築地まぐろ屋3代目 築地市場場内からのマグロ新鮮情報

築地市場場内で40年以上のマグロ仲卸をしている、『松井水産』より
鮪の仕入れ情報、お得情報を毎日に配信

佐渡島本マとニュージーインド!

2017-06-19 09:13:44 | Weblog
今日もマグロがイッパイ!!
少ない?無い??のはメバチとキハダ、それに養殖本マグロくらい。
天然の本マグロにインドマグロ!!
世間では『最高級』とされる2種のマグロが一番多い状況となっております(^^;)
とくに旋網マグロは塩釜と境港という、太平洋岸と日本海側の2大産地より!!
魚体は塩釜産は大きい物もありますが、平均50~60キロ台が中心としたサイズ。
旋網はこれくらいのサイズの方がヤケのリスクが少なくなりますから、かえっていいですね(^^)
天然のインドは今日はニュージーではなくオーストラリア中心。。
個人的にはオーストよりもニュージーの方が物が良く感じますが、まぁそれも物によりますが(笑)

他には日本海の定置網もあったと思いますが、旋網漁が増えてくると、日本海などの定置網は
一気に減ってきてしまいますよね。
旋網と定置網・・・同じ『網』で捕る漁ですが、やはり個人的見解になりますが、
旋網よりも定置網の方が物!というか、手当てが良く感じます。。。
まっ、それも物によりますが・・・・・



ということで(笑)



佐渡島定置網の天然本マグロと





ニュージーランド産の天然インドマグロ!
この時期になると毎年書いているような気がいたしますが、インドマグロを
『インド』と認識せず「本マグロ」だと思って食べるとたいてい
「インドって美味しくない」
という答えが返ってきます(^^;;)
そう・・・インドには本マグロの旨みである「酸味」が非常に少ない魚なんですよね。
ただそれと引き換えに、とても甘みの強いマグロなので

「本マグロというンドマグロは違う」
という認識の下、『インドマグロ』として私は食べるようにしています(^^)

『インドはインドの旨み』
を理解して食べると、本マグロとはまた違った美味しさでマグロを楽しめると思います(^^)


明日は「若干減る」と聞きましたが・・・・その『若干』がどれくらいなのか・・・
それは不明です(><;;)

といっても、これだけ出ていますから止め物も当然あるかと(^^;;)思いまーす!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 旋網が『山!?海??』 | トップ | 現場の声! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事