まつなる的雑文~光輝く明日に向かえ

まつなる兄さんのよしなしごと、旅・町歩き、野球等観戦、寺社巡りについて書きます。元・JR全線乗りつぶし達成者です。

藤井寺バファローズ

2017年05月20日 | ブログ
帰宅時にちょっと立ち寄ろうかと、藤井寺の駅前から一本中に入る。焼鳥をメインとしたチェーン店があるので、久しぶりにそこに行こうかと行ってみると・・・。

「藤井寺バファローズ」

肉大衆酒場という名前の店に変わっていた。おお、これは何というネーミングだろう。ぜひとも入ってみなければ。

店内もすごいことになっている。カウンターに座ると横には野茂英雄のレプリカユニフォームが飾られている。これはと写真を撮るとカウンターの内側から、「よかったら、レプリカですけど他にもありますよ」と勧められる。

他にはラルフ・ブライアントとタフィ・ローズのレプリカユニフォームがある。野茂が投げ、ブライアントが打つ・・・私の高校、大学時代の藤井寺球場の景色を思い出す。ローズは藤井寺でプレーしたのは1年だけで(翌年から大阪ドームへ)、その意味では逆に希少価値のあるものだ。

で、肝心の料理だが、飲み物は280円均一。食べ物は一品ものの居酒屋メニューもあるが、「バファローズ」だけに牛肉料理がメイン。ステーキもあれば串焼きもある。「バファローズサラダ」というのもあり、野菜の上に肉しゃぶを乗せ、猛牛の角はプリッツで仕上げ。

もう一つポイントだったのが、焼酎があのホッピーに最も合うとされている四日市の「キンミヤ焼酎」。これをプレーンでいただく。ステーキとも合う感じだ。

そのものズバリの店名の理由が店内に貼られていて、

「僕が藤井寺に来たのは二十三年前 東寺は球場も有りバファローズの試合のある日は、藤井寺中人だらけ 夜中まで一杯でした。もう一度あんな街に・・・というそんな思いで『藤井寺バファローズ』と名付けました」とある。

確かに、藤井寺の駅前というのも、今はもう一つ活気がないように思う。近鉄バファローズも、藤井寺球場も、もう昔の話になりつつある。そんなところにこうした店が出来たというのもうれしい話である。ここはまた行ってみたいし、藤井寺にお越しの折には、ぜひ・・・。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 気付けば借金生活 | トップ | 第32番「斑鳩寺」~新西国... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。