えくぼ

ごいっしょにおしゃべりしましょう。

遥かなる父へ

2017-06-17 15:00:52 | 歌う
亡くなってから二十何年も過ぎたが父は時々私に接近してくる、明日は「父の日」、私の歌を贈ろう。私が文学に近づくのを嫌がったが父は文学が好きだったのだ。文学に関わって私を苦労させたくなかったのだろう、

遥かなる父へ

ひさびさに亡き父ゆめに現れて「やあ」と手をあげ去りてしまいぬ

怒りても目は微笑せよと言ったのはスタインペック、ではなくて父

文芸にかかわるなと言いしその父の書棚に川端康成全集

わが歌を一首も知らぬ亡き父へ詫び状ではなく挑戦状を

苛められないために苛める子と組むを許さぬ父は壮年だった

表面を見つめていればその裏が見えると言いぬ職退きし父

古書店の奥処に立ちている人よ振り向くなかれ暫し父なれ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 女性タクシ一運転手の歌集 | トップ | 雨の日の読書 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。