VIVA! HOUSEKEEPING

XTERRA Athlete matsunorida 悪戦苦闘中!!!

プサンの街

2017-07-14 23:23:23 | School
    

さて 昨夜は 妻当直のため 娘と二人っきりのィ夜
ィ夕食は 娘のスキなHamburg steakとツルツル(麺ですね)とご飯 食べてTEEVEEを見た処まではヨカタンヨカタン

だが いざ眠る段になって ママが居ない事に 悲しくなってきたのか 『ママママ…』っと 泣きだした
久しぶりの娘の号泣を ボクは しっかりと 受けとめた 『ママがいなくて寂しいね パパわかるよ』

『Queen-Kもパパもママが居なくて寂しい でもね ママも寂しい思いをしながら 救急ガムバってるんだよ』
『わたし 早く朝が来てほしい そしたら ママと逢えるでしょう???』
『そうだね 今日は絵本を読んで寝よう そしたら 明日がやってくる 明日は全ての人にやってくるんだよ』

娘の泣き方は モウ 子どもと言うよりも 少女というか 女の人の泣き方になっていた ちょとビックリした

娘は 眠った ボクは ウタタネしながら ベンキョして また ウタタネして 氣が付いたら朝だった
娘と 朝のひと時 グッスリ娘は ケロッとして TEEVEEから流れてくる釜山の街を見て 行ってみたいと言った

『ココってどこ??? 電車でいくの??? 飛行機??? どれくらいかかるの???』


フランス革命記念日の一限目は 早速テスト 目もトロトロで とろろ山カケで 挑んだテストだったが 
ソコソコ出来た でもワカンナイ処があって 萬点は逃してしまった Rivalに差をつけられてしまったかな…

帰宅 まだお昼を少し回ったところ 眠くて 眠くて 眠ってしまった

氣がついたら ィ夜になっていた 妻と帰宅した娘は パパとママが居る事に安心して ふたりを
安全基地として いつものように ちあきなおみ風に のびのびとしていた 安心した

飲みかけのチュウハイを グッと飲み干して Roadworkで ィ夜の街へ
日中は Runningなど出来ない位の灼熱だが 火が落ちても 湿度がカラミティージェーンで アツアツ…

ィゆっくり 走りだす 一歩一歩を 懐かしむように
ほぐれてきたところで ピッチで走りだす 胸が痛い 心臓に血が戻って来ない感じ

痛いので 緩急つけて よいPaceで走った 
とりあえず テスト期間が概ね終わった 来週一週間で 実習対策をして 翌週からは 保育園実習是

まぁ おちついて どんな表現 どんな教育がしたいのか 考えよう


本日の練習:通学RIDE 10km
本日のうた:Whitney Houston 『Run To You』

大学生2回生の時 ちょっとスキになりそうな子と ぼんやり一緒に観ていた 『BodyGuard』
まぁ 映画の方は KevinCostnerがメチャカコヨカッタんだが 男の魅力は献身的な防御愛だなと 思った次第 
そんなこんなで 誰かとお付き合いする そのちょと前 っていう 一番あまずっぱい想い出が 蘇るTrackなんだよ

まぁ 昔の話さ
 
ジャンル:
学校
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今の自分に足りていないもの... | TOP | スクーリング Day.9 "幼児理解" »

post a comment