AI (ええ愛・Atelier Ichien)

ここは、『AI(ええ愛)』のある人たちの自由な空間です。一つ一つの記事に『AI(ええ愛)』が込もっているものばかりです。

「困った」の次には何かいいことがある 人の心に灯をともす 2496 より 写真はMさんからいただい...

2017年04月25日 | 
萩本欽一氏の心に響く言葉より…


成功っていうのは、安全な道にはないんです。

安全な道には、失敗もない。

でも、大成功というのは、ひじょうに危険な道にしかない。

どうして危険な道が大成功なのかというと、危険な道はめったに人が通らないから。

だから、大成功なんだよね。


困った時に「ああ、困った、俺ってなんて情けないんだろう」って言う人には、運は来ないの。

運っていうのは、困った時に「困ったはチャンスかもしれない」と言いう人にしか来ないんです。

でも、10人のうち9人は「困った」って言うんですよね。

だから、これまでの歴史を見ても、世の中で大成功をおさめる人っていうのは、全体の1割くらいでしょう。


人間て、いつも困るようにできてるんです。

で、10人のうち9人は困ったから逃げちゃうんだよね。

「困った、困った」って言いながら、逆に運のないほうに行ってしまう。


たとえば、会社で窓際に行かされたら、「自分は会社で認められてないんじゃないか」ととるわけですね。

「認められてないんじゃあ、もうダメだ」って。

で、会社を自分からやめて、もっと困っていく。

それが9人ですよ。


でも、そのなかにひとり、「困った」という言葉を使わない人がいるんです。

窓際に行かされても、「自分は必要じゃないんだ」とか、そういう言葉はないんだよね。

「窓際でお休みしろっていうことは、これは転職しろっていうことかな。ということは、俺にとって今がチャンスなのかもしれないな。じゃあ、そっちをちょっと考えてみるか」って、この機会に逆に踏ん張る。

その1人が成功していくんじゃないの。


だから、みんなが「困った、困った」って言ってる時は、僕は逆に「何かいいことがあるぞ」って思う。

これまでだって、困った後に、大成功にぶち当たってる。

とんとん拍子に行って大成功じゃないですよ。

全部、困ったの次が大成功。

その繰り返しだった。


テレビの番組だって何度も外してるけど、そのたびに、「ああ、エライことになっちゃった。この困ったを困ったじゃなくしなければ」って、思いながらやってきた。

でも、希望もすごくあった。

「よし、これはきっと、次に何かいいことあるに違いないぞ!」って。


『人生にはチャンスが三度ある』ビジネス社





「ピンチはチャンス」という言葉がある。

「幸せは、不幸の顔をしてやってくる」という言葉と同じで、チャンスもピンチの顔をしてやってくる。

ピンチのときそこであきらめてしまうか、ここを乗り切れば次にすごいチャンスが待っている、と思うのか。


すべての「困った」ことの中には、チャンスが隠されている。

世の中の成功した新しい事業のほとんどは、この「困った」ことを解決した先にあるからだ。


「困った」という言葉を使わない人は、何か打つ手があるはずだ、解決する方法があるはずだと、どんなに苦しいときでもグチや泣き言を言わないし、参ったと言わない。

『「困った」の次には何かいいことがある』

「困った」ことから逃げずに、チャンスを見つける人でありたい。






■新メルマガの登録はこちらから
http://hitonokokoro.com/

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪
http://www.facebook.com/hitonokokoro

■【人の心に灯をともす】のブログはこちら
http://ameblo.jp/hiroo117/

★Google+始めました!
https://plus.google.com/b/115426645501816794861/
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« vol.2969 [今日の行動] 10... | トップ | vol.3305 それさえ克服できれ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL