「まっちゃん」日記~かぬま・あわの活性化大作戦 サードステップ実施中!

より政治を身近なものに。皆様に活動近況をご報告いたします。

秋のイベントも盛り沢山。

2016-10-31 00:41:55 | Weblog
鹿沼市の秋のイベントも盛り沢山です。私は、宇都宮市長選挙の応援でスケジュールを調整していますが、時間に限りがある中でイベント会場に駆けつけさせていただきました。故郷下沢では二荒山神社例大祭が行われました。地元の神社の例大祭は、私が所属する下沢囃子方にとっても最後の披露の場。残念ながら太鼓をたたくことは出来ませんでしたが、納会で皆様と交流することが出来ました。加蘇地区では第10回コミュニティ祭りの開催、この地区のお祭りはまさに地域イベントのお手本でもあり、地域の老若男女が集い、思考を凝らした催し物が盛り沢山でした。エコライフフェア。鹿沼市の環境の祭典です。環境分野で頑張っている団体や地域、足立区や墨田区、そして県西環境森林事務所の木製フラワーポット等の製作も行われていました。本当に秋のイベント盛り沢山。こうしたイベントの企画立案、そして実施に向けてご尽力いただいたすべての皆様にただただ「感謝」です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

農ガール結集。3組が結婚へ。

2016-10-30 07:48:29 | Weblog
鹿沼市で行った婚活イベント「農ガール」が大変な効果を発揮しています。今まで、2回のイベントの取り組みで出来たカップル15組のうち、1組が結婚、残り2組が結婚予定にまで発展している状況とのことです。とても喜ばしいことです。本日の下野新聞26面にその詳細が掲載されていますが、農村地域でもある鹿沼市にとっては「目から鱗」ではないでしょうか。鹿沼市では新規就農者対策で研修生を募集し、まずは「イチゴ」栽培のノウハウを養成する事業をスタートさせます。県の補助事業も取り入れる形です。今回の「農ガール」そうした若手研修生にとっても吉報でもあります。農業に興味や関心のある女性にターゲットを絞り、婚活イベントの際の会話も「農業」。「今年のお米の出来はこうだった」「田植え機やコンバイン乗れる?」等と農業に関する会話が弾み、お互いの農業を通じての人生観や価値観の共有が図れたとのことです。「農業に絞り、需要マッチ」した結果です。こうした成功事例を参考に県内ではどうなのか、引き続き調査研究していきたいと思います。相手の職業に関心のある男女の結びつき、大いなる可能性が秘めていると感じています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第140回かぬまマンデーレポート。

2016-10-29 09:50:16 | Weblog
第140回を迎えることとなりました、かぬまマンデーレポートです。来週10月31日(月)午前8時より、東武新鹿沼駅前におきまして、開催します。国政もTPP審議で緊迫してきました。日本の食と農は大丈夫なのか。そして、知的財産権は。医療制度は。多くの国民が疑問を持っていることと思います。最大の疑問は、TPP対象国である米国が現在行われている大統領選挙において、民主党クリントン、共和党トランプ両候補とも、「TPP反対」と明確な態度表明をしていること。日本は絶対に再協議はしないと明言していますが、果たしてこうした国際情勢下でなぜ急ぐのか?私も県民の皆様の疑問に答えられない状況です。こうした国政に関する考え方、そして、県政や市政、各種選挙について凝縮して演説を予定していきます。2014年の1月からスタートしたかぬまマンデーレポート。2年9か月経過ですが、共に参加している大貫毅市議、島田一衛市議、そして、広報担当のIさんには特に感謝の言葉をお送りいたします。「政治の原点は辻説法にあり」益々頑張ります!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

県内公立校の「いじめ」認知件数が増加。

2016-10-28 07:47:42 | Weblog
県内の公立小中高校、特別支援学校における、2015年度のいじめ認知件数が残念ながら増加しました。しかも4割増の2859件。極めて残念です。県教委は、「気持ちをコントロールできない児童が暴力を繰り返す傾向がある」とのコメントを出していますが、一方で、いじめの発見実態についても、「アンケート」が1211件、「本人から」が593件、「本人の保護者から」が488件との結果でした。いじめの内容としましても、「冷やかし」、「軽くたたく」、「仲間はずれ」等が多いとのことです。正直、陰湿です。このようにいろいろな情報を分析するとともに、さまざまな角度から、原因や傾向、そして対応策や未然防止策を、調査研究・実施していかなければなりません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

