えくぼ

ごいっしょにおしゃべりしましょう。

母と娘、どう向き合うか

2016-10-25 09:38:38 | 歌う

              母と娘、どう向き合うか

 婦人公論11/8号 本日発売 特集 ♦ 母と娘、年を重ねてどう向き合う

      吉行和子 あぐりさんは、私にとっていまだに謎の女性です
      読者アンケート「長生き」して」から「死んでくれ」まで母への本音
      伊藤比呂美×信田さよこ 介護うつに娘の恋愛
      木村多江 父の死から10年、ようやく母の苦悩がわかった
      ルポ 強かった親が老いて。娘は過去を許せるか(関係が逆転する)

 母と娘の関係はややこしいなあと私は思う。一人娘か姉妹がいる場合、独身か既婚かでもその関係は異なる。娘を溺愛する母親に世間は批判的だが、母親を大切にする娘には好意的だ。だから娘は他人に母親のことをトヤカク言えない。非常識、自己中心的な母でも庇う。父親や兄弟姉妹についての不満は気軽に言える。しかし母親は自分を産み育ててくれる恩人だ。自分は母の分身なのだという思いも母親を庇い、甘やかしてしまうのか。

                 母という女 七首     松井多絵子 

     追い越して振りむけばまるで違うひと、母はあの春この世を去った

     あと五年生きていたなら母は見たわが晩春のすばやく去るを

     紫陽花の葉に水羊羹をのせるとき和服の母があの世より来る

     迷いつつ買わざりし『オモニ』という本の重みの残る手を吊革に

     母は子が重荷であろう子も母が重荷であろう、雨は止まない

     揚げ茄子のゴマ味噌和えができあがる母の味とは異なる味の

     手抜きしてつくる料理を食べながら母より長くこの世に居すわる

                    ㊟ オモニ 韓国語で「母」    

   アザラシの母がその子と暮らすのは生後半月、そして別れるそうです

                     10月25日  松井多絵子   

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大島史洋の『河野裕子論』 | トップ | 歌人クラブ東京ブロック大会 »

コメントを投稿

歌う」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。