工場長の製作日誌

模型製作記録とか辺境の記録とか

明延のしろがね号(明神電車)

2016-10-14 19:51:59 | 今日の製作所


某所で要望があったので、模型用に撮影した車両の写真もこちらで公開していきたいと思います。
・・・遠隔地で中々実際見るのは・・・という場合に模型化の際の参考にしていただければ幸いです。

模型製作の視点から撮影していますが、ヘタクソなのはご容赦くださいw

第一弾はしろがね号です。
このコーナーでは実車の来歴や現役時についての解説は特にせず、ひたすら「撮影時点の姿」を紹介するつもりです。
それらの文献は他にあるでしょうからね。





サイドビュー
全長は約3300mm。軽自動車程度です。
片側にある扉の寸法は1350×550。
車輪の位置がズレているのに注意。外にせり出している方が駆動軸。



非駆動軸側の前面片側には窓を塞いで手回し式のサイレンが取り付けてあります。









駆動軸側前面
全体に曲面で構成された独特な風貌です。
ボンネットの肩部分だけ角になっているのが面白いところ。





車軸回り











車内
定員6人はかなり窮屈だろう。


(訪問日:2016.10.2)
『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 木曽へ行く その2 | トップ | ころころ動力で走る小型貨車... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。