えくぼ

ごいっしょにおしゃべりしましょう。

今年の優良歌誌は

2016-12-13 09:38:03 | 歌う
          今年の優良歌誌は
                  
 平成28年度の優良歌誌に「まひる野」「鮒」「白路」の三誌が選ばれ「日本雑誌連盟秋季定期大会で11月23日に表彰された。(うた新聞12月号より)
            
 
 ✿ まひる野 昭和21年 窪田空穂・章一郎により創刊
    
  つねに生活実感を尊重し、詩としての豊かな表現力を希求する集団。

  代表 篠 弘 (日本現代詩歌文学館館長)
         
       二千円に下がる赤彦の全集を灯のおよばざる暗がりに見つ

 ✿ 鮒 THE FUNA                               
                                            島崎栄一編集 日常詠に新風を 新人を待つ
      
       百歳のときわが「鮒」は五十年特集を編む中心は誰か

 
 ✿ 白路  大正9年 森本治吉創刊
                                        
       発行人 野地安伯 編集人 久保庭紀恵子 

       個性を発揚し 歌風を尊重する。毎号当該月の全員の作品批評を掲載。
                                                

 現在、短歌の結社はいくつあるのか、私は知らない。会員は1名でも1000名でも結社らしい。11月23日の日本雑誌連盟秋季大会には34結社の150名が出席、優良歌誌に選ばれた
♠ まひる野 ♠ 鮒 ♠ 白路 の三誌の代表が謝辞を述べ花束を受け取った。

 いま、結社離れが話題になっているが、自分に合った結社がなかなかないのか 
結社に入会し特定の歌人に師事し拘束されたくないのか、会員との人間関係がわずらわしいのか。しかし結社離れの原因は経済的な理由が多いようだ。海外旅行のメ二ューが多くなり時間とお金は旅行に使いたい。
            
   老人よ大志を抱けと叫びたし成田空港出発ゲート 松井多絵子

 ※ 足が衰えたら旅行は無理ですね。いずれ杖をつきながら歌会のお世話に
  
 
            12月13日 松井多絵子                 
                            
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« たったひとつの表情 | トップ | 今年は「動」だった »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。