松実高等学園 初等部 BLOG

初等部の出来事を掲載日々掲載しています☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ふれあいマーケット★

2016-07-05 | 日記
 就業体験、人とのふれあいを目的に野菜販売と喫茶店のウェイター体験を行いました。

野菜販売では前日に農家の方に協力を頂き野菜の袋詰めを行いました。


当日はあっっっという間にほとんどの野菜が完売してしまいました。
丁寧な言葉遣いを意識し、生きていく上で必要なお金の計算も経験することができました。
算数が苦手な子でも楽しい経験から学ぶことで習得することもできます。





喫茶店でのウェイター体験では、慣れないながらも慎重に飲み物を運ぶ姿が印象的でした。
お客様からも「かわいいね」「頑張ってね」とのお声がけを頂き、少しずつ自信に変わっていくことができました



今回の体験を通して、高齢者の方をはじめ主婦の方や通りかかった方の温かみを感じることができました
この温かさを感じることが今後の人生においてとても重要なことだと思いました。

次回は本学園で開催する予定です。たくさんの方のご来場をお待ちしております

最後にいつもボランティアで協力してくださっている農家の方、場所を提供してくださった「ぷリズム」のスタッフの方
応援に来てくださった保護者の方、その他たくさんのご来場くださった方々、本当にありがとうございました

この記事をはてなブックマークに追加

茶道体験

2016-06-24 | 日記
茶道体験を行いました

最初に佐藤先生よりお辞儀の仕方を学び、それから草履を履き、手と身を清め
にじり口から茶室に入りました。

そして佐藤先生に茶道の作法を教えていただきました。





先生は、なぜこの時はこの種類の御辞儀をするのか。なぜ、御茶碗を2時→4時の方向に回すのか。なぜ畳の縁は踏んではならないのか。
なぜ障子は直ぐにバタンと開けてはならないのか。などなど子どもたちのに分かりやすく説明してくださいました
一つ一つの動作に意味があることにとても感動しました
茶室は正に日本の伝統文化が詰まった場所であることを子どもたちも実感していました。





子どもたちは、「また行きたいまた学びたい」と目を輝かせて言っていました。

学ぶことで感動するとはこのようなことなんだと私自身も学ばせて頂きました

今日は、すばらしい茶道体験、そして感動体験をしました。

この記事をはてなブックマークに追加

着付け体験&空手体験

2016-06-21 | 日記
本日のアクティビティは、男子は空手体験、女子は着付け体験でした

着付け体験では、一人ひとり丁寧に浴衣の着付けと帯の結び方を学びました。
日本の女性として、自分で美しく着物や浴衣を着るのは憧れですよね。
着付けは、慣れるまで様々な体の筋肉を使いますし、ちょっと疲れたかもしれませんが、
何度も復習し自分で着られるようになる!!という目標をもって頑張っている姿が輝いていました。

「せんせい~写真を撮ってください。お母さんにみせたいの!」
そんな言葉もまた微笑ましかったです



空手体験の教室をのぞいてみると、
「はい!!押忍!!」と気合を入れて声を出し、これまで見たことのない機敏な行動をしている男子児童の姿が輝いていました
体験するまでは、「せんせい~休みたい」「めんどくさいな」なんて失礼ながら言っていたのに、いざやってみると全員が真剣な表情で声を出し、体を動かしていました。
正直、驚きました。
誰も見ていないのに教室に入る際にお辞儀をしたり、あいさつの声が大きくなっていたりお辞儀の仕方が美しくなっていたりと・・。
短時間でも、子どもたちの心に響く体験だったんだとすぐに理解でき、私たちも感激しました。


きっと様々な人との出会い、そして体験することで大人が想像する以上に成長するのですね
これからも素敵な体験にチャレンジしていきましょうね。
みなさんの半年後が楽しみです

この記事をはてなブックマークに追加

大切に育てる。

2016-05-12 | 日記
 今日は穏やかな天気でしたね。初等部の児童は谷原の庭でダンゴムシと触れ合ったり、探検をしたりと楽しそうに休み時間を過ごしていました。
また、今年も谷原の庭には、大輪のバラが存在感を増し咲き誇っています
バラのアーチももう少しで完成ですね。毎年楽しみです。
副理事長先生が毎日大切に育てている植物たちは本当に幸せそうに一生懸命咲きます。雨の日も風の日も。

~大切に育てる~

それは、私たち大人が子どもに対して一番意識しなくてはならないことですね。
美しく、力強く成長していく谷原の植物みて改めて実感しました。

植物も人間も栄養や光がないと育ちませんね。
人間の栄養は、食事もそうですが様々な体験、人や書物から得る知識も入ると思います。
光は、人からの愛であると思います。子どもは常に認めてほしいと感じています。無条件に愛されていると感じることは一番大切なことですね。

子どもたちの人格は家庭で育ち教育機関で学び、そして社会で生かしていくために育てていくのだと思います。

そのために今初等部でできること、一生懸命に考えていきたいと思います。

今年もワクワクする体験をたくさん計画しています。体験と学習を通して
大きく成長していきましょう。

一緒にチャレンジしていきましょうね

この記事をはてなブックマークに追加

スキー教室

2016-03-01 | 日記
 一泊二日のスキー教室に行ってきました。
初めての体験だった児童も何人かいたのですが、みなさん
上達がとてもはやく、驚きました

また、何より一番楽しそうだったのは、夕食、朝食のバイキングでした。
何十種類もあるバイキング。わくわくする気持ちを抑え、マナーを守り
礼儀正しく食べている姿に感心しました

スキー教室を通して、スキーの技術以外にも様々なことを学ぶことができた
二日間でした

この記事をはてなブックマークに追加