AI (ええ愛・Atelier Ichien)

ここは、『AI(ええ愛)』のある人たちの自由な空間です。一つ一つの記事に『AI(ええ愛)』が込もっているものばかりです。

vol.3234 笑うと決める 写真はMさんからいただいたプレゼントです╰(*´︶`*)╯ありがとうございます...

2017年02月13日 | 
vol.3234 笑うと決める

「笑う」ことについてのお話です。


_______


慣れていないことをすると、使われていなかった脳の機能が動き始めて活性化するといわれています。


料理好きな男性もいますが、「結婚して以来、料理を作ったことはない」という人は、休日にチャレンジすると脳の活性化に役立つのです。


見よう見まねで久しぶりに作った料理が不出来だったときには、ご家族に苦笑されてしまうことはありますね。


「お父さん、これ目玉焼き?破れた服のようになっているよ」などと子どもに笑われたら、一緒に大笑いすることで脳はさらに活性化されます。


笑いと健康に関する研究はいろいろと行われており、ストレス軽減や免疫力の向上などに加え、脳の記憶に関わる海馬を刺激するといわれています。


(中略)


過度なストレスを感じて「笑えない」こともありますが、ご家族に何かいわれてㇺッとするようでは、家庭も暗くなりがちです。


「お父さんが怒っている」と思えば、お子さんも笑えません。


「何かいうと叱られそう」とお子さんが考えたら、親子の会話も成立しづらくなってしまいます。


もちろん、笑いたくても笑えない状況もあるでしょう。


そのようなときに、「鏡に向かって作り笑いをする」という人がいました。


「無理に笑おうとすると顔が引きつりましてね。何度も繰り返している自分が滑稽で、自然に笑いが出てきます」と話していました。


ジョークを考えることも、頭を働かせるので脳を活性化させます。


ただし、ブラック・ユーモアは、ときとして他人を不快な思いにさせることがあるため、誰もが笑えるようなジョークを考えてはいかがでしょうか。


_______


最高のビジネスパフォーマンスを実現する101の習慣

北條 元治 著

安達 純子 著

秀和システム


_______



19世紀〜20世紀に活躍したアメリカの詩人“エラ・ウィーラー・ウィルコックス”の言葉をご紹介させていただきます。



「貴方が笑えば、世界は貴方と共に笑う

貴方が泣くとき、貴方は一人で泣く」



「この地球は涙の谷

悩みごとや悲しいことでいっぱいだ

そこで喜びはどこからか借りてこなくてはならぬ

その借り方は・・・

あまり有効な方法ではないが、しかしこの方法しかないので、あえていうが・・・

とにかく笑ってみること

笑うことで喜びを借りてくることができる」



「人生が楽しい時、笑うことは誰にでも出来る。

でも、本当に偉大な人っていうのは、人生の全てがうまくいかない時にでも、笑うことが出来るのよ」



笑うと決めるのです。


笑うと決めるから、笑えるのです。


車に乗り、家に帰ると決めるから、家に帰れるのです。


コンビニに行くと決めた人は、コンビニに行きます。


たとえ、雨が降っていても、風が吹いていても、環境に関係なく、家に行くと決めた人のほとんどは、家にたどり着きます。


笑顔や笑いは大切ですね♪


周りの人にとっても、自分自身にとっても。


周りの人はその時だけだから、しかめっ面の人がいたとしてもその時だけで終わるけど、自分がしかめっ面だったら、ず〜っとしかめっ面と一緒です。


ず〜っと一緒だとしたら、笑顔の方がイイですよね♪自分自身も♪


笑顔、笑い、意識していきます♪


__________

今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。

心より感謝します。

__________


このメルマガは、

転送、掲載、自由です。

朝礼や飲み会の席、友人や家族との会話で、どんどんご活用いただけたらと思います。

こちらから登録出来ます。

 ↓ ↓ ↓

http://rush1000.com/form_if.cgi?id=tamafuru&u=a4243f144db0dd26



ブログやメルマガ、フェイスブック等のネタとして使用する際は、以下のような文を入れて頂ければ、断りは要りません。

___

この話は、メルマガ「魂が震える話」で紹介されていました。

メルマガは下記のアドレスから登録できます。

http://rush1000.com/form_if.cgi?id=tamafuru&u=a4243f144db0dd26

___


よろしくお願い致します。


--------------------
発行責任者  「魂が震える話」けい
お問い合わせ kei@tamafuru.com
--------------------
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「私」を消し去ることができ... | トップ | vol.2902 [自分でやる] 100... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL