えくぼ

ごいっしょにおしゃべりしましょう。

島田ばらの丘公園

2016-10-16 09:33:36 | 歌う

                 島田ばらの丘公園

 バラは初夏だけの花ではない。秋は特に香りが豊で色鮮やかである。10月から11月には各地でバラ展が。1昨日、私は伊良湖岬への途中、東名道の島田市のバラの丘公園を歩いた。1.9haの敷地に、約360種、8700株の世界各地のバラが植栽されており 「ミスシマダ」、などここで命名された島田生まれのバラも見ることができる。バラは虫がつき病気になりやすい。自分の世話だけでも大変な私はバラはバラ園で見ることにしている。

 ✿ 秋バラになぜか男の名もありてジョンエフケネディ、マルコポーロも

 いかにもバラらしい優雅な「クイーンエリザベス」。やや濃いピンクの花弁をゆったりひらいている。程よい華やぎが楽しい。「マリアカラス」は真っ赤な花弁。もろ手を挙げて夢見る眼差しでオペラを熱唱する。晴天の青空の下に真っ赤なバラが歌ってる。

 ✿ 怖いこと言ってくれるな紅バラは紅バラの木にしか咲かないなんて

 以前ある歌会でのこと。無記名で投票し1位になった作品が素晴らしかった。作者は著名な歌人の娘、つねにいい歌を詠んでいる。推敲を重ねた歌とは思えない。無理なく詠まれている。「紅バラは紅バラの木にしか咲かないのよ」と仲間の一人がつぶやくように私に言った。たしかに黄色のバラの木には黄のバラ、白のバラの木には白の花しか咲かない。「才能はやはり血筋なのか」 バラの花を見ているとついおもってしまう。

 ✿ 花壺の冬バラいつまで生きるのか切られてもなお青春の肌

 冬の切り花は長持ちする。年末から飾り正月が過ぎても萎えることなく咲き続けている。
なんだか造花のように見えてくる。10日経っても変わりなく咲いているバラ。その張りつめた花弁や変わりない色が何故か疎ましくなる。私は花に嫉妬しているのか。もうじき冬バラの売られる頃になるなあと思いながら島田バラ園を去った、2日前に。

          10月16日  松井多絵子

 、

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「いい質問」が人を動かす | トップ | 小池百合子の言葉 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。