松実ブログ

松実の教員が書き込んでいます。面白い先生がたくさんいますよ☆

批判は受けるのも、するのも難しい

2017年07月21日 09時00分00秒 | Weblog

ほとんどの批判というのは、いくつかの真実が根底にあります。批判を通して、暗示があり、その暗示から物事の改善や学習をする機会が与えられるのです。

批判する人たちの意見には、価値のある重要な暗示を含んでいる可能性がありますが、多くの場合、その人たちの対抗的な態度だけを記憶してしまいがちです。ですから、批判の「本質」と「方法」を切り離す必要があります。たとえ相手が怒りをあらわに話をしていたとしても、批判の底にある「役に立つ提案」を相手の感情から切り離す努力をすべきなのです。

人から優しい言葉を聞くと幸せな気分になり、人から批判を受けると最悪な気分になります。しかし、その賞賛がうわべだけのものだったり、真実から離れたお世辞だったら、私たちは進歩していくでしょうか。改善や発展を遂げていくためには、建設的な批判を受け入れ、その人たちに感謝すべきなのです。

仮に私が妻の料理を批判すれば、妻は怒り出すかもしれません。でも、料理がまずい原因を見つけたのであり、個人を批判したのではありません。批判は自分のためであり、人格を非難されているのではなく、表面化していない過失や欠点が指摘されているのだと感じることが大切です。

そうは言っても、時には的外れな批判もあります。不快な思いはしますが、受け流すことはできます。冷静に完全に無視してしまうことです。そういった批判は、象を攻撃しようとする蟻と同じで、全く取るに足らないと受け止めることです。沈黙を守って距離をおくことで、その誤った批判を鎮火させます。対抗してしまえば、その批判に無用な重要性を与えてしまうのです。沈黙を守れば、相手に敬意を払わせる威厳も保てます。

反応する前に時間をおくことも大事なことです。怒りや傷ついたプライドですぐに反応すると、後悔することになりかねません。忍耐強く少し時間をおくだけで、平穏に対処ができるのです。

また、笑顔というのは作り笑いでさえ、リラックスさせる手助けをしてくれます。前向きな雰囲気を作り、状況をスムーズにします。確実に心理的に役立ちます。笑顔は周囲を和らげてくれるからです。


日本人は英語に自信がなかったり、気まずくなったりしたくないので、話題に触れずにやり過ごしてしまいがちですが、やりたくなくても、相手を批判しなければならない場合もあります。そんな時は、感情的になって誤解を避けるためにも、言い方に十分注意を払いましょう。

  • 直接非難しない

"You’re wrong!"

"Your presentation was terrible!"

などは個人攻撃する言い方で、相手は身構えてしまいます。身構えると、批判を受け入れることはほとんどなく、相手はあなたから何も得ることができません。相手がより批判を聞き入れられるような言い方をしましょう。

  • 褒め言葉を使って柔らかく伝える

批判する前に、褒め言葉を使って相手の気持ちを温めましょう。心から気に入った点をいくつか伝えてください。例えば、

"I enjoyed your presentation today."

"You presented a lot of good and helpful information in..."

"I can tell you a lot of effort into it."

"I appreciate your hard work."

これにより、相手が身構える姿勢を和らげ、喜んで聞いてくれるでしょう。

  • "but"で続けない

"but"を使うと、次に対照的な考えを言うことが相手に伝わり、最初に心から具体的に相手を褒めていなかった場合、相手はすぐに身構えます。褒めた後は、その言葉を飲み込むための時間を相手に与えましょう。相手が褒められた内容を理解したら、新たな文章を使って建設的な批判を伝えてください。

  • アドバイスを加えて建設的な批判をする

建設的な批判の目的は、相手の成長を手助けすることです。アドバイスを添えて、相手を否定するのではなく、相手に役立つような批判をしましょう。

"Next time you might want to…"

"I find it helpful to…"

などといった表現を使うと、相手を非難せずに、かつインパクトを与えることができます。


この記事をはてなブックマークに追加

僕の夏休み

2017年07月20日 22時13分29秒 | Weblog

みなさん、こんばんは。

今日は夏休みの初日、みなさんはどんな過ごし方をしていますか?
4月から当たり前のように登校していたみなさんがいなくなってしまうと
やっぱり校舎はさみしく感じられます。

私がこれまでに過ごしてきた夏休みの中で1番思い出に残っている
出来事といえば、

長野県に行った、各駅停車の旅です。

当時高校2年生だったのでちょうど高等部のみなさんと同じ年齢の頃ですね。
この旅は初めて大人と一緒に行かず子供だけで行った遠出ということも
また、ローカル線・路線バスを乗り継いで何時間もかけて行ったということもあって
非常にドキドキした旅でした。

乗り継ぎがなかなかうまくいかず、数時間にわたって駅で時間を潰したり
激しいバス酔いに襲われながらようやく目的地に到着したわけですが

目的地は一面霧に覆われて何も見えない・・・雨も降って外にも出られないという
最悪のコンディションでした。
それでも苦労しながら歩んだ旅路そのものが今も楽しい思い出です。
さらに、数年後にあの場所と神秘的な再会を果たしたことも
輝かしい思い出に華を添えることにもなりました。

あれから10数年、車の運転が好きなこともあって
今もあちこちに旅行に出かけます。

見知らぬ土地で出会う新たな発見と驚きが心のエネルギーに
なっているようなので、どうにも止められません。

みなさんにとって心のエネルギー充填方法は何でしょうか?
ぜひ、この夏休みにいろんな方法を試してみてください。
たくさんの方法を知っていると、それだけでみなさんにとっての武器になるはずですよ。


事故・怪我、健康管理には十分気をつけて、楽しく実りある夏休みにしてください。



 taks


この記事をはてなブックマークに追加

これまでの振り返り

2017年07月19日 21時12分45秒 | Weblog

みなさん、こんばんは。

 

 

今日は、4月からの学園生活に一区切りつける節目の夏期休業前集会が開かれました。

まずはホームルームで夏休みまでを振り返ると、思っていた以上に「進路」、「勉強」という言葉が出てきました。それがうまくできたのか、あまりできなかったのかは別として。

 

 

そう聞いて、みなさんは高校3年生としては当たり前だと感じるでしょうか。

 

 

私は高校1年生から縁あって持ち上がりで3年生まで見てきました。

 

入学したての頃を思い返すと、進路のことを考えられること自体がものすごい成長だとうれしく感じました。

転入生についても、時期は違えど同様にそれぞれに成長していると感じています。

 

 

そして思うのは、だからこそ私は松実にいるのだということです。

 

 

これもまた縁あって、私は約5年前に松実高等学園に出会いました。

そこからあれよあれよという間にもう松実に来て6年目に入ります。

これまでに2度卒業生を担任として送り出し、今年度で3度目です。

 

 

卒業生担任としての仕事はたくさんありますが、一番に考えるのはやはり進路です。

 

松実高等学園に来る生徒は理由はそれぞれ違っても、「学校に行けない、行きたくない」、「人と関わるのが嫌だ、苦手だ」という人が多くいます。

そんな生徒が、進学、就職、あるいは少し準備期間を取るとしても、様々な形で人と関わる社会に出て行く。

その窓口に立って、進路先との間を取り持つことは決して容易なことではありません。

それでも、これまでの経験を通して、自分にできることが何かしらあると思っています。

そして、それをやりたいとも思っています。

 

 

3年生以外の担任が重要ではないというわけではありません。

1年生、2年生で生徒の成長を促し、進路実現へ繋げていくのですから、むしろ重要なのは1、2年次の担任の関わりなのかもしれません。

 

それでも最後に◯◯大学に進学する、□□企業に就職する、△△で就職に向けてスキルアップを図ると、何かしらの形にしなければいけないのは、やはり3年生の担任なのだと思うのです。

 

 

現高3生は高1の頃からクラス担任として、学年主任として関わってきた生徒たちです。

人生に1度の高校3年間、そのすべてを共有してきたわけです。

 

 

これからの8ヶ月は、私自身が松実に来てからすべての結果だと思います。

 

 

それぞれの進路実現が、本当の意味で「自立」と「共生」に繋がるように、今年度、残された1日1日を大切に過ごそうと考えています。

 

