まつなる的雑文~光輝く明日に向かえ

まつなる兄さんのよしなしごと、旅・町歩き、野球等観戦、寺社巡りについて書きます。元・JR全線乗りつぶし達成者です。

年末年始の四国八十八所めぐり

2016年12月20日 | 四国八十八ヶ所
この年末は、第6回となる四国八十八所めぐりに出かける予定である。

一応目的地としては、これまで積み残しになっている13番大日寺、14番常落寺、15番国分寺の徳島市内3つと、22番平等寺、23番薬王寺。これで徳島、阿波の国は完結となる。

さらにはもう少し進めて、室戸にある3ヶ所(24番最御崎寺、25番津照寺、26番金剛頂寺)まで行こうと考えている。高知、土佐の国に足を踏み入れるわけだ。

このうち、日和佐の薬王寺と室戸岬の最御崎寺には、以前も観光やドライブで訪ねたことがある。ただそれは観光の一環であり、よもや自分が白衣を着て回ることになるとはその時は思わなかった。

薬王寺~最御崎寺の間は80キロほどあり、歩くと2~3日かかるところである。ただ私は四国めぐりのベースはあくまで公共交通機関としている。これまで山道の「遍路ころがし」は歩いたが、今回のこの区間を歩き通そうという気はない。路線バスは少ないながらもきちんと走っている。

これらを踏まえて時刻表で計画を立てた。私なりの条件を入れたので相当ややこしいプランとなったが、後は無事に列車やバスが動いてくれればと願うばかりである。

そしてその先は高知県内である。徳島と違い、現地に行くだけで時間がかかるし、交通の便もよろしくない。ましてや、アイランドリーグ観戦という縛りをかけている。ちょっとプランを組んでみたのだが、かなり難航しそうである。ただそのぶん攻略する面白さはありそうだ。

これから深みにはまる四国めぐり、来年はどんな形で進むのだろうか・・・。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 日本ハムが新球場建設へ | トップ | 糸魚川で大火災 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。