AI (ええ愛・Atelier Ichien)

ここは、『AI(ええ愛)』のある人たちの自由な空間です。一つ一つの記事に『AI(ええ愛)』が込もっているものばかりです。

vol.3255 フォーカスする方に向かっていく 魂が震える話より 写真はCさんからいただいたプレゼント...

2017年03月06日 | 
vol.3255 フォーカスする方に向かっていく

成功する可能性が高まるお話です♪


_______


何かに意識を向ければ、それは拡大します。


たとえば、ポジティブなことに意識を向ければ、それは拡大します。


逆に、ネガティブなことに意識を向ければ、それも拡大します。


これは宇宙の法則です。


興味深い実験を紹介しましょう。


部屋の中に長さ五メートル、十センチ四方の頑丈な角材を置いて、その上を歩いてみるのです。


誰でも簡単にできるはずです。


では、その角材を高層ビルの合間に架けて、その上を渡ってみるとしたらどうでしょう。


おそらく誰もできません。


同じ角材の上を歩くにもかかわらず、部屋の中なら簡単にできるのに、高層ビルの合間ならできないのはなぜでしょうか?


部屋の中なら角材を渡ることに意識を向けるのに対し、高層ビルの合間なら角材から落ちることに意識を向けてしまうからです。


もしそんな状況で実行に移せば、落ちる可能性はきわめて高いはずです。


同様に、何かをするときは、失敗することに意識を向けてはいけません。


そうすればするほど、失敗する可能性が高くなるからです。


何かをするときは、成功することに意識を向けましょう。


そうすれば、成功する可能性はきわめて高くなります。


もちろんそうしたからといって絶対に成功するとはかぎりませんが、失敗することに意識を向けるよりは成功する可能性がはるかに高いと言えます。


_______


人生が変わる習慣

アンソニー・バーグランド 著

弓場 隆 訳

ディスカヴァー


_______


「人は自然とフォーカスする方に向かっていく」のだと思います。


車の免許を取るときに、教習所でも教わります。


例えば、左車線にトラックが走っていたとして、意識してトラックの方をチラチラ見ていると、段々そっちに寄って行ってしまいます。


だから、「もっと目線を上に上げて、遠くを見ましょう!」と言われるのです。


カーブでは、カーブの先の自分が行きたい方を見るはずです。


行きたいところにフォーカスしないと危険なんですね。


お笑い芸人の千原ジュニアさんは、「なんで千原さんの周りではそんなに面白いことばかり起きるんですか?」という質問対してこう答えています。


「お笑い芸人の周りだけで面白いことが起きてるはずなんかない。


でも、わしらは人におもろい話をするって決めて生きてる。


だから、面白いものが引っかかるんや」


これも、どこにフォーカスしているかどうか?がポイントということです。


日常のなかで、面白いことに視点(フォーカス)を当てているか、面白くないところに視点を当てているか。


それが違いを生むのです。


「人は自然とフォーカスする方に向かっていく」


幸せや、今あるものに視点を当てていたら、自分はなんて幸せな人生を歩んでいるのだろうと、幸福感に包まれる。


不幸や、無いもの、足りないものばかりに視点を当てていたら、自分ばかりなんでこんなにつらい人生をおくっているのだろうと悲しくなる。


そして、そっちを見れば見るほど、知らず知らずのうちにそっちに行ってしまう。


仮に、不安に視点を当てるなら、その不安を拭い去るぐらいの万全な準備をして「これくらいすれば大丈夫」と最終的に視点をポジティブにすればいい。


良くも悪くも見ている方に進んでいきますね♪

__________

今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。

心より感謝します。

__________


このメルマガは、

転送、掲載、自由です。

朝礼や飲み会の席、友人や家族との会話で、どんどんご活用いただけたらと思います。

こちらから登録出来ます。

 ↓ ↓ ↓

http://rush1000.com/form_if.cgi?id=tamafuru&u=a4243f144db0dd26



ブログやメルマガ、フェイスブック等のネタとして使用する際は、以下のような文を入れて頂ければ、断りは要りません。

___

この話は、メルマガ「魂が震える話」で紹介されていました。

メルマガは下記のアドレスから登録できます。

http://rush1000.com/form_if.cgi?id=tamafuru&u=a4243f144db0dd26

___


よろしくお願い致します。


--------------------
発行責任者  「魂が震える話」けい
お問い合わせ kei@tamafuru.com
--------------------
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いちばん簡単な徳を積む方法 ... | トップ | 人の温かさ ジャッカル。さ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL