VIVA! HOUSEKEEPING

XTERRA Athlete matsunorida 悪戦苦闘中!!!

モラトリアム期

2016-12-20 23:23:23 | School
さて本日も 朝からガッコへ 今年の授業も 残す処3日となった
押し迫ってる事もあるし 来年度はいよいよ実習も控えてる って事もアリ つめこみ教育祭なワケよ

まぁ 仕方ないんだけどね

本日は ピアーノの弾き歌いのテストに 心理学のdebateに 心理学の小テスト
debateは クラスメイトとGroupWorkなんだけど なかなか 立論の主軸がキマらず 昨夜も 遅くまで
LINEで やりとり Groupの中には モウいっちょ社会福祉系の發表を控えた子もいて しんどい火曜日に

ピアーノは『どんぐりころころ』を 導入からキメて 弾き歌い なんとか NoMistakeで
御昼休みに センセの処へ行って 今取り組んでる課題曲を弾いて こちらも なんとか 合格もらった

心理学のテストは まぁ ほぼ萬点かと言う処で ホット一息
debateは 『成人年齢を18歳に引き下げる事の是非』について なかなか難しい問題だ

すでに引き下げられて 選挙が行われたりしてるし 世界の国々でも 18歳成人がほとんどだ
特に G7の中では 20歳成人としているのは 我が国日本だけである はてさて

ボクたちは 否定の立場で 立論を展開した まぁ 授業をソッチに置いておいたとしても 否定の立場なんだが

成人年齢引き下げの主軸は ●若者の政治参加 と ●増加する未成年犯罪の刑罰の強化 である事は間違いない
では こと日本において 引き下げによる 若者の社会参加は あるのだろうか

まず 社会参加するには 今のままの教育では十分ではない もっと"市民教育"が 必要であろう
今日ガッコで教示される 社会科や公民は 知識中心の教育で 社会参加のための技能や能力が育成されにくい
現実社会で体験しながら 社会問題を發見し 課題解決を考えたり実行できるカリキュラムが必要かと思う

また 18歳と言うのは 体はオトナだけど精神はまだちょと子ども っというビミョウな時期で この時期を
心理学では モラトリアム期 っと呼んでいる 人間関係を築き人生を考える 大事な時期であるワケよ
エリクソンが提唱した 心理的社会的な猶予期なワケで 丁度クラスメイトたちの世代が 其れに当たるワケね

そんな まだちょと不安定な時期に 社会に放り出すと 負担増となり 若年層犯罪の増加にもつながりかねない
まぁ 外国を例に出すと 色々な意見もあるが 今の日本の実社会と教育では ムズカシイんじゃないかと思うワケ

ィヤラシイ言い方をしたら 選挙に行く人を増やしたい っていう大人の理由も 見え隠れする
まぁ それは發表しなかったけど 若年で社会に出すには モウ少し 違った角度からの教育も 必要 かな

特に 欧米の子どもは 高校生くらいから 社会参加が MajorなActivityになってて 例えば 東部の名門である
"IvyLeague"に入学するのも 大学進学までにどれ位社会貢献をしてきたか なんて事は 当り前に尋ねられる

日本は 外国の事物をArrangeして取り入れるのはウマいが 何でもかんでもマネしたらエエっちゅうもんでもない
 
debateは いくら否定側であっても 肯定側からの反駁や反論があるので 肯定側の事も 調べておく必要がある
そういう意味でも 一つの事象を 多方面から考える機会を持てた事は 今後の仕事にも 大いに役立つものと思う

debateも無事に終了 今夜のベンキョは 少しおやすみして ィ夜にRunning まったり走った
さて 残り二日 沈まないように アガくしかない ガムバろう
  

本日の練習:通学RIDE 10km  RUN ROAD 12km
本日のうた:Ashanti 『Good Good』

ジャンル:
学習
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ひっそりとひっそりとTrainin... | TOP | 今年最後のマンスリーメンズ... »

post a comment