お気楽ボランティア日記

楽しみながら、ボランティア   広がる、人の輪

一分間の夢 「題名のない音楽会」

2017年01月25日 | その他

「Fさん、当たったよ~、題名のない音楽会!」

「ええっっっっっっ、本当?嬉しい!」

 何回応募しても、一度も当たらなかったのに・・・やっと当たった!しかも、辻井伸行さんや、鈴木優人くんが出る回に!ラッキ~・・・私の出した葉書はどうなった?と、大急ぎで一階のポストまで見に行く。来てた!・・・でも、いつも通り非情な「落選」の文字が・・・まあ、いいや、一枚当たったんだもの、嬉しいナ!

 部屋に戻ると、またHさんから電話・・・???

「ごめん、Fさん、よく見たら落選って書いてあったよ

「な、なんだって? 落選って、最初に書いてあるじゃない、どうして今になって?」

「下の方に日時や場所が書いてあったから、てっきり当選と思い込んで・・・ほんとにごめん!」

 あ~あ、夢は一瞬で破れた

 「題名のない音楽会」は公開収録の時、往復葉書で申し込むようになっているので、これまで何度か申し込んだか、全くダメ。最近はHさんの住所名前を借りても申し込んでいたのだが、いつもいつも落選通知・・・だから、ああ、ようやくと本当に嬉しかったのだが。

 ネットで見ると「題名・・・」のチケットを売るという情報があった。 なんと一万円!それでも欲しいなあという思いがわいたけど、無料の物を高額で売るというやり方はちょっとネ。今回は、いえ、今回も残念とあきらめましょう。

 

 昨日は近所の教会で音楽会があった。

 「アリアでちょっと優雅に午後のひとときを」と題して、藤原歌劇団のソプラノ歌手、葛貫美穂さんが日本の歌とオペラのアリアを10曲ほど。

 さすがにプロで、澄んだ張りのある歌声が、会堂に響き渡った。私は白秋の「この道」を聞いてるとき、自然に涙が溢れた。近くの方も目頭を押さえて・・・

 これで、入場無料では申し訳なくて、3月の彼女のコンサートチケットを購入した。私が誘った「歌声喫茶」の方たちも皆さん喜んでくれて 友人のお母様は90歳だが「来て良かった。もっとたくさんの人が来てたらねえ、空席が多くて残念だったね」と。

 音楽で、会場をいっぱいに出来る人はほんの一握りに過ぎないのですね。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 盛り上がった「読書会」 | トップ | NAKANA CAFEでみっけ! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。