県内特養待機4178人。

2016-10-27 09:08:13 | Weblog
昨日の下野新聞一面に、「県内特養待機4178人」との見出しが載りました。入所要件の国における厳格化が要因ではないかとの意見もふされていましたが、自治体によってはどうなのか、また、その他の要因は等調査する必要があると認識しています。高齢者社会の到来に向けて、未来への投資でもありますので、しっかりと対応していきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリーンエネルギー支援制度。

2016-10-26 11:46:34 | Weblog
今、私は宇都宮市長選挙に関連し、公共交通政策やネットワーク型コンパクトシティ構想について勉強させていただいております。クリーンエネルギー支援制度皆様はご存知でしょうか。EV(電気自動車)、PHV(プラグインハイブリッド車)、ハイブリッド(燃料電気自動車)などの自動車を購入した際、県内では5つの自治体が支援しています。県では、日光や那須地域の方々に限定で行っています。また、大田原、足利、小山、佐野の4自治体では各々の金額で支援を行っています。昨年度、そして本年度からスタートしている制度。大変興味があります。かつて、東京都はディーゼル規制を行い、排ガス規制と共に、東京都に進入する各地のトラックやバスは必要な整備や買い替えを余儀なくされました。今、メーカーでは「EVバス」の導入をスタートしています。東京都も2020年東京オリンピックに向けて環境負荷の低い「EVバス」の導入を図ろうとしています。さすが小池知事。かつての環境大臣。クールビズも小池知事がスタートしたんですよね。宇都宮のまちづくり。人口規模も多く、広い地域。ネットワーク型コンパクトシティ構想における地域間公共交通、地域内公共交通の導入に向けた検討は早期の検討が必要ではないでしょうか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「鹿沼材」利用でスクラム。

2016-10-26 11:37:05 | Weblog
鹿沼産材の利用促進に関する覚書の調印式が行われました。有り難いことです。鹿沼市森林認証協議会と鹿沼相互信用金庫における対応です。鹿沼信金は住宅ローンの貸付で優遇策を決定しました。一定量の鹿沼産材を使用した場合、住宅建築者に対し固定金利を年0.1%優遇するというものです。また、無担保の住宅リフォームローンにも適用するとのことでした。参考までに一定量とは、「8立方メートル以上使用」で、120平方メートルの木造住宅であれば3分の1の量とのことです。鹿沼信金は、昨年「地方創生に関する包括連携協定」を締結しており、お互いの情報や人材、技術を生かしたまちづくりを推進しようとしており、こうしたアクションプランが益々鹿沼の地で活発に進むことを期待しております。詳しくは、本日の下野新聞21面をご覧ください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

市民の声に感銘。「LRT中止大集会」での一コマ。

2016-10-25 00:07:50 | Weblog
LRT中止大集会での市民の声に感銘を受けました。若者の声。友人が大学の関係で県外に行ってしまった。自分は栃木に戻ってきたが、結果、仲間がいなくなる悲しみを訴える。UIJターンの必要性を感じました。子育て中のお母さんの声。もっと子育て支援に力を注いでほしいと訴える。保育園の充実を感じました。障がい者の声。移動手段に困っている。なかなか障がい者にはやさしくないLRTには反対。地域間公共交通ネットワークは宇都宮市のどこの地域に住んでいても、地域の実情に沿った公共交通を早急に計画立てしてほしいとの悲痛な訴えに、私も涙ぐみました。街宣活動を行うと、本当に多くの皆様から貴重な意見や要望をいただきます。こうした寄せられた意見に真摯に耳を傾けていくことが必要とヒシヒシと感じました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第139回かぬまマンデーレポート報告。

2016-10-24 23:43:06 | Weblog
本日、午前8時より、石橋町交差点におきまして、第139回かぬまマンデーレポートを開催しました。予告でも触れましたように、国政や県政の課題、宇都宮市長選挙について中心に報告しました。昨日には、宇都宮市で「LRT中止大集会(金子とおる氏総決起集会)」が開催され、今回の争点である「LRT中止」について、その内容説明を行いました。選挙戦も目前に迫り、連日、大変な状況ではありますが、確実に宇都宮市民の感触はつかめてきています。これからも出来る限り、行動に参加し、生の意見や要望を聞いていきたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第139回かぬまマンデーレポート。

2016-10-23 00:26:05 | Weblog
10月24日(月)午前8時より、石橋町交差点におきまして、第139回かぬまマンデーレポートを行います。今回は、国政や県政に関する課題、宇都宮市長選挙のポイント、政務活動費等について、私の所見を話します。何卒、よろしくお願いいたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加