VIVA! HOUSEKEEPING

XTERRA Athlete matsunorida 悪戦苦闘中!!!

テスト対策Week Day.13 "WinWinの関係"

2016-10-14 23:59:59 | School
さて本日は金曜日 って事でお昼前からの出撃 この朝のひと時が ナニしてイイか まだワカンナイ
朝方までベンキョしてるから 眠いし Runningに行こう なんて氣は サラサラ起こらない いや怒っている

ったく ベンキョが忙しくてRunningにすら行けないのに 保育士は感性を磨け っと学ぶ
ここに 現代教育の負のspiral(ボタンのかけ違えとも言う)が存在する っと 書く内容まで記述的じゃないか

モウねぇ 脳がねぇ どうにかしていますよ ほんと
題名の"テスト対策Week"も 早く何とかしたいんだけど 毎日 勉強しかしてないから モウどうにもなんない

一番氣の毒なのは 代り映えしない日記を 毎日読んで下さってる 毒者の皆皆様である
毒者様には 大変氣の毒だけど テスト終了後は 真面目に遊びたいので どうかモウ少しご容赦いただきたい

なぜか タイクツな内容なのに 毒者数はここへきてウナギのぼり… ありがたやありがたや…(手を合わせる)

さて ガッコ イコカ 
誰かが復活して登校すれば 誰かがおっ死んで欠席する っという世紀末な世界は 其のまま

今週も 週末のテスト対策ばっかりで テストをウケない生徒には まったくもってタイクツ極まりない授業
そのなかでも トルコと日本の友好をThemeに WinWinの関係性をひも解く 自己啓發授業があった

ご存じトルコと日本には 大変な友好関係があるが それは 明治時代にさかのぼる
トルコの国王から明治天皇への手紙を携えた舟が 和歌山沖で沈没 發見した村人たちが 命がけで救出

貧しい村だよ ジブン達の食べる物もろくにない でも 救急用の鶏を屠って トルコの人たちに与えた
ワケを知った明治政府から かかった金額を請求するよう言われた村人は それを辞退し病人の医療費に替えた

なんちゅう エエ話やないか…

ってか この話は 熊野古道大辺路でも御馴染 紀州は串本 潮岬沖の話で ボクは すでに知っていた

でもねぇ このトルコの友好には後日談があったんだよ!!!

1985年のイランイラク戦争の時 テヘラン空爆の予告の報をウケ テヘラン在住の外国人が 空港に押し寄せた
TimeLimitが迫る中 次々と自国へ帰国する人々 でも 日本からの特別機は いつまでたっても来ない

日本政府の手違い(どんくさいですね)で 飛行機を飛ばしても TimeLimitに 間に合わなくなっていたらしい

そこで 立ち上がったのが トルコ政府とトルコの航空会社 我先にと手を挙げてテヘランへ飛んできてくれた
トルコの人々は 口ぐちに 明治時代の恩返しだ っと 昔のEpisodeを 覚えていてくれていたそうだ

なんちゅう エエ話しやないか… 

その後 トルコの震災や日本の震災で被災した時には お互いの救援隊が 真っ先に駆けつける友好関係がある
WinWInの関係も 友達レベルから実践できるが こうやって 歴史に残る事例もある っという授業でした

トルコの人がいっぱい住んでる ミナトマチKOBE 今度トルコの人にあったら 手を合わしてしまいそうだ


本日の練習:通学RIDE 12km

 
ジャンル:
学校
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« テスト対策Week Day.12 "て... | TOP | テスト対策Week Day.14 »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics