えくぼ

ごいっしょにおしゃべりしましょう。

オランダではなく阿蘭陀

2017-05-14 16:14:32 | 歌う
三十年も前のオランダの旅を阿蘭陀の旅のように思いだす。あれは五月。

絵のなかへ入ってゆきます足音に風車の眠りを覚まさぬように

チュ-リップの花の季すぎしオランダにゴッホの影を追いつつぞいる

意地悪な女の顔を思わせる向日葵の絵を見つつ汗ばむ

がん張ってる女のようにも見えてくるこの油彩画の向日葵たちは

ゴッホ館めぐり終わりて草臥れる、彼は自身を虐げていた

はね橋が両手を挙げてやってくる糸杉の葉を伴いながら

裏町の酒場の客のゴッホめく男がわれの耳を見ている

阿蘭陀の酒場の男女が絵のなかに四百年も酔い痴れたまま
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私も「すみっこ」が好き | トップ | 空前の売り手市場 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。