えくぼ

ごいっしょにおしゃべりしましょう。

仙石原のポーラ美術館

2016-10-11 22:08:13 | 歌う

            仙石原のポーラ美術館

 ♥ 近づいてゆけば広がるススキの野そんな感じの青年だった  松井多絵子

 私は2時間前に箱根の仙石原から帰って来た。夕日のなかのススキはほの白く揺れていた。まだ若いススキの穂は。6年前は銀色の穂が夕風に揺れていた。箱根は私の奥座敷、幼い頃から度々訪れている。春はツツジ、初夏は紫陽花、秋はススキ、私は箱根を自分の庭のように思っている。

 ♥ 絵のなかの汀を歩く睡蓮の蕾の眠りを覚まさぬように

 仙石原のポーラ美術館に着いたのは10時半、辺りは紅葉していないが気温は11度、
ガラス張りの美術館は木々の緑に囲まれている。私の好きなブナ・ヒメシャラなどをエスカレーターで下りながらガラス越しに眺める。この館でモネの睡蓮に会う贅沢な半日。あれは20年以上も前の春だった。パリビジョンのツアーでモネの庭を見て回った。野草のひろがる広大な庭に池があり睡蓮が咲いていた。花と葉が雑然と広がっていた。日本の庭園のようにきちんと剪定されていない。ポーラ美術館の睡蓮の絵も、花の輪郭は、ぼあーん としている。淡い紅が池のあちこちに浮いている。

 ♥ この部屋にひねもす我を委ねたしマチスの描く彼のアトリエ

 ♥ ピカソなら或いはわれを美女として見たかもしれぬ、木々が色づく

             ※       ※       ※  

  ピカソの描いた油彩の「女」を見たのち私はポーラ美術館を去った、もしかしたら私は美女かもしれないとひそかに思いながら、 松井多絵子、 、

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パパを語る佐佐木定綱 | トップ | 「いい質問」が人を動かす »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。