VIVA! HOUSEKEEPING

XTERRA Athlete matsunorida 悪戦苦闘中!!!

ヨンヨン

2016-09-30 23:23:23 | School
さて本日も 娘は風邪っぴきで 保育園はOYASUMI 運動会のリハも お預けだ
ボクは 本日 午前中登校日ゆえ 御父さんに少しだけオマカセして 久しぶりにガッコへ

クラスメイトたちと再会 前期日程が終わり 10月からはいよいよ 後期日程がはじまる

保育士だけなら専門ガッコでもイイんだが 幼稚園教諭もゲトるとなると 短大に行かねばならん
なので 遠くにある短大の通信教育も 併修しているワケで 10月からは そちらのテストが始まる

そして 科目のTimeTableも新しくなり 通学時間も変わってくる そして 前期の成績が発表された

ボクは 全ての教科において 他の生徒の手本となるべく 常に背筋を伸ばし 真摯な態度で 学んできた
まぁ それが 特待生に課せられた使命なんじゃないかと 勝手に思っているワケなんだけど

通知表が 手渡された まぁ 角判入りとはいえ ぺらイチなんだけど
5段階評価x25科目 で 125点萬点なワケよ モウねぇ 心臓ばっくばくよ

センセからは "3でも安心しないように" って 事前に 言われてるからね
えー 3でもダメなのかよ!!! って感じよ でも 何度も言うけど 狙うはオール5なんだよね

『うわー 3とかあったらヤべえな…』 ジタバタするなよ世紀末が来る是(近藤マッチですね) 

名前を呼ばれる 担任のセンセからは 『特に文句のつけようもありません 優秀です この調子で』
え そうなの ってくらい拍子抜けしたね 着席して マジマジと 内容を確かめる

125点萬点中 120点 想像以上にヨカタンヨカタン OKだね Top5には入ったんじゃないかな???
一個だけ "3"があった Reportで最高位の "にんじんシール"もらったヤツだ テストが良くなかった

暗記モノは さすがに 若者にはかなわないが 表現力と感性で 勝負したいと思っている
そして 目指すは 卒業式での皆勤賞と 学年成績TOPで 答辞を読むのが 目標である

帰宅した妻に "さりげないドヤ顔"で見せた さすがの妻も グウの音もなかった 

昼から娘と過ごす 活氣はあるが 夕方になると熱が上がり 愚図愚図言い出す 見ていて可哀想でならない
女子二名に夕食を摂らせて ボクは Runningで Roadworkへ 腰が痛いので ほぐすために走る

この秋の目標は LongBreath 長い呼吸だ Runはいつもかなりのピッチで走るので 2吸って1吐くだったが
別になんのRaceに出るワケでもなし そんなにゼエゼエしなくても…って事で 4吸って4吐くに ヘンコー

別に他意はない ヨガではLongBreathな呼吸法は基本だし 長く呼吸すると 副交感神経が優位になる(と思う)
いや ィ優位になるんだよ 基本的にムカついて モウ怒ってる事が多いので それを何とかしたいだけだ是

まぁ 個人的には 交感神経が優位の方が ビリビリして良い仕事ができるんだが

Runで瞑想しだすと ピッチが上がる そうなると4/4呼吸では 酸ケツになってしまうので ピッチを緩める
ヨンヨンを意識して走ると 時計など見なくても 一定Paceで走れるし まぁ 冬の入口までのLSDには 最適かな

良い汗をかいて帰宅 腰の痛みが少し和らいだ 秋はテストでDeskに貼りつけの刑だが Fitnessもしないとイケナイな


本日の練習:通学RIDE 10km  RUN ROAD 10km
本日のうた:Chrisette Michele 『Be OK』

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

テスト対策Week Day.4

2016-09-29 23:59:59 | Life
さて本日も 終日テスト対策のベンキョ なんだが…
なにやら 娘の様子が変だ ちょと 体調がよくないみたいで 昨夜から少し發熱…

朝 案の定熱っぽいんで 保育園はcanceledして 自宅で療養させることにした
こないだの旅の疲れに加え この氣温や湿度の変化 運動会のリハも 疲れるのだろう

朝から Dr.にて診察 帰宅して ベンキョするボクの隣で 娘は ずっと 眠った
エンエン眠り続け 起きても 『食事 要らない』 と言う

風邪引きの時にナニも食べたがらない っというのは 生物としては 非情に正しい選択である
なぜなら 風邪で内臓が弱ってイル時に 食べものを食べても 消化なんかしてくれないカラダ 

ちょっと考えれば 小学生でもわかる話だが 小さい頃から"風邪の時はうどんかお粥にポカリスエット"
そう刷り込まれて 食べ続けて来た人も多いはずだ ボクもそうだった でも 大間違い

だいたい 胃の中に溜まり続ける炭水化物を ィ弱った胃に放り込んでどないすんねん??? って感じよ
なので まだ刷り込まれていない娘の『ナニも要らない』は 生物としては 正しい選択と言えよう

昼過ぎに ベンキョの目途もついてきたので Livingの書棚に目が逝ってしまう 
これまでは 別の部屋だったが 今はLivingに大きな書棚を作ったので 本が近い生活だ

イケナイイケナイと思いつつ 先日 蓼科文庫から借りて来た一冊を 手に取ってしまった…

『定本 黒部の山賊 ~アルプスの怪~』 伊藤 正一 著   山と渓谷社

    

ヤバい本だ 読んではいけなかった 
でも 一行読んで 見事に ハマってしまった テスト前だってのニダ!!!

