「まっちゃん」日記~かぬま・あわの活性化大作戦 サードステップ実施中!

より政治を身近なものに。皆様に活動近況をご報告いたします。

県財政の中長期的なビジョンの確立を。

2017-05-12 08:28:35 | Weblog
本日の下野新聞1面に、「財調4年後125億円に減」の大見出しの記事が載りました。医療福祉、特に大型建設事業が目白押しの中、財政調整的基金(いわゆる県の貯金)が激減していくとの内容です。数年前、当基金が枯渇する恐れがあり、財政再生団体に転落するのではとのことから「とちぎ未来開拓プログラム」を編成し、議会でも出資法人改革等を知事執行部に提言するなど、抜本的な財政健全化対策を講じてきました。やはり大切なのは、県財政の中長期的なビジョンを確立することと考えています。そして、歳出に焦点をあてるのみではなく、歳入の予測もしっかりとしていく必要があると思います。人口減少、少子・高齢化傾向が顕著な中、現役世代の減少を踏まえ、県税収入の動向の分析を行ったり、その影響で確定していく地方交付税の動向等綿密な対応が求められていきます。財調の残高も、現時点ではあくまで「計画ベース」。未確定な予算も多く存在しますから、今後益々具体的な執行予定を見極め、その上での対策を講じていく必要があると思います。県財政のカギは、どの分野の事業や予算を優先していくのか、「選択と集中」の判断にかかってくる部分が多いと思います。その部分を私たちも調査研究し、県政に提言していきたいと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 連合栃木「2017暮らしに... | トップ | 第165回かぬまマンデーレ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL