まつなる的雑文~光輝く明日に向かえ

まつなる兄さんのよしなしごと、旅・町歩き、野球等観戦、寺社巡りについて書きます。元・JR全線乗りつぶし達成者です。

第9回四国八十八所めぐり~結局高知で飲みたいだけやん

2017年05月11日 | 四国八十八ヶ所
4日は安楽寺(30番奥の院)、竹林寺、禅師峰寺、そして雪蹊寺と回り、長浜のバス停から高知駅まで戻る。駅の物産センターで土産物の購入と発送を行い、早い時間にホテルに戻る。大浴場はまだ開いていないために部屋のシャワーを使い、少し横になる。

そして17時前に帯屋町のアーケードに向かう。この日もひろめ市場ではなく、一軒家の居酒屋を目指す。前夜の「一本釣り」もよかったが、今度はより大衆的な雰囲気の酒場を目指す。休日だからサラリーマンの姿は見えないにしても、平日なら地元のサラリーマンで賑わいそうなところ。

その名も「赤のれん」。1階の「元祖」、2階の「本店」があり、1階はカウンターのみ、2階はテーブルと座席という造りである。創業68年とあるから高知でも古くからやっているほうだろう。

私が口開けの客のようで、土佐弁の店主が明るく迎えてくれる。「県外?この時期ならご旅行ですな」から始まり、大阪のどの辺からと訊かれて藤井寺と答えると、「近鉄『バッファローズ』やね」と。野球好きなようで、6月には甲子園に阪神と日本ハムの交流戦に行き、ついでに大阪の食文化を偵察?するとか。「うちら、こういう時でもなけりゃ大谷君を見れんきに」と言うが、その大谷、現在治療中だが交流戦には出られるだろうか。

連休は市場が休みのため魚の種類は少ないそうだが、カツオのたたきはできるとのことで塩たたきで注文する。粗塩をかけたりつけたりというより、自然な感じで塩味を馴染ませている感じで、また一味違う。

この店が大衆的なのは、売れ筋が3本300円の焼き鳥とか、串カツの5本盛りとか、その他の普通の居酒屋にある単価の安い一品料理が多いこと。その中に「ベトコン」というのがあり、これは何かいなと注文する。豚のタンを焼いたもので、店主曰く、東南アジア風の香辛料で味つけしたからこの名がついたとか。それにしても「ベトコン」って、時代をうかがわせるような名前である。

マニー・ラミレスの話もする。「まあ、お客も増えたし、給料分は働いたんとちゃうの?」と、ちょっと突き放した感じ。高知でもこういう人は結構いるのかな。「高知のホテルのスイートルームいうたらあそこかなと思うけんど、そこまでびっくりするもんとちゃうよ」(マニー・ラミレスは高知市内のホテルのスイートルームを宿舎としており、合宿住まいの他の選手たちとの格差も言われている)

そんな中、次の客が入ってきた。店主がどこから来たのかを訊くと「岐阜」と答える(後の会話で出たのは大垣)。バイクの旅行者で四国は初めてという。前夜は四国カルストのキャンプ場で一夜を明かし、今日は桂浜のキャンプ場に泊まるという。高知市内なら何か名物が食べられるかと、桂浜にバイクを停めてわざわざバスで市街地まで来たという。結構なワイルドさに店主も私もびっくり。

そこへもう一人入ってくる。「大阪、岐阜と来たから次は静岡あたりかな?」と店主が楽しげに「どちらから?」と訊くと、尾張の一宮という答え。おまけにバイクで来たというから、大垣のライダーと意気投合。

そこに地元の常連さんも入ってきて、地元ネタを含めて盛り上がる。変則的だが、高知の酒飲み県らしい風情を楽しむことができた。私も、四国が初めての大垣のライダーにちょっとエラソーなことを言ってしまったかと思う。「お兄さん四国詳しいッスネ」と言うのを真に受けて。

ただそれも一時のことで、「次呼ばれてんねん」という地元客、尾張一宮のライダーに続いて、私も席を立つ。最後に残った大垣のライダーに、桂浜への祭終バスに間に合うかなと声をかけたが、あの後ちゃんと帰ったのかな・・・?

・・・何だか単なる居酒屋レポートになったが、こうした店に出会うことができるのもマイペースの四国八十八所めぐりならではと思った。

この後の私はホテルに戻り、ただその夜はブログの更新もなくいつしか眠っていた。翌日の5日は今回の最終日。札所をどのように回るか、そして夜をどうするか。さまざまな動きのある一日を前にまずは眠ることに・・・・。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 第9回四国八十八所めぐり~... | トップ | 第9回四国八十八所めぐり~... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

四国八十八ヶ所」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。