定本 って事は これまでの加筆や修正を経て "決定版" とか そういう意味なのだろう
著者の伊藤氏は 北アルプスにある 三俣小屋の御主人である 惜しくも今年の6月 亡くなられた

1923年生まれの伊藤氏は ひょんなことから 戦後荒れ果てていた 北アルプス三俣小屋を 買い受ける事に
そして その三俣小屋には "黒部の山賊"っと恐れられた男たちが 住み着いていた

昭和20~30年代の 北アルプス登山黎明期に 黒部の主として活躍した 伊藤氏
そして "山賊"たちとの 山小屋での生活 たび重なる遭難事故 山で起こる不思議な出来事の数々

山賊たちの名は、遠山富士弥 遠山林平 鬼窪善一郎 倉繁勝太郎
伊藤氏は 彼らと山小屋で生活を共にし 黒部源流部の整備に 御尽力されました

戦前から狩りを生業として 山で暮らしていた"山賊"たちは 自由に熊や岩魚 カモシカを捕って食べてしまう
その豪快な様は 今から半世紀前の事とは思えないような世界で 荒唐無稽な話に 自然と引き込まれます

美談!!!奇談!!!珍談!!! ぐいぐい引き込まれてしまい 夕方には毒破してしまいやした あいやいやいやい…

ボクは 昨年蓼科仙人と 八ヶ岳の一部を歩いた事があるだけで アルプスみたいな高山は 未経験
でも この本を読んでしまうと すぐにでも 飛んで行ってみたくなる それくらいすごい磁場を持った本

アルプスに行った事がある人も アルプスに行った事がない人も めちゃくちゃオススメ
こういうのを 読んでしまうと ボクも いつか 北アルプスデビュウしてみたいナ と思う

蓼科仙人曰く デビュウ戦は"槍穂"で っと言うことなので 今から樂しみでもある
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

テスト対策Week Day.3

2016-09-28 23:59:59 | Life
    

さて本日も 終日ベンキョ あまりの量の多さに どうしていいか ペンを持つ手も震える是

こないだの蓼科の帰り道 ボクが運転して 女子二人は後部シートで まどろんでいた
場所は 滋賀県の 伊吹山の 禿げた山肌が見える処 だったかな

イクラTurboEngineとはいえ 3人乗って荷物乗せてたら 100km出したら モウすっかりあっぷあっぷですよ
法令速度の80kで 独り樂しくうた唄いながら Driveしていた 

娘は 後部シートをFlatにして スヤスヤン セダンでは出来ない技だね イイネイイネ
っと 何かの拍子に目が覚めて 愚図愚図言い出したので 妻が 抱っこして あやしていたんだよ

っと 覆面が ぴゅーんとィやって来てね 厳つい棒を振り上げて『はーい 止まりなさーい』とさ
んだよ さては 後部シートをFlatにして シートベルトしてなかったのが イケナかったか 

路肩で "娘が愚図ってたので" って詫びても仕方ないけど一応詫びてみた そしたらポリ公が言うには
『娘さんはまぁイイとして 093の方がシートベルトされてなかったもんで…』 わちゃー…

そら エライ すんまへん

ポリ公が言うには 兵庫県下で急ブレーキや事故による "車外投げ出され"事故が 多發してるんだそうだ
投げ出されたら 間違いなく後続車にひかれたり踏まれたりするので 間違いなくぐしゃぐしゃなのだそうだ

相次ぐ事故に警戒を強化しているとの事 特にHighWay上では… あいやいやいやい…
さようならゴールドカード コンニチハ2時間教習 まぁ 人生なんて こんなもんよ 金のカードは お預けよ

でも検挙のウラには意外な産物もあるものでございやす これまでChildSeatを拒んできた娘だが さすがに
ポリ公の顔が Windowから突き出たのがビックリしたのか キチンと座って ベルトするようになったね


さて 今回の旅では 週末のィ夜に 支度して Driveに出かけた モチロン娘にとって ィ夜のDriveは初体験
そして 後部シートをFlatにして スヤスヤン こういう体験も 小さな子にとっては 良い体験なのではないかな

ボクが初めて こういう旅をしたのは 確か 両親と軽井沢にDriveした時だったかと思う 歳は丁度 娘くらい
すごい霧で ついた山荘で BBQみたいなのを食べて 其の時のトウモロコシの黄色が 鮮やかに想い出される

