんな考えをお持ちなのか知っていた。

 で、「えっけんさんはこの方法はヨシとしないだろうなあ」と思ったので、ご意見は拝聴したかったが呼びかけトラバは送らなかったのだ(すでにえっけんさんは何度か匿名問題を取り上げていたから、というのもある)。

 また、えっけんさんがおっしゃることはすべて正論である。そんなわけで微妙な問題をはらみながらも、みなさんからは匿名・実名についていろんなご意見をいただき、私自身もとても勉強になった。トラバ、およびコメントをくださった方々には、この場を借りてお礼を申し上げたい。

 いずれにしても今回の件で、私はブログのもつ途方もない可能性に驚かされた。アメリカじゃ、「ブログ廃人」が続出してるっていうけど、わかる気がするなあ。いやホントに。

 とはいえ今回は、たまたまお叱りを受けなかっただけだ。最後に自戒を込めて、コラムの方に私自身が書いた結論を付記して懺悔の記録を終えさせていただく。

「もちろんトラバに対する考えは人それぞれだ。また公共性があるからといって、みんながやたらに対象エントリーとは無関係なトラバを打つようになったらカオスである。あくまでトラバを送る先は『他人の家』だってことを忘れてはいけない。最終的にはトラバを送られた側が、それを許容するかどうかの問題なのだろう」

【関連エントリ】

『小倉さんの実名制は、能力があっても存在価値がゼロになる暗黒世界だ』

『小倉さん、論理の飛躍は計画的に』

『小倉さん、印象操作はほどほどに』

『匿名の心理、実名の心理~暴言の抑止力になるものは?』

(追記)結論部分を付記した(5/27)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (19)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【キリンカップサッカー】け... | トップ | 【キリンカップサッカー】散... »
最近の画像もっと見る

19 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お疲れ様でした (mrcms)
2005-05-26 22:06:16
私は個人的理由があって新たな記事にはできなかったのですが(とある場所にコメントのみ残す)、みなさんのエントリーはたくさん読ませて頂きました。

ちょっと前の記事なんでご存知でしょうが、一応関連ということでTB致しますね。

それでは今後ともよろしくです。
Unknown (pal)
2005-05-26 22:25:25
いつもTBありがとうございます。



ブログ廃人かぁ。



ネトゲ廃人のようなモンですねぇ。

ブログって、ある意味じゃオンラインゲームですし。



ある程度、深入りしすぎると

書いている側じゃなく、読む側からも

拘束されるようになっていくんでしょうね。



コミュニティからの拘束というか。



オンライゲームでも

しばらくログインしなかったりすると

友達から「一体どうしたんだ?」ってメールが

届きはじめますし。



TBって形の強制的にリンクを作るシステムの

おかげで情報が伝播しやすくなりましたが

代償として、ネットワークからの

拘束度が飛躍的に上がっているのが

ブログってシステムなんでしょうな。
Unknown (J2)
2005-05-27 00:09:44
はじめまして。

気持ちはすごくよくわかるんです。私もつい最近それをやってしまおうかと思った事があったんですが、思いとどまりました。

やはり理想は、エントリーで記事にするだけで議論が沸きあがる状態です。梅田さんのブログ論やR30さんのブログ終焉論のように。TB飛ばさなきゃ議論が起きないのであればきっとそれはまだ力不足、分不相応なのだと解釈するべきです。
お勧めはしませんが… (玄倉川)
2005-05-27 01:01:36
自分の記事に自信があり、批判や議論を受けて立つ覚悟があれば「宣伝」トラックバック(あえてこういう言い方をします)もいいんじゃないでしょうか。実は私もやったことありますし。とはいえ、あまり人さまにお勧めしたいとは思いません。
Unknown (まなめ)
2005-05-27 03:34:14
こんにちは。TBありがとうございます。

議論の呼びかけ、私が送るにしても関係ある記事がなかったらTB送る勇気ないですし、関連ある記事があるようならそれ以上掘り返すのも気が引けちゃったりします。ですので、そういうときはメール出すと思います。私、ブログ歴は短いですけど、日記サイトを9年以上もやってるので、メール+掲示板システムが普通なんですよね。ブログって、記事ごとのコメントやTBはあっても、全体へは送信できない。そういう場が用意されてないブログでは呼びかけのTBは難しいかなぁと思います。

ただ、議論の呼びかけは大賛成ですね。私自身、誘ってくだされば(思うところがあったら)ぜひ書きたいですし、書いて欲しい人もいますもん。そのための仕組みをどうにか考えたいものですね・・・
Unknown (さなえ)
2005-05-27 07:02:15
まあ、古典的に当たり前のことだけど、人を見ろ、人を選べってことですね。



私も関係ないところにTBしたことがありますが、松岡さんと同じように、そのとき同時にご挨拶をコメント欄に送りました。



要するに、礼儀をわきまえていれば、不快に思う人は少数なのでは?嫌なら無視すればいいのだし、関心があれば応えればいいだけの話でしょう。



極端な反応をする人もいるみたいですが、まあ、それがその人の個性であり、私ならその個性を尊重して、敬して遠ざかります。
まだ終わらせませんよ! (えっけん)
2005-05-27 08:00:25
うふふ。



おはようございます。

恐怖の粘着男でございます。

匿名に関するエントリは、当方の中ではまだ終わってません。

が、今ネット難民なので落ち着いたらTB狙撃させていただきます。
Unknown (あざらしサラダ)
2005-05-27 09:00:24
松岡さん、こんにちは。



先日は連続コメントありがとうございます。(笑)

まあ、コメントもTBもコミュニケーションの一手段ですから、送られた相手側さえ不快に思わなければいいのではないでしょうか。(ちなみに、私は全く不快に思いませんでしたよ)

ただし、私にはそのような洞察力がないので真似できません、笑。
Unknown (fujico)
2005-05-27 09:37:12
こんにちはー。



わたしは関連あるTBを送るときでも、「TBさせていただきました。」という言葉+「エントリへの感想ひとこと」を書くようにしてます。

単純に考えて、その方が、相手もウレシイだろうし、気持ちよくネットワーキングできるから。



「お互いに気持ちよくネットワーキングする」という、今風に言えば「WIN・WIN」の関係(笑)への、ちょっとした配慮が大事だと思います。



あと、自分がオンラインに存在して何かを公表してるということは、不特定多数のどんなひとがどんな方法(やり方)ででもコンタクトしてくる可能性があるということは、やっぱり覚悟しておかないとダメだと思います。



表通りでお店をオープンしてりゃ、上品なマダムからヤクザチックなお兄ちゃん、騒々しい子どもまで、誰だって入ってくることはできるんです。

望まないひとが入ってきたからといって、いちいち憤慨したり相手を非難てても仕方ない。

丁重にお断りしてお帰りいただくか、モメたら警察呼ぶかしかありません。

(ん?じゃあ、オンラインでの警察機能って誰が果たしてるんだろう?)



でも、どんな客層にするかは、扱う商品や陳列方法で、ある程度コントロールできますよね。



ごちゃごちゃと猥雑な店では万引きが多発します。

高級エステに浮浪者は入ってこないでしょう。

でもカネに飽かせて教養のない成金ババアが入ってくる可能性はあります。(笑)

なんだかなあ (JEFF(化石風Blogger))
2005-05-27 12:07:16
なんだかなあって思いますよ。

確かに礼儀は大切ですが、トラックバックを送った後に、「トラックバックを『送らせていただきました』」とだけコメントするの。

やっぱり昔からBlogやっているから、今、そのような「暗黙の了解」ができていることにやりにくさを感じます。

もともと、「あなたの記事に対して私はこんな記事を書いていますよ」という、お知らせの為のツールで、「送り先のエントリー」が先にあるものだったはずですよ。

そうなると、そこに現れてくる関係って、インタビュアーとインタビュイーの関係になりますよね。

そこを意識すれば、自然と「概要」の書き方が定まってくると思うのですが。

「トラックバック『送らせていただきました』」だけのコメントって、「なんでそんな無駄なことをするのだろう」と思いますし、それなら、(概要を記入できないサービスもあるので)そこにトラックバックの趣旨でも書いてくれたら、コメント欄も生き生きするのになって思います。

「相手のエントリー」が先にあるのは一緒ですが、「相手のフィールで発言する」のがコメント、「自分のフィールドに持ってくる」のがトラックバックという簡単な考えがまかり通っていた頃が懐かしいです。

と、言っていると、またシーラカンス的Bloggerと言われそう。今回の僕のコメントは結構昔のポリシーなのかもしれませんね。



まあ、使い方は人それぞれで良いかもしれないと思うのですが、松岡さんが「自分が送ったトラックバックはスパム的な感じになっているのかもしれない」と考えていることが、僕にはよく分かりません。

だって、関係するエントリーがあるところに送っている訳で、そこはトラックバックが開かれていた訳でしょう?
Unknown (カオリン)
2005-05-27 18:40:17
私も、コメント欄がある場合は、出来るだけ、TBする際に書くようにしています。

確かに、TBにしてもコメントにしてもネットワーク上の伝達の一手法ですから、善悪にかかわらず受け入れざるを得ないのでしょうが、やはり、相手の顔が見えない分、出来るだけ相手に不快感のないようにその手法を効果的に使いたいものですね。

実際のところ、どうなのかと言われると、送り先の方に確認しないことには分かりませんが、自分としては、今後とも気をつけていきたいと思っています。
TBありがとうございます… (テサラック)
2005-05-28 17:39:33
こんにちは。

トラックバックありがとうございました。

「貴方も書きなさいっ」とせかされているような気がしたので遅ればせながら「匿名」にかんするエントリを書いてみました(笑)。

ところで今回のエントリ「スパムチックなTB」ですが、色々なパターンがあるのではないでしょうか。「おいらが書いたものを読め」的に打ちまくるTBもあれば、議論を呼びかけるTBもある。松岡さんがおっしゃるようにTBを受けた側次第で捕らえ方が変わる面もあるかもしれませんが、重要なのはその行為が建設的であるか否かだと思います。

TBお返しさせていただきました(笑)
遅レスですんません(^^; (松岡美樹@管理人)
2005-05-29 13:18:24
>mrcmsさん



あっ、トラバどうもです♪ なんかトップ画面が変形してて、なやんでいたら、mrcmsさんのエントリーに原因が書いてあったので助かりました(笑) ありがとうございます。



>palさん



>ブログ廃人かぁ。



ええ。「更新しなきゃ」ってアセるし。まあ自然体でやれればいちばんいいんですけどね。1週間、更新しないとアクセスがガーンと落ちるので、なんか「見捨てられ感」があるんですよね(笑) 「まってくれぇー」って。うーん、自然体、自然体っと(^^;



>J2さん



はい、おっしゃる通りです。上にも書きましたが、自然体が大事ですね(^^; すみません。



>玄倉川さん



はい、お勧めできません。わかっております(汗 すみません。



>まなめさん



そうですね。先方に関連記事があれば、そこでけっこう完結してますしね。えっけんさんに呼びかけトラバ送らなかったのは、それもあります。えっけんさんのご意見はすでにかなりまとまっていて完結してましたから。あと、メールというのは気がつきませんでした(^^; 灯台もと暗しです… 



「議論のための仕組み」としては、各ブログ・サービス事業者がテーマを出して募集するものがありますよね。でもテーマがけっこうイマイチで、なんだか機能してない感じがします。単なるトラバの練習みたいな雰囲気で。あれを自発的な流れでできたらなあ、と思うのですが、なかなかむずかしいです。



>さなえさん



そうですね。最終的には相手次第ですね。巡回先ならばいつも読んでますから、だいたいどんなお考えを持ってるかわかりますしね。



>えっけんさん



完結してないんですか(^^; まあ結論が出ない問題だし、最終的には「人それぞれ」になっちゃいますからね……。ん? ネット難民ってどしたんですか?(^^;



>あざらしサラダさん



連続コメント… ごめんなさい。送信できなくてアセりました(^^; ネット上でもリアルを意識した接し方を、というのはひとつの解ですね。ただそちらにも書きましたが、ネットとリアルをはっきり区別してる人もいるので、そういう場合は相手を尊重したいと思います。



>fujicoさん



うん、まあお手紙を添えるのが無難ですが、人によっては「なんでわざわざそんなことをするんだ?」って感じる人もいるみたいでむずかしいです。



あと、どんな客層にするかは確かにある程度コントロールできますね。ただ、賛否両論あるエントリーのよさというのもあるので、そこがむずかしいです。万人に支持される、みたいなのを意識してると、なんかどっちつかずの、当たり障りない意見になっちゃいそうなので…。



>JEFFさん



お返事は、そちらのコメント欄に書きました。よろしくです♪



>カオリンさん



ええ、先方が不快に思わないように、というのが第一ですね。お手紙を添えるのも、そのひとつだと思います。



>テラサックさん



お返事、そちらのコメント欄に書かせていただきました。後段の話ですが、私自身は「おいらが書いたのを読め」的なトラバをもらっても、それがおもしろければ先方のコメント欄に感想を書いたりしますし、けっこう鷹揚なほうなんです。ただみんながそうではないので、やはり相手の立場になって考える、というのが大事かなと思っています。
TBさせて頂きました (ヤブ医者)
2005-05-31 01:24:37
 はじめまして.TBさせて頂きましたが,いろいろな意味で遅れて済みません.記事を投稿したのが昨日で24時間遅れのTBです.しかも松岡さんの記事は数日前のもので・・・気後れしましたが文中で松岡さんの記事に触れているのでTBしない方がもっと失礼かと思い決行した次第です.

 ブログを始めて日が浅く,リンク先の設定すらうまくいかない初心者ですが,宜しくお願い致します.

