えくぼ

ごいっしょにおしゃべりしましょう。

苺を産む男

2017-03-15 10:07:17 | 歌う
      苺を産む男

✿ 管理され実りし苺はどれもみな同じ真紅の小さき円錐  松井多絵子

 紫陽花の咲きはじめる頃に苺が店先にならび始める。小さな浅い木箱に入れられた小粒の不揃いの苺、それを潰して牛乳と砂糖をたっぷりかけて食べた、半世紀も前の初夏。いまは晩秋から大粒の苺も売られ、ほとんど一年中苺を食べられる。

「どんな果物も、最近は甘いものが人気です。でも、甘ければいいというものでもない。ほどよい酸っぱさが甘さを引き立て、糖酸比のバランスで味にインパクトが生まれます。ぼやっとしたものは、作りたくありません」と語る岩佐大輝氏は1977年生まれ。大学在学中に起業。3・11後に農業生産法人GRAなどを設立。母方の祖父がイチゴ農家だった。

「大きいイチゴは、先端の糖度を思いきり高くします。最初の一口の舌で極端な甘さを味わい齧るうちに第2の刺激、酸味できゅっと締まる。イチゴを食べるという体験価値を、最大化したいのです。濃淡のない味は飽きられます」昨日の朝日「リレーおぴにおん」を歌人の言葉のように読んだ。「人間は、ときに楽な環境を飛び出して、つらい環境に身をおきたくなるもの。一方で、きついだけでは耐えられなくて癒しを求める。起伏があるからこそ味わい深い」。と言う岩佐氏は詠むように苺を栽培しているらしい。

 岩佐氏は東京のIT企業の社長だったが3・11で故郷の宮城県山元町を津波が襲った。たどり着けたのは、3日後、泥かきを手伝いながら「復興させたい」と思った。町の人はみんな、名産のイチゴを誇りにしていた。調べるとイチゴの市場は大きく、海外にも通用すると判断した。栽培歴35年以上の大ベテランに教えを請い、最近ようやく成果がでてきて納得できる糖度や酸度、形をつくれるようになってきた、そうである。

 岩佐大輝さま わたしもアナタの栽培する苺のような歌を詠みたいです。

                  3月15日 松井多絵子              

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 穂村弘の「めんどくさい」 | トップ | 池袋に屋久島が »

コメントを投稿

歌う」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。