LongDriveは 小さな子にとってはタイクツで窮屈なものかもしれないけど ボクは そうやって 色んな処に
連れてってもらった だから旅に "ィ夜から出かける"って項目があるだけで めちゃくちゃ興奮しちゃうのね

ィ夜中に目が覚めて ふと 窓の外を見ると 寝ぼけ眼に 知らない街の景色や 営みが 飛び込んでくる
知らない世界 見た事ない世界のドアを開ける そういう質感を 娘にも いっぱい感じてほしいな

そして ボクは ィ夜にLongDriveすると キマって出てくる詩がある 
レイモンド・カーヴァー 『夜になると鮭は』 (村上春樹 訳) 今夜の一節にどうぞ


『夜になると鮭は 川を出て街にやってくる フォスター冷凍とか A&Wとか 
スマイリー・レストランといった場所には 近寄らないように 注意はするが

でも ライト・アヴェニューの 集合住宅のあたりまでは やってくるので
ときどき 夜明け前なんかには 彼らが ドアノブを回したり 
ケーブルTVの線に どすんとぶつかったりするのが 聞こえる

僕らは 眠らずに 連中を待ち受け 裏の窓を あけっぱなしにして
水のはね音(スプラッシュ)が聞こえると 呼んでみたりするのだが

やがて つまらない朝が やってくるのだ』


本日のうた:CRAZY KEN BAND 『もうすっかりあれなんだよね』

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

テスト対策Week Day.2

2016-09-27 23:25:25 | Training
    

さて本日も 昨日と一緒 ずっとベンキョ
なんだけど 近ごろは 全く運動していないので ちょっと 走ってみようかなと

午前中は ずっと机に向かっていたので お昼間の一番アツい頃に 走りに出かけてしまった
部屋の温度は31怒 絶対外の方が涼しいハズだったが… 思いの外 灼熱で 胸が痛かった

この夏は よくなるんだよね アツい中走ると 心の臓が痛む 

運動はしなくなってもいいけど とりあえずRunningだけはやっておかないと ヤバいなと思う
食べなくなたので 筋肉が落ちていく そうすると たるんでいくんだよ パッと見は ワカンナイけど
ジブンでは すんごくよくわかる とりあえず 出来る時に やっておかなきゃだ

んでも やっておかなきゃ=ハフトゥドゥ では 全く身にならない事も わかってる
この時のボクは Runよりベンキョしたかった でも走りに出たから モウ ダメダメ…

ココ数年で 一番しんどい10kmだったんじゃないかな 氣分が悪かった 歳とったな…

帰宅 娘のお迎えは 久しぶりに BIKEで行く事にした カーばっかり乗ってたら アホになる
って事で 通学用のMTBを カスタマイズし続けてきたが 結局南極大冒険(古いですね) こうなった

   

最初は 娘を背負子に乗せて 背負っていたのが キャリアに乗せるようになって 
でも キャリアだけでは 脚が後輪にカラミティジェーン(絡まるですね)なので こういうの付けてみた

娘 見てビックリ 早速乗って 『ノリ心地サイコー 毎日これで来て』 っと おほめいただいた
ちなみに TIREはTIOGAのCITY SLICKERに替えているが キャリアシステムが 事の他重く めっちゃ進まない

まぁ 娘を乗せてる時は 近所の激坂では乗れないので 押すだけなのだが かなりヨロけるので コアを使う

うーん 山で乗っていたBIKEも 娘が大きくなるにつれて こんな風に 変わっていくものなのか むぅ
とりあえず モウちょと ベンキョしよう 明日も ガムバろう


本日の練習:RUN ROAD 10km
本日のうた:CRAZY KEN BAND 『Barrio Chino』

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

テスト対策Week Day.1

2016-09-26 23:16:16 | Life
    

さて本日は月曜日 シルバーウィークも終わって みんなはBackToWorkのようだが ボクは秋休み
っと言っても いつまでも 遊んでいるわけにもいかず 10月からのテストに向けて ベンキョ

1日4教科で 範囲も広範囲にわたるため ナニをドコから 手を付けてよいやら…
とりあえず 覚えることの多そうな "子どもの保健"から いってみよ

って事で 本日はドコへもでかけず 自宅で自習
唯一 外に出たと言ったら 遠征で汚れたカーを 洗うために 自宅の前に出たくらいだ

まぁ 雨が降ったりやんだりで 良く解らない天候 今週もずっと傘マークが付いているし…
照ったと思ったら すぐにどんよりして 雨音が忍びよってくる 

途中 なんどか 借りて来た蓼科文庫を開いてしまい 脱線してしまう 
ベンキョしていたら あっという間に一日が過ぎてしまい 娘帰還 妻が夕食をこしらえてくれた

明日もガムバろう


本日の映像:(iPad) Editors' Choice Spring 2016: Exped Synmat Hyperlite Duo

BackpackerMagazineの Eitor'sChoise Awardが ハピョーされてまして
A,Oさんが 蓼科で話してらした "ゴミ袋で空気を入れる"System採用です

Comments (4)
この記事をはてなブックマークに追加