えくぼ

ごいっしょにおしゃべりしましょう。

現代短歌新人賞の広坂早苗

2017-02-09 09:15:47 | 歌う
         現代短歌新人賞の広坂早苗

 第17回現代短歌新人賞は広坂早苗歌集『未明の窓』に決定(うた新聞2月)より。
昨年12月4日にさいたま市教育委員会主催で選考会が行われた。選考委員は中村稔、馬場あき子、篠弘、小池光、栗木京子。表彰式は3月12日(日、埼玉・大宮ソニックシティ市民ホール

 広坂早苗は1965年愛知県生まれ、「まひる野」所属。昨年創刊70周年を迎えた「まひる野」は篠弘が代表の結社。創刊は早稲田大学教授の窪田空穂。実作と研究、評論などで歌壇をリードしている。2月8日の朝日夕刊「あるきだす言葉たち」より広坂早苗の作品を、、。

           二月のことば     広坂早苗

    一夜城築かれており 今朝しんと雪をかむれる大川入山

    屋上に雪の聖岳を見て戻る午後のオフィスの小さき業務に

    氷点下十五度の街に住む息子凍ったのだろうメールも返らず

    母われに死ね、とも言わず積乱雲育てておりぬ子の十代は

    きさらぎの空はどこかが破れいて照りながらふる雪のかそけさ

    誰が生の喩なるか迷いなき線をふとぶとと描くひこうき雲は

    水仙は八頭身の少女にて風の日の丘にひとり咲きたり

    あこがれは二月のことば 花をまつ桜のなかに夕陽満ちゆく 
 

 
「今日の東京は雪かもしれない」との昨日の天気予報は外れたのか、5首目のように空のどこかが破れている、一年中で一番イヤな月だが悲しさ、辛さを詠める日々でもある。裸木を見ながら花を恋う、夕日のなかの裸木に桜を咲かせている作者、私も。

           2月9日  松井多絵子

      
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 運動10分で記憶力アップ? | トップ | 金曜夜は上野で文化を »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。