お気楽ボランティア日記

楽しみながら、ボランティア   広がる、人の輪

Yさんのお宅で

2016年11月26日 | その他

 昨日は誘われて、Yさんのお宅へ。

 九条の会の(私は会員ではないのですが)メンバー5名とYさんの家族という小さな集まりでした。その日の目的は、昨年の3月18日に放送された「報道ステーション」を見て話し合おうというもの。

 ビデオを見る前に自己紹介をしあったのですが、これが結構長くて、ビデオを見るまでに30分以上かかりました。でも、話していくうちに、初めてお会いした方々ともどこかで接点がある事がわかって、親近感がわきました。

 さて、ビデオですが、これは古舘伊知朗が報ステを降板する直前に、古館自らがドイツへ渡り,ヒトラーが独裁のために悪用した「国家緊急権」がどんなものであったかを、当時の映像を交えながらレポートしたものでした。

 その意図はもちろん安倍首相と「国家緊急事態条項」とがいかに類似しているかを視聴者にアピールするもの。歯切れの良い彼の語り口は私のような者にも十分伝わりました。

 私も現役時代、ポーランドのアウシュビッツを訪れ、帰国後は学校の平和教育でその体験を写真などを通して子ども達に語ってきました。しかし、そのヒトラーの巧妙なやり方が今の日本でも行われないとは断言できなくなってきた昨今、改めて衝撃を受けました。

 昨日はドイツでの5年の生活を終えて帰国した、Yさんの娘さん親子も会に参加していました。早速ドイツの現状を聞いてみると、たくさんの移民を受け入れてきたドイツ、もう国中に移民が住んでいて、ドイツ人との軋轢もかなりなものだそうです。

 言葉や文化や宗教が全く違う人間同士が同じ空間で住むこと。しかも、その数が数百万人!ドイツは先の大戦で自国がおかした事の反省からたくさんの移民を受け入れてきたと思うのですが、反対する国民が多くなってこれからどうなるのかと思いました。

           

 会の後、Sさんの津軽三味線演奏を聴きました。(この三味線、音が太くてズシンときますが、実際の重量もかなりなものですね。)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最近の出来事から | トップ | 子ども食堂? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

その他」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。