 

現高3生、松実高等学園高等部中央校15期生は、高1から学年のテーマとして「イチゴイチエ」を掲げています。

 

1つの出会いを1生に1度しかないものと考える「一期一会」はもちろん、

1つのことを「ゴ」する(護(大切にする)、娯(楽しむ)、語(表現する)、悟(理解する)、互(互いに・人と共有する))。

そして、「エ」する(得(手に入れる)、笑(笑う)、選(選ぶ)、恵(恵み・恵まれる)、重(積み重ねる))。

 

彼、彼女たちが入学してくる時に、どんな風に学園で過ごしてほしいかを考えに考えて打ち立てたものです。

 

1年次は「イチゴイチエ」

 

2年次は「イチゴイチエ2」(2回目・1年次の2倍にする)

 

今年度は「イチゴイチエ3」(3回目・1年時の3倍にする)

 

 

15期生の「イチ」と「ゴ」にもかけてみました。

 

 

自分の中でこれ以上は出てこないと、ずっと掲げてきたテーマを基に、それぞれの進路実現、自己実現に向けて、卒業まで共に支え合って過ごしていきたいと思います。

 

 

3年生のみなさん、夏休みでもほとんど毎日登校する人もいるかもしれません。

それから来週は24日、25日とサマーキャンプが控えています。

明日、明後日と登校しないみなさんも、来週最高の思い出を作りましょう。

 

 

それではまた、学園で待っています。

 

 

こーへい


この記事をはてなブックマークに追加

夏休みに挑戦したいことはなんですか?

2017年07月14日 09時50分18秒 | Weblog

中1のHRで、「夏休みに挑戦したいことはなんですか?」というアンケートを取りました。

 

「カメの観察日記をつける!」

 

「カブトムシの生息圏を調べて世界地図をつくる!」

 

「勉強を進める!!」

 

など意欲的な意見を聞くことができました。

長い長い休みを有意義に過ごすためには、目標を立てることが欠かせないと感じています。

ちなみに私は最近小物作りにはまっているので、レジンで小物を作ったり、レザークラフトでブックカバーを作れるようになりたいなぁと思っています。

是非この機会にしかできないことに挑戦してください。

そしてお休みが明けたら、この夏の成果を語り合いましょう。

 

タナスヅ

 


この記事をはてなブックマークに追加

夢は、心。

2017年07月12日 21時51分15秒 | Weblog

『なんのために生まれて なにをしていきるのか

 分からないまま終わる そんなのは嫌だ』

 

そう、食べられる顔を持った、空飛ぶヒーロー『A』の有名な主題歌ですね。

 

最近、夢を1つ1つ丁寧に実現している人と、お話をする機会がありました。

その人は、常に常に勉強をして、その道の専門的な『知識』を蓄えていて、

現代社会に生きるこういう問題を抱えた人たちの力になりたいという『情熱』を持ち、

悪戦苦闘しつつ、賛同してくれる仲間と一緒に日本にそれを広げていこうという強い『意志』がある人です。

 

強い意志があっても、それを続けようという情熱がなければ形にならないし、

情熱ばかりあっても、それを裏打ちする知識が欠けていたら、それは絵空事。

知識ばっかりの頭でっかちになっても「これをやろう」という意識がなければ何もできません。

 

『知識・情熱・意志』すなわち『知・情・意』の3つがそろってこそ、

自分が叶えたい『夢』が形になるのだと分かりました。

 

で、その『知・情・意』なのですが、これは『心』の定義だとのこと。

去年の夏の教職員研修で、松実のヒーロー『A』先生に教わりました。

 

ということは、夢は、心なのですね。

 

この夏私は、教員免許の更新で、大学で勉強をして、試験を受けてきます。

何のために教師になったのか、教師になった私は、教師となれたのか、

自問自答し初心に帰る夏にしたいと思います。

 

自分の『知・情・意』をそれぞれパワーアップする予定です。

夏休みまであと1週間を切りました。みなさんは、どんな夏にしますか?

 

(松実でやりたいこと、また一つ見つけた)マリオより。


この記事をはてなブックマークに追加