AI (ええ愛・Atelier Ichien)

ここは、『AI(ええ愛)』のある人たちの自由な空間です。一つ一つの記事に『AI(ええ愛)』が込もっているものばかりです。

vol.3315 ユニークな目標「ユニークな目標」のお話です。写真はMさんからいただいたプレゼントです╰(...

2017年05月05日 | 
vol.3315 ユニークな目標
「ユニークな目標」のお話です。


_______


私は普段から、自分の目標に向けて「やり抜く脳」の力を発揮して、めざましい結果を出している各界の方々とお会いする機会が多くあります。


そして彼ら彼女らと語らいながら、ある特徴を共通して感じます。


それは、誰もがほぼ例外なく、万人が共通に持つ目標ではなく「自分だけのユニークな目標」を持っているということです。


お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣さんは、芸人のジャンルを超えた多彩な活動でこのところ話題になっています。


彼の目標はとびきりユニークで、それはなんと「ウォルト・ディズニーを倒す」というものです。


彼はまずその手始めとして、素晴らしいクオリティの絵本を描くことや、楽しさいっぱいのイベントを通じて「ディズニーを超える世界」を表現し始めています。


そして、「絵本を自分の手でベストセラーにしよう」「おとぎの町を実際に作ろう」などと、目標に向かって一歩ずつ確実に進んでいます。


西野さんのように、自分が本当に求める目標を持ち、そういう目標を公言できる人というのは、この時点ですでに「やり抜く脳」を手にしているのだといえます。


目標までの道のりとして、具体的にどのようなプロセスを踏まなくてはいけないのか。


そしてそのためにはいま、何をすべきなのか・・・。


そのビジョンが明確であればあるほど、体がノッてくる、つまり脳が活発に動き出すのです。


_______


やり抜く脳の鍛え方

茂木 健一郎 著

Gakken


_______


ユニークな目標ってイイですね♪


人と違う自分だけの目標は、誰かに伝えたときのインパクトもデカいでしょう。


夢や目標を決めるとき、どうしても考えてしまいがちなのが「他人の目」。


他人が目標に向かう訳じゃないのに、変な風に思われたらどうしようとか、キミには無理だと笑われたら嫌だなとか。


でも、結局動くのは自身です。


ならば、自分が一番ワクワクする目標を掲げたらいいんです。


仕事もそうですけど、嫌々やっている人、苦しいと思ってやっている人、苦行だと思ってやっている人に頼みたくないものです。


だって、自分が頼んだらもっと苦しんじゃうんでしょ?


なら他の人に頼むわ!って優しい大人は考えます。


仕事が楽しい、運動が楽しい、小説書くのが楽しい、人を喜ばすのが楽しいって人に頼みたい。


もちろん、自分の中での葛藤や努力や大変さはあるでしょう。


でも、それが人を喜ばせる力となって、それが自分のワクワクする目標に近づくのであれば、その大変さは心地よいものです。


週間少年「ジャンプ」に掲載されている“銀魂”に、昔こんな話がありました。


_______


神楽「スイカって惜しい奴アルな」


姫「何が?」


神楽「こんだけ美味しいのに種が邪魔アル


コイツさえなければ“梨”“桃”にも負けないスペックもってんのに」


姫「確かに・・・一度は種を気にしないで、思いきりかぶりつきたいと思った事はあるけど」


銀さん「わかってませんね姫様も神楽も


スイカっつーのはこの面倒な種があるからうまいんです。


何も妨害なしで実だけ食ったらこんな奴、迷彩服着たただの軍オタですよ。


種という障害をのりこえ食すという


いわばプチドラマが、スイカの味に緩急を生み、よりうまみを引き出してんですよ。


つまりスイカっつーのは実ではなく、そこに生まれたドラマを食うもんなんです」


_______


松下幸之助さんは言いました。


「成功した人は、普通の人ならその困難に打ち負かされるところを、反対に喜び勇んで体当たりしている」


ユニークな目標、おすすめです♪


__________

今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。

心より感謝します。

__________


このメルマガは、

転送、掲載、自由です。

朝礼や飲み会の席、友人や家族との会話で、どんどんご活用いただけたらと思います。

こちらから登録出来ます。

 ↓ ↓ ↓

http://rush1000.com/form_if.cgi?id=tamafuru&u=a4243f144db0dd26



ブログやメルマガ、フェイスブック等のネタとして使用する際は、以下のような文を入れて頂ければ、断りは要りません。

___

この話は、メルマガ「魂が震える話」で紹介されていました。

メルマガは下記のアドレスから登録できます。

http://rush1000.com/form_if.cgi?id=tamafuru&u=a4243f144db0dd26

___


よろしくお願い致します。


--------------------
発行責任者  「魂が震える話」けい
お問い合わせ kei@tamafuru.com
--------------------
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 便宜主義が堕落の始まり 人... | トップ | vol.2980 [きちんと生活する... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL