VIVA! HOUSEKEEPING

XTERRA Athlete matsunorida 悪戦苦闘中!!!

子どもと環境

2017-05-10 23:23:23 | School
    
円だけで 実習先の園児にPresentする メダルのひな型をこしらえた

さて本日は 娘と二人の朝 昨夜 妻は 当直勤務だったので 娘も寂しかった事と思う
保育園に行って ボクはガッコへ 環境と言う事を 授業で考えた

環境というのは "健康" "表現" "言葉" "人間関係"と共に 保育の基本となる5つの概念 "五領域"の一つで
保育のカリキュラム 年間Plan 月案 週案 日案っというのは これを基に バランス良く構築されてる

『あぁそれは環境だね』 『エエ環境やなぁ』 っという良くあるセリフが表すように 環境は その人を左右する

例えば ボクが鉄母の環境に刺激され MultiSportsの世界に入ったのも 鉄母が構築した環境によるものだし
はたまた 鉄母が運動をするきっかけになったのは ボクが入社した会社の福利厚生で SportsGymの存在がアリ
そのGymを 鉄母の腰痛を和らげる目的で 軽く紹介した ボクが構築したものである

っと言うことで 取り巻く環境が 子どもの発達に どのように 作用するのか 考察してみた

子どもの發言や所作には 時にハッとさせられる事が しばしばある(ハッとしてグゥですね)
大人は その成長の中で 色々な知識や 引き出しを持っているのニダ!!!

子どもの言葉にハッとする時 脳裏によぎる事がある それは
吾吾大人は 知らず知らずのうちに 自分の固定的価値観に囚われていたんだな っと言うこと是

時に大人は 早い事 便利な事 多い事 キレイな事 等に代表される事が 良い事だと 想っている
もちろん其れは アル意味 良いことなのだが それは 良いことの一つであって それが全てではない

それを 想いださせてくれるのが 子どものハッとする發言だ是

環境と言っても 様々是 周囲の大人や友達と言った人間関係 日々を過ごす自宅の環境もあろう
終日を過ごす保育園や幼稚園 オモチャや遊びなど自分の刺激を与えるのも環境 それに身近な自然環境もそうだ

大人の知識や引き出し ってのを 保育者目線で活用する前に まずは子どもの興味関心がどこに向いているのか  
それを踏まえたうえで オトナの持つ 知識や引き出しを 活用するのが良い

そして 其れに対する子どもの反応 ソコから 保育者として 学ぶ姿勢を 大事にしなければ イケナイ
なぜなら 大きな顔してるが そんな保育者も そしてボクも ちょっと昔は "子どもだったから"是


本日の練習:通学RIDE 16km  RUN ROAD 10km
本日のうた:クレイジーケンバンド 『男の滑走路』→『ヨコスカン・ショック』

ジャンル:
学習
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Paper Puppet Theatre "どう... | TOP | カラフルパンダちゃんに多文... »

post a comment