AI (ええ愛・Atelier Ichien)

ここは、『AI(ええ愛)』のある人たちの自由な空間です。一つ一つの記事に『AI(ええ愛)』が込もっているものばかりです。

人に好かれる人の特徴 人の心に灯をともす 2604 より 写真はMさんからいただいたプレゼントですヾ...

2016年10月13日 | 
【人に好かれる人の特徴】2604


本田健氏の心に響く言葉より…


人に好かれる人の特徴の一つは、「分け隔てがない」ことでしょうか。

人に好かれる人は、ポジティブな人ともネガティブな人とも、社会的地位がある人ともない人とも、人間関係を上手に持っています。

相手がどこかの会社の社長でも、フリーターだったり、引きこもっていたりする人でも、変わらず普通に接しています。


こういう人には、「相手がこういう人物だったら、こう扱う」というようなマニュアルはありません。

「一人の人間」として扱うので、相手も「大切にされた」と感じるのではないでしょうか。


興味深いことに、人間関係でトラブルを起こしやすい人ほど、自分の人脈の中で序列をつけています。

自分より上の人には丁寧に接するのに、自分より下だとみると、ぞんざいに扱ったり、傲慢な態度を取ったりするのです。


分け隔てのない人は、話をするときも、なるべく相手が共感できるポイントを意識しながら、

「この年代の人だったら、こういうことに興味があるかな」

「こういう職種の女性だったら、こんな話し方をすると響くかな」

と想像力を働かせながら、会話を進めていきます。


もちろん、彼らもはじめからそういうことができたわけではなく、いろいろな失敗を経て、そういう会話のスキルを身につけたのでしょう。

人間関係を上手に保つためには、人を理解するための努力も必要だということです。


人間関係で大きな問題の一つは、「聞いてもらっていない感じがする」ことです。

特に、女性は、「男性に話を聞いてもらいたい」という強いニーズがあります。

男性は、人の話を物理的に聞いてあげればいいと考えがちです。

しかし、女性は話を聞いてもらうだけでなく、「共感してもらいたい」のです。


そして考えてみれば、共感してもらいたいのは、女性だけではありません。

どんな人も、人に聞いてもらいたい、わかってもらいたいと感じています。

つまり、誰にでも好かれる人になるための簡単な方法は、「人の話をじっくり聞いて、理解しようとする」ことなのです。

そのためには、相手をそのままで受け止めることが、大事になってきます。

どんな人とも普通に接することは、簡単なようでなかなかできません。

ぜひ挑戦してみてください。


『なぜ、あの人はいつも好かれるのか』三笠書房





よく、飲食店や小売店で、大声で怒鳴っている人がいる。

そういう人は、自分より強い人の前では、絶対に怒ったり怒鳴ったりしない。

自分より弱い立場の人、絶対に言い返さない人の前でしか、それをしない。

顔色を見て、人によって行動を変える、卑怯(ひきょう)な人間だ。


日本では古来より、武士道精神の中核をなすものとして、弱者への同情や共感、惻隠(そくいん)の情、卑怯なことを憎むこころ、などがあった。

弱者への共感とは、弱い者いじめをしないことであり、つまり「分け隔てがない」こと。

惻隠の情とは、相手の立場に立って、ものごとを感じ取るという、相手の心情を深く理解することであり、相手の痛みや気持ちがわかるという「思いやりの心」があること。

惻隠の情のある人は、「人の話をじっくり聞いて、理解しようとする」ことができる。


人に好かれる人の特徴は、「分け隔てがない」こと、「人の話をじっくり聞いて、理解しようとする」こと。

人に好かれる人でありたい。





■新メルマガの登録はこちらから
http://hitonokokoro.com/

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪
http://www.facebook.com/hitonokokoro

■【人の心に灯をともす】のブログはこちら
http://ameblo.jp/hiroo117/

★Google+始めました!
https://plus.google.com/b/115426645501816794861/
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第2155弾 ほんの少しの優し... | トップ | vol.2780 [人に好かれること... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL