VIVA! HOUSEKEEPING

XTERRA Athlete matsunorida 悪戦苦闘中!!!

kamokushuutokushiken shuuryou

2016-11-06 23:59:59 | School
    

さて おかげさまで 科目習得試験 a.k.a.進級試験 14教科が すべて終わった
今 自宅で ワインを 赤白交互に飲み倒しながら この記事を書いている モウ怒っているのだ

9月の末に 蓼科を旅してから 10月 そして昨夜にかけて ずっと ベンキョしていた ずっとだ

オトナになってからのベンキョ っというものは 年齢も手伝うのか 結構 面白いもので  
ずっと実践してる "一日一食"の不眠効果も手伝って 一日中ベンキョしてても それなりに出来るのだ

そして この歳でも ガムバればガムバるだけ 結果もついてきて 前進性を感じるものだった 
残念だったのは ベンキョ内容が どうしても 暗記中心の物事に 偏ってしまう事

ボクの経験では 暗記中心に詰め込んだ物は 概ね実社会の現場では 全くもって通用しない事が多い
っという事だ "現場で通用する事 使える事は ィやはり 現場からしか フィードバックできない"
っというのが ボクの 43年間のジンセで培った(実質は20年間だが) 持論だ

高校生の時に あれだけ詰め込んで バッチリだった英単語
フタをあけてみれば 外国で使える英語は 三つ四つで あとは忘れてしまった ほんとうに出てこない

使わないからだ!!!

こういう事が 日本の教育では 多すぎるように思う たしかに "学ぶ" っと言う大義では 
その科目を学び習得する事 所謂processが根本で 実社会での活用だけが本意ではないのでしょうけど

"実践の前に理論ありき" この理屈もわかる 筋道ワカンナイのに 実践できないからね
でも 人の心に寄り添うって そんなにムズカシイ事じゃない っていうか 今の世の中では難しいのか??? 

児童は "大人の都合で出来た教科書"を与えられて その場しのぎの暗記をさせられているのではないか
っと思ってしまう事もある まぁ それは いささか ランボーな表現だが 本心でもある

ガッコのベンキョでも 習ってるんだよ 
『現代教育の弱点として 暗記中心の教育に陥り 子どもの興味関心と言う部分を ケツ如してる』って
いつまでも セオリー通りの 懐石料理みたいなベンキョしてても アカンような 氣がするんだよ

それでも 日本の児童の学力は 世界的に落ち込んでいる って言うじゃないか
まぁ 社会での実践活用だけがベンキョではない… んだが… うちは"専門"ガッコなんでねぇ

懐石料理みたいに 手順を踏むんじゃなくて その道に合った教法で 教示する事も 大事なんじゃないかな
あ 懐石料理は この世で一番大!!!好!!!物!!! なんですけどね!!!

しゃべればしゃべるほど ドツボにハマっていきそうなので このあたりでヤメとこ テスト終わったし
まぁ それにしても 近ごろのヤングたちには 驚いたよ ゴイスーだよ

なんつったって オジサンがひと月 飲まず食わずでベンキョしてた期間 彼らは 色々他にも活動してて
例えば 日々のバイトなんかもそうだし 休日にはUSJ銀行行ったり デートしたり 
それでいて バイトの日はベンキョできねー なんて言いながら 一夜漬けで同じような点数取るんだからね

まったくもって 若いと言うことは すばらしいよ 戻りたいとは思わないけどね

    

さて 本日 娘が 4歳になりました あぁあっというま!!! あぁすごい成長!!!
モウねぇ 普通のオネイサンですよ 洋服とSUSHIが大好きなオネイサン ね

OSAKAから じいじとばあばも Celebrateしにきてくれて 一緒に SUSHI食べに行きました
家族がわいわいしてるのを ビール飲みながら 眺めているのが シアワセ かな

さて テストも終わったので あとは結果を お腹さすりながら 待つだけ
真綿の如く吸収する娘を見習って ボクも ナマったカラダを イチから鍛え直しです

   


本日の練習:通学RIDE 10km
本日のうた:Destiny's Child 『Girl』

デスチャの ミシェル・ウィリアムズは キタムラさんに似てると思うのは ボクだけだろうか


ジャンル:
学習
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さて進級試験も千秋楽に向けて | TOP | カレーライス »

post a comment