やー、時間なんて関係ないですよ♪ (松岡美樹@管理人)
2005-05-31 19:37:23
ヤブ医者さん、初めまして。や、時間がたった記事でも関係ないですよ♪(というか数日前だし)。またよろしくお願いします。
私もTBさせていただきました (DAVE)
2005-05-31 23:54:10
はじめまして。私もTBさせていただきましたが、応じていただいて感謝しております。

私などは、基本的にある話題に関してシンパシーというか同意できる意見を書かれている方に対して、あるいは意見が違っていても対比して読んでいただけるといいかなぁと思った所に対してTBをかけるようにしています。

ただまあ、ブログって基本的には日記であり、あるいは個人的意見の表明の場だと思っていますんで、TBを受けた側がスパムと感じるか否かは実は微妙な部分があるのかな、とも私も思うんですけどね。
確かに微妙ですね (松岡美樹@管理人)
2005-06-05 17:45:08
DAVEさん、こんにちは。遅レスで失礼します(^^; 確かにトラバは受けた側がどう感じるかですから、微妙ですね。ほかの人が見れば問題なくても、本人が問題だと思えば問題ですから(笑)。なかなかむずかしい問題です…。
トラックバックで意見の集約を目指したのですが (高樹ひろむ)
2006-09-26 22:11:26
はじめまして、高樹ひろむと申します。

古い記事に何なのですが、松岡さんの書かれた記事に似たようなことをやったので、もしよろしければご意見を伺いたく思います。

詳しくはトラックバックを見ていただきたいのですが、同じような意見を書いているブログの意見集約を目指して多数のリンク&多数のトラックバックを行ったのです。

やはりスパムだと言う人もいれば、そんなにたくさんの人が問題だと思ってたのかという人もあり、ある意味成功はしたのですが反発もありという状況です。

こういうことはやはり良くないのでしょうか。

http://blunderer.blog54.fc2.com/blog-entry-33.html
高樹さん、こんにちは (松岡美樹@管理人)
2006-09-28 12:55:22
うーん、私には「難しい問題ですね」としか言いようがないです(^^; あえてやるなら自己責任で、ということになるでしょうか……

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

10 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
トラックバックの意味を改めて考えてみた (Dazed Days Bootleg)
こんな出来事があったようです(後半に追記あり)。せっかくなのでいろいろまとめてみました。
「ブログの終わりと始まり」を日経BPにアップしました (ガ島通信)
「ブログの終焉」というエントリーは予告編のようなものでしたが、いろいろなところで反響があって驚いています。理由は詳しく書いていませんでしたが、言葉が独り歩きしてしまった部分もあったようです。(始まった)とカッコで書いていたのですが、ガ島、藤代裕之のみなら
鮫島通信 vol.1 (鮫島通信)
第8条 (ウェブログの公開について) 利用者が著作したウェブログとそれに付随するコメント及びトラックバックは当該ウェブログを著作した利用者に著作権が発生するものとします。但し、宣伝、利用促進、出版等を目的としウェブログサービスの著作物を使用する場合、利用
実名か匿名かは個人の自由 (時事を考える)
匿名か実名かより、面白い方がいいと言っておられる方がいます、「犯罪に繋がるような
トラックバックという不幸 (but Beautiful)
 トラックバックの不幸は日本人にとって宿命的なものであり、昔のような価値観でトラックバックを送ることが非常識になってしまったところに原因がある。
匿名・実名について (テサラックのあいだ)
随分多くの方々が「匿名・実名」について考察されています。あちらこちらでまとめがはじまっていますが、かなり遅ればせながらも考えたことを書いておくことにします。トラックバックもいただいておりましたので。 私は、ネット上の匿名を考えるとき『旅の恥はかき捨て』と.
批判・悪口・バッシング 7 (ヤブ医者ブログ)
 さて最終回です.ここでは匿名ブログにおける批判的主張の擁護を中心に話しを進めます.前回他のブロガーのご意見を勉強させて頂きながら書くと締めましたが,最初に私の基本的な考えを示します.  言うまでもなく匿名でブログを書いている以上,私は匿名擁護派であり
「自由」と「制限」 (福田::漂泊言論)
「匿名性を守るために匿名性を規制する」。この一見奇妙なレトリックは、拙ブログでも何度か取り上げたサイバー法学者のレッシグ氏が「自由を守るために自由を規制する」と説いた意味と通底しているのですが、非常に誤解を受けやすいフレーズでもあることは確かなようです。
読者の存在 (大西 宏のマーケティング・エッセンス)
よく訪問させていただいているブログ、つまり定番ブログのなかに「おおた葉一郎のしょーと・しょーと・えっせい」があります。ブログ1周年を迎えられたそうです。おめでとうございます。 米国の社会学者エベレット・M・ロジャーズ風に言うなら、きっと2004年より前から
多数のトラックバックを打つことの是非 (ドジっ子Watcher)
 私が無料ATMを妨害? いいかげんにしろ!の記事で70件余りのトラックバックを打ったことについていろいろな意見をいただいた。その中で代表的なものを紹介する。 賛成:こんなに多くの人がこの問題に関心を